日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職希望者が知っておきたい転職エージェントとの付き合い方

転職希望者が知っておきたい転職エージェントとの付き合い方

転職エージェントを利用した転職は全体の22%にのぼり、ハローワーク、求人サイトに続いて第三位となっている、なんて調査結果もあります。そもそも転職エージェントはどのようなものなのでしょうか。そしてなぜ企業は転職エージェントを通じて求人を出すのでしょうか。転職エージェントを利用することによる応募者側のメリット、不満に感じやすい点はなんなのでしょうか?

転職エージェントにまつわる諸々についてご紹介いたします。

1. なぜ企業は転職エージェントを利用するのか

企業に勤める男女

企業と転職希望者の間で、企業側の提示する条件に合致する応募者を推薦する、というのが転職エージェントの主な役割です。企業側から報酬で運営されており、応募者側は無料で利用できるのが普通です。

新卒採用に代表される直接応募による採用活動では、応募から履歴書・エントリーシートの提出にはじまる書類選考から、一次面接、二次面接、最終面接までを企業の人事担当者が行なうのが普通です。これに対して転職エージェントを利用した採用活動では、応募から大まかな書類選考・面接までを転職エージェントが代行します。

求める条件を満たしていない応募者を省くため

最終的な採用可否の決定は、もちろん企業側で行いますが、エージェントを挟むことで、スキルに一致しない応募者を省くなど、企業側で選考しないといけない応募者を大幅に絞ることが出来ます。

新卒でも中途でも、有名企業の求人に対しては多くの応募者が集まります。応募者の中には、企業の求めるレベルに達していない方、スキルを持っていない方も多く含まれています。大企業にとっては、転職エージェントを利用することで応募者を絞り込むことができ、採用にかかる手間を削減することが出来ます。

応募者に知名度で判断されないようにするため

また、知名度が低くなかなか応募者が集まりにくい中小企業にとっても、エージェントが間に入ることで社名を非公開で求人を出すことができますから、知名度で判断されることなく、よい人材を採用できる可能性があがります。

 

2. 求職者が転職エージェントを利用するメリット

教育方針

では、応募者にとっての転職エージェントとはどのようなものでしょうか。

転職を全面的にサポートしてくれる

  • 書類作成の手間を減らせる
  • 聞きづらい質問等を代行してくれる
  • 書類作成や面接のポイントなどのアドバイスをもらえる
  • トラブルが起こった際に相談に乗ってもらえる

先にも述べたように、書類選考からスキルチェック、場合によっては一次面接を代行するのが転職エージェントです。履歴書や職務経歴書などは、エージェントに対して一度提出すれば、応募する企業すべてに適応されるため、書類作成の手間が少なくて済む、という大きなメリットがあります。

この他にも、実際の企業の担当者にはなかなか聞きにくい不採用理由や、転職後の待遇などについての質問を代行してくれる、書類作成や面接のポイントなどについてアドバイスをもらえる、さらには退職手続きでトラブルになった際に相談に乗ってもらえるといった特徴があります。

一方で、思う様な求人を相談してもらえない、なかなか採用に結びつかないといった不満を感じる方が多いようです。転職エージェントが間に入ることで、採用に結びつかないのは転職エージェントのせいだと責任転嫁してしまいたくなるかもしれませんが、作成した応募書類に不備がないか、応募している求人は適切かなど一度、エージェントに相談してみましょう。

合わないと感じたら変更してもらうことも可能

どうしても合わないと思うときは、担当を変更してもらうこともできますから、合わないとあきらめてしまう前に一度申し出てみるのもいいかもしれませんね。

 

3. 実際に転職エージェントを利用してみよう

キーボードを打つ男性

ではどうやって転職エージェントを利用すればいいのでしょうか。

転職エージェントが運営する求人サイトに登録する

これは、転職エージェントが運営する求人サイトに登録し求人情報へ応募するだけです。応募の手続きを行なってほどなく、エージェント側から応募者に電話やメールで連絡があります。その後、スキルシートや履歴書の提出、面談の予約等のやり取り経て実際の面談をすることになります。

対面での面談がおすすめ

面談は対面の場合と電話での場合があります。エージェントのオフィスが遠方の場合や勤務状況によっては難しいこともあるかもしれませんが、できるだけ対面での面談をおすすめします。

転職エージェントを利用する場合、エージェントとの面接時の服装や持参するものについてはエージェントから指示があるのが普通です。もし指示をいただけない場合はこちらから問い合わせるようにしましょう。ただし、あまりに指示や質問への返答が遅い場合、的外れな場合には、このような場合には遠慮せずに担当の変更をお願いしてみましょう。

 

まとめ

エージェントの多くは出来高制であるといわれています。企業に紹介した人材が採用となった場合に、エージェントに対して報酬が支払われるのです。つまり、エージェントとしても、応募者には採用に結びついてほしいと考えています。

使い方によっては転職活動の強い味方となってくれますから、積極的に利用していけるといいですね。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事