日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

転職活動を行うに当たって、必須の情報、それが求人情報です。一言で求人情報といっても、昨今ではハローワークや転職サイト、さらには転職エージェントと実に様々な求人媒体が存在しています。それら求人媒体を上手に使い分けて、採用につながる求人情報をみつけるにはどうすればよいのでしょうか?

代表的な求人媒体とそのメリット、デメリットについてご紹介いたします。

1.ハローワークを利用する

横断歩道を渡る男性

求人情報を集める場所として、最も有名なのはハローワークではないでしょうか。

 

当たり外れが大きい

ハローワークは正式名称を「公共職業安定所」といい、職安とも呼ばれる行政機関です。運営しているのは厚生労働省で、だれでも無料で利用することが出来ます。これは求人側にとっても応募者側にとっても同じです。無料であるためかハローワークは、採用する企業側にとっても応募者側にとっても当たり外れが大きく玉石混合という印象があります。

大手企業であれば、自社サイトや転職サイト、転職エージェントを利用して人材を募るのが普通です。ほかの媒体とハローワーク、同時に求人情報が掲載されているような場合はあまり心配する必要はありませんが、ハローワークのみでの求人については十分注意して検討する必要があります。

 

公的機関への就職を希望する場合はハローワークへ

一方で、予算の都合などがある公的機関は、ハローワークを使って求人を出すのが一般的のようです。そのような職への就職を希望する場合は、ハローワークの求人を細かくチェックするようにしてくださいね。

 

2.転職サイトを利用する

パソコンで求人を探す女性

ハローワーク同様、公開された求人情報から、応募者が自分で選び応募する民間のサイトとして転職サイトがあります。転職サイトは、応募者は無料で利用できますが、求人をかける企業側は費用を払っているのが普通です。

 

採用までの準備を自分で行う必要がある

転職サイトを利用する場合、応募者は企業の採用担当者と直接連絡を取ることになります。応募書類はその都度作成して送付しなければなりませんし、面接の調整や条件の交渉なども自分で行う必要があります。

 

転職サイトのメリット

  • 気軽に情報収集することが出来る
  • 直接やり取りを通じて担当者の人柄を知ることが出来る
  • さまざまな採用方法がある

一方で、多くの求人が公開されていますので、転職を検討しているだけの状況でも情報を収集することが出来るというメリットがあります。また、直接のやり取りを通じて、担当者の人柄などを感じ取ることが出来るかもしれません。未経験やブランクあり、ポテンシャル採用、大規模採用などが多いのも特徴の一つではないでしょうか。そういった意味では、新卒採用の延長線上にあるのが転職サイトを利用した採用活動といえるかもしれません。

 

倍率が高くなりやすく書類選考の通過率が悪い

しかし、求人情報が公開で、だれでも応募はできるという性質上、応募者が多くなりやすい傾向にあり、書類選考の通過率が悪いのではないかと思います。

 

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントに相談する女性

転職エージェントを利用するメリットとデメリットは下記の通りとなります。

 

転職活動をサポートしてもらえる

転職エージェントを利用することの大きなメリットは、転職にまつわる相談と条件などの交渉を委託できるということです。

多くの場合、転職エージェントの給与は成功報酬型といわれています。つまり、エージェント自身、採用者が多く出るほど、給与が増えるのです。エージェントは応募者に内定を得るために、採用活動に関するノウハウを蓄積していますから、書類や面接対応といった面で、事前のアドバイスが期待できます。

 

退職に関しての相談が出来る

もう一つ大きなメリットが、退職に関するトラブルの相談に乗ってもらえるということです。退職時には何かとトラブルが起こりやすいものですが、いざというときにはエージェントに交渉を進めてもらえる場合もあります。

 

複数企業への応募が容易

さらに、エージェントを利用する場合、一度エージェントにスキルシートを提出してしまえば、そのスキルシートをもってさまざまな企業へ応募できますから、複数企業への応募が容易といえます。面接時間や質問などもしやすく、応募者にとってはメリットが多いのではないでしょうか。

 

エージェントとの相性が重要

一方で、エージェントとの相性が合わず思うような求人を紹介してもらえなかった、という方もいらっしゃるようです。担当者を変更してもらう、他社のエージェントを使用してみるなどして、信頼できるエージェントと出会えるとよいですね。

企業への応募の前段階で、エージェントに断られてしまうと、応募者としては何となく腑に落ちないものを感じるものですが、なぜ断られたのか、エージェントに問い合わせてみるのも良いでしょう。

 

選考基準が厳しい傾向にある

企業側としては、エージェントに成功報酬を支払う必要があるため、採用にかかるコストは大きくなります。このため、人物評価やスキルなど、明確に求める人材像が存在している場合も多く、選考基準は厳しい傾向にあるようです。

 

まとめ

企業側のコストという面でみると、ハローワーク<転職サイト<転職エージェントという順で大きくなります。コストを払うということは、それだけ求める人材の質が高いか、スキルが専門的なものであるということです。

企業によっては、複数の求人媒体をニーズによって使い分けていることもあります。同じ企業からの求人でも、求人媒体によって要求水準が異なる場合がありますから、うまく使い分けてよい企業にであえるとよいですね。

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事