日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

転職や求人を探している際に、「求人募集掲載の写真」をよく目にしないでしょうか?

実は、企業の求人応募掲載の写真でブラック企業かどうか、ブラック企業の要因を持っているかどうか知ることができます。このページでは、求人応募掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方について解説していきます。

1.写真でブラック企業って分かるの?

ベッドで携帯を見る女性

転職やアルバイト・パートなどの求人を探す場合に、必ず募集要項を確認すると思います。その中でも転職サイトを利用した場合は、スタッフや社員などの写真が掲載されていたり、サービス関係の写真が掲載されています。

  • 写真素材には注意する
  • どの写真を掲載するかで企業の色がでる
  • 良い写真=ホワイト企業とは限らない

企業が求人を募集する際に利用する転職サイトなどに掲載されている写真はその企業がブラック企業かどうか、その要因があるかどうかをある程度知ることができます。良い写真、豪華な写真がホワイト企業とは一切限らないので、見分ける力が必要です。

2.募集要項で掲載されている写真でブラック企業を診断

チェックする男性

募集要項の中で掲載されている写真でブラック企業かどうか判断することができます。写真で確認してほしい項目は以下の通りです。

  • やたら会社の写真が豪華
  • 若いメンバーの写真が多く(20代)に役職がついている
  • 旅行・イベントなどの(変な)写真が多い
  • 経営者および役員が写っている
  • 社員と社員が和気藹々

もちろんすべてがブラック企業というわけではありませんが、ブラック企業の要因を持っている企業と言えるでしょう。

 

やたら会社の写真が豪華

会社の業務内容や仕事内容が薄い上に、会社の写真が豪華な場合はブラック企業である可能性が高いと言えるでしょう。経営にとって採用は重要な要素になります。企業の魅力が仕事ではなく見た目に重視しているということになり、仕事内容は稼ぐために行う仕事が主になるケースが多く、残業時間が長かったりもするでしょう。

有名な企業や外資系は豪華だったりはしますが・・・。

 

若いメンバーの写真が多く役職がある

ほとんどの企業が若いメンバーの写真を採用情報に入れます。これは採用するターゲットが若い世代の場合は仕方ないと思いますが、若いメンバーなのに役職がついている場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 若くないと仕事が回らないぐらいハード
  • 年配の社員が一切おらず、終身雇用ではない
  • 若い社員に役職がある場合は同期は半分はやめている

若い社員に役職がついている場合は、企業は「やりがい」をPRしている場合が非常に多いですが、上記のような注意点があると言えるでしょう。若く役職がつくのは良いことですが、それだけ役職がつかない同期もいますし、離職率が高い会社の可能性が多くブラック企業予備軍です。

 

旅行・イベントなどの(変な)写真が多い

掲載されている会社の募集要項の中に、貴方が経営者だったらどんな写真を入れるでしょうか。おそらく仕事の内容を詳しく説明できる写真を掲載してなるべく、仕事にマッチした人材を獲得しようと思うのではないでしょうか。

では、旅行・イベントなどの写真を募集要項の中に掲載するのは以下の要因があるからです。

  • 会社のアピールが旅行やイベントしかない
  • 仕事が単調で楽しくないため、または厳しいため楽しさをPRしている
  • 変なイベントの場合、経営陣の考えが歪んでいる可能性がある
  • 単純に仕事が忙しい

このようなことが考えられるためブラック企業予備軍と言えるでしょう。楽しそうな写真は魅力的ですが、裏があるケースがあります。

 

経営者および役員が写っている

これは、ベンチャー企業によく見られる傾向がありまりますが、経営者の写真が写っている場合以下のことが考えられます。

  • 経営が強引で傲慢な可能性
  • 経営者自身のことしか考えていない経営

上記のことが考えられます。ホームページでの経営者や役員が掲載されていることは多いですが、募集要項まではやりすぎですね。経営しているので自信はあると思いますが、かなりの自信家です。

 

社員と社員が和気藹々と写真に写っている求人募集

なぜ、社員と社員が和気藹々に写っている写真を掲載するのでしょうか。

  • 仕事楽しさアピール
  • 社員仲の良さアピール

上記をアピールしなければならない仕事だということをまずは理解しておきましょう。楽しそうな写真ではありますが、仕事が辛い、離職率が高いなどの問題がある会社の可能性があります。

やたら美人が掲載している企業や、社員がピースなどをしている写真も注意が必要といえます。

3.逆に写真や人を掲載していない求人募集は

パソコンを使う女性

写真や人を掲載していない求人募集企業も、実はブラック企業予備軍です。写真を掲載していないということは掲載できない理由があります。

  • 社員がいない
  • 従業員が何らかの事情で顔出しNG
  • 会社が汚い、またはボロい
  • 会社がレンタルオフィスやバーチャルオフィス

上記のような点が原因として上げられます。掲載していないのではなく、出来ない何らかの理由があると考えましょう。

 

注意しよう!画像のキャッチコピー

写真にキャッチコピーを大きく入れている場合や素材のような写真を利用している場合も、写真を掲載していない企業と同じでブラック企業予備軍と言えるので、注意が必要です。

 

まとめ:写真で分かるブラック企業の

今まで説明したように、企業の募集要項に掲載するためのブラック企業の写真の掲載方法はある程度一致している。最近それを隠そうとする企業が多いが、企業としてサービスを提供している限り、写真ですら隠しきれるものではない。

是非、求人募集掲載にある写真を注意してみてください。今現在勤めている企業の写真を見ても良いかもしれません。

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事