日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職エージェントとの面談で聞かれる事とは

転職エージェントとの面談で聞かれる事とは

転職エージェントに登録すると、まずはコンサルタントとの面談が行われます。はじめて登録する人にとって、この面談で何を聞かれるのか?何を伝えるべきなのか?という事は気になるところ。

そこで今回は、面談で聞かれる内容とその意図について解説いたします!

1.面談で聞かれる内容

面談風景

コンサルタントとの面談において、次の3点についてはどんな転職エージェントでも間違いなく聞かれるでしょう。登録しに行く前におおよその内容をまとめておくと、面談がスムーズに、そして有利に進みますよ。

 

これまでの職歴

これまでの職歴について、履歴書や職務経歴書をもとに詳しくヒアリングが行われます。どのような部署で・どれくらいの期間・どのような仕事をしていたのか・役職にはついていたのか・どのような実績を残したのか・どのようなスキルが身に付いたのか・どのような評価をもらっていたのか…など、書類に書かれていない事を詳しく聞き出そうとします。

自分のスキルをアピールできるチャンスにもなるので、出来るだけスムーズに話ができると良いですね。

 

転職の動機

なぜ転職を考えたのか、前職を辞めようと思ったのかは大変重要な事柄です。どのように伝えるかは必ず事前に考えておきましょう。たとえ前の仕事が恐ろしく激務で、労働環境が悪く、嫌な上司がいたとしても、前職を必要以上に悪く言いすぎる事はあなたのイメージダウンに繋がります。嘘をつく必要はありませんが、転職への前向きな気持ちをアピールできるような言い方を考えましょう。

 

転職先に求める希望や条件

これは、場合によってははっきりしていないという方もいるかもしれません。それでも、譲れない条件の1つや2つはあるはず。仕事内容なのか給与なのか勤務地なのか、具体的に伝えれば伝えるほど、自分にマッチした仕事が紹介されやすくなります。

 

2.それぞれの質問の意図

税理士

どれも、転職に当たって大切な事であるのは想像できるかと思いますが、実はコンサルタントはただあなたが答える内容を聞いているだけではありません。これらの質問の回答からそれぞれ、コンサルタントは次のような事を判断しているのです。話す内容を考えるときの参考にしてください。

 

これまでの職歴

あなたの市場価値を判断しています。履歴書や職務経歴書を見ただけでは、実際のスキルや実績はなかなかわかりません。細かく質問することで、コンサルタントは転職者のアピールできるポイントを1つでも多く見つけようとしているのです。

企業へ売り出しできるポイントは1つでも多い方が良いですからね。また、どのレベルの企業なら選考に通過できそうか、判断する材料にもしています。

 

転職の動機

仕事に対する考え方や姿勢などを見ています。例えば、「残業が多すぎたので転職を考えた」という人に、残業が多い企業の求人は紹介しません。「何となく合わなくて、半年で転職を考えた」という人には、入社してもすぐに辞めてしまう人なのかな、という印象を持ってしまいます。その人にとってどのような転職先が合うのか、どのようなスタンスで転職活動を行っているのかを判断しているのです。

 

転職先に求める希望や条件

マッチングの為の情報収集と、仕事に対する考え方や姿勢などを見ています。希望や条件についての情報がないとそもそも仕事の紹介ができないので、コンサルタントは少しでも多くの希望する条件を引き出そうとします。また、どのような条件を持っているかによって仕事に対する考え方がわかります。やりがいの為、生活の為など、仕事を含めた人生において何を重視しているかを理解した上で仕事を紹介しようとしているのです。

 

全体を通して

面談の初めから終わりまで、コンサルタントはあなたの人柄を評価しています。質問に対する答えそのものはもちろんですが、受け答えをする姿勢や態度、表情や考え方などから、あなたの人間性を総合的に見ています。

 

面談ではあくまで正直に

オーケーマークを作る女性

コンサルタントとの面談で聞かれる内容とその意図について、おわかりいただけましたでしょうか。

しかし、質問の意図を考えすぎて「どう話していいかわからない」という方もいるかもしれません。しかし、あまり深く考えすぎず正直に話す事を前提としておいてください。自分を良く見せようとしすぎることは、仕事のミスマッチにも繋がってしまうからです。そして、どのような質問に対しても前向きな姿勢で答えるように気をつけましょう。本番の面接ほど構えて挑む必要はありませんが、出来る限り自分の良さをアピールする場にできると良いですね。

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事