日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職サービスを受けられる機関には2種類あります。1つは民間企業が運営する転職エージェント、もう1つは公的機関であるハローワークです。この2つにはさまざまな共通点や相違点があり、それぞれを理解してうまく利用すれば転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。

今回は、転職エージェントとハローワークの違いや、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

1.転職エージェントとハローワークの比較

天秤の前で悩む男性
まずは、転職エージェントとハローワークの共通点と相違点について確認しておきましょう。

 

共通点

  • 利用は無料
  • 受けられるサービスはほぼ同じ
  • 効率よく情報を集められる

[利用は無料]

特別な費用はかかりませんので、どちらも気軽に登録する事ができます。

[受けられるサービスはほぼ同じ]

どちらの機関でも求人情報の検索や紹介、転職に関するアドバイスなどを受ける事ができ、そのサービスに大きな違いはありません。

[効率よく情報を集められる]

どちらのサービスも自分でインターネットなどを利用して求人検索をする事ができます。しかしそれだけではなく、転職エージェントならコンサルタント、ハローワークなら窓口の担当者が、転職者の履歴書や希望条件を確認したうえでいくつか求人をピックアップしてくれるサービスがあります。これは、自分1人の力で求人を探す事と比べると非常に効率的です。相談にのってくれる相手がいるというのは、心強いものですよね。

 

相違点

  • 目的が違う
  • 採用企業の費用負担

[目的が違う]

転職エージェントは、あくまで民間の営利企業です。転職者のサポートを行う事で儲けを出していく必要がありますから、1人でも多くの採用者を出すという目的をもっています。一方ハローワークは公的機関ですから、採用数にはこだわりません。あくまで「お役所仕事」であるとも言えます。

[採用企業の費用負担]

採用を考えている企業の費用負担については、大きな違いがあります。ハローワークへの求人掲載は完全に無料です。たとえ何人採用しても、お金がかかる事は絶対にありません。

反対に、転職エージェントは求人掲載こそ無料の場合もありますが、1人採用するごとに「紹介料」という費用がかかってきます。その金額は、100万円前後になる事も。これは大変大きな差ですね。

 

2.転職エージェントを利用するメリット・デメリット

握手を求める男性
それでは次に、ここまで述べた共通点と相違点をふまえ、転職エージェントを利用するメリットとデメリットについてお話していきましょう。

 

メリット

  • 情報量が多い
  • コンサルタントが熱心である
  • 入社までの企業とのやりとりを代行してくれる
  • 大手、優良企業の求人が多い
  • 非公開求人がある

[情報量が多い]

転職エージェントは、ハローワークと比べると持っている情報量は圧倒的に多くなります。なぜなら、求人の申込みを受けて掲載しているだけのハローワークとは違い、エージェントは積極的に営業活動を行って求人を獲得しているからです。

さらに、1人でも多くの採用者を出すために、転職者に出来るだけ多くの情報を提供したいという狙いもあります。その会社の雰囲気や風土、実際に働いている人たちの様子など、求人票に書いていない情報を入手する事ができます。

[コンサルタントが熱心である]

転職エージェントは、1人採用されるごとに紹介料受け取ります。もちろん、転職者の事を第一に考えてサポートを行っていますが、その先に自分の成績や会社の利益も見ているのです。ですから、お役所仕事的に業務を行うハローワークと比べると、コンサルタントの熱の入り方が違います。仕事の紹介数も多いですし、採用されるためのアドバイスや指導など、出来る事はすべてやってくれます。

[入社までの企業とのやりとりを代行してくれる]

転職エージェントの仕事は、求人紹介と転職相談だけにとどまりません。企業への履歴書の提出や面接日程の調整、合否連絡や入社日の決定まで、細かい事務手続きや企業との連絡を代行してくれます。

1件1件履歴書を書いたり、自分でスケジュールの調整をしたりする手間が省けるので、忙しい転職者にとって大変ありがたいサービスですね。

[大手、優良企業の求人が多い]

エージェントからの紹介で採用すると、企業は紹介料を支払います。これは一見デメリットのようですが、逆に考えると「紹介料を払ってでも良い人材を採用したい」という企業や、「人材の採用や育成に予算をかける余裕がある」企業が多いという事。つまり、大手企業や優良企業の求人が、ハローワークよりも多い傾向があります。

[非公開求人がある]

ハローワークや一般応募で求人を出してしまうと応募者が多すぎて困ってしまうような人気のある求人は、転職エージェントが非公開で採用活動を行っている場合があります。ハローワークや一般求人サイトなどから応募する事はできません。非公開求人情報を入手できるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットです。

 

デメリット

  • 社内選考がある
  • 入社にこだわりすぎる場合がある
  • 求人数は少ない

[社内選考がある]

転職エージェントで紹介される仕事は、どれでも自由に応募できるわけではありません。エージェントがある程度人選して企業に紹介しているので、まずはエージェントに登録されている転職者の中で社内選考が行われます。これを通過しないと採用企業に履歴書を見てもらう事さえできません。

[入社にこだわりすぎる場合がある]

転職エージェントはとにかく採用者を多く出したいので、転職者の希望よりも内定を優先してしまう事が考えられます。例えば1社から内定をもらったが他の企業ももう少し見て考えたいといった場合でも、「ここを逃したら他に内定をもらえる企業がない。」などと、強引に入社をすすめられるというような事もあり得ます。

[求人数は少ない]

大手企業や優良企業の求人は多いですが、全体の求人数はハローワークに比べると少なくなります。紹介料がかかるからですね。とにかく選択肢を広げたいという方には、少し物足りなく感じるかもしれません。

 

3.ハローワークを利用するメリット・デメリット

リュックを背負う女性
次に、ハローワークを利用するメリットとデメリットについてご紹介しましょう。基本的に、転職エージェントのメリット・デメリットの裏返しになっています。

 

メリット

  • 求人数が多い
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 自分で選んだ企業に自由に応募できる

[求人数が多い]

どのような企業でも無料で求人を掲載して採用できるので、さまざまな企業がハローワークを利用しています。そのため、単純な求人数は転職エージェントよりも圧倒的に多くなります。

[自分のペースで転職活動を進められる]

ハローワークの職員はある意味で「お役所仕事」的だと述べてきましたが、逆に言うと自分たちの利益は目的でないという事です。だから、内定が出た企業への入社を強引に進めたり、ゆっくり考えたいのに回答を急かされたりという事はありません。自分のペースで転職活動を進める事ができます。

[自分で選んだ企業に自由に応募できる]

転職エージェントと違い、ハローワークから紹介される求人に社内選考のようなものはありません。受けたいという意思があれば、どんな企業にも履歴書を送付する事ができます。そのかわり書類審査で落とされてしまう可能性もありますが、企業側に履歴書を見てもらう事ができるのは、大きな一歩になります。

 

デメリット

  • 情報量は少ない
  • 色々な企業が混在している
  • あくまで自分で活動していく必要がある

[情報量は少ない]

転職エージェントと違い、ハローワークでは申し込みのあった求人をそのまま掲載しています。もちろん、勤務時間や給与、休日など、勤務条件について必要最低限の情報はきちんと揃っています。しかし、その会社の社風や採用されやすい人の傾向など、一歩踏み込んだ情報はありません。自分の手で探っていく必要があります。

[色々な企業が混在している]

求人数が多いという事はつまり、逆に言うとどんな企業の求人も取り扱っているという事です。ハローワークの求人には、中小・零細企業の求人が非常に多いです。採用にあまり多くの予算をかけられないからですね。

もちろん、中小・零細企業の中にも優良な企業はたくさんありますから、一概にデメリットとは言えません。自分の目で見極め、判断していく力があれば大丈夫です。

[あくまで自分で活動していく必要がある]

転職エージェントと違い、求人の紹介と一般的なアドバイスまでがハローワークのサポートです。履歴書は自分で1つずつ書いて送らなければいけません。面接日程の調整なども自分で行います。あくまで自分の力で活動をしていく事になるので、転職エージェントより手間はかかります。

 

両方登録して、うまく使い分けるべし!

笑っている女性

転職エージェントとハローワークの転職サービスは、一見するととてもよく似ています。しかし、細かいサポート内容を見ていけばこれだけ違いがあります。

どちらもメリットとデメリットがあるので、状況に応じて使い分けてみましょう。例えば、在職中で自由な時間が少なく、手厚いサポートを受けたい人は転職エージェントできるだけ多くの企業を見てみたければ、ハローワークを選ぶと良いです。

しかし、一番おすすめするのは両方利用していく事です。両社の良い所と悪い所を頭に置き、うまく使い分けましょう。そうする事で、2つの転職サービスの利点を最大限に活かす事ができるでしょう。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事