日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

良い転職コンサルタントの見極め方

良い転職コンサルタントの見極め方

転職するには、エージェントに登録するのが一番です。

しかし、どれだけ大手のエージェントに登録しても、担当についてもらうコンサルタントの質によって、サービスの善し悪しは大きく変わってしまいます。
せっかくなら優秀なコンサルタントについてもらいたいですよね。

今回は、そんなコンサルタントの見極め方についてご紹介したいと思います。

1.コンサルタントとの相性はどうか

男性に話しかける女性

コンサルタントの能力にももちろん個人差はありますが、何より大切なのはあなたとコンサルタントの相性です。
あなたが信頼できるかどうかが一番大切なのです。

 

第一印象でほぼわかる!

コンサルタントとの相性は、第一印象でほぼ判断できることでしょう。

初回のカウンセリングでは、あなたの希望や条件などを細かく話す事になるため、1時間から1時間半程度の時間を過ごす事になります。
色々な話をしている中で、言葉では説明できなくとも、直感的に「この人は信頼できる」というのがわかるはずです。

コンサルタントも1人の人間です。すべての転職者にピッタリ相性の良いコンサルタントなんていません。
あなた自身が、その人についてどう感じるかを大切にしてください。

2.連絡はこまめにくれるか

携帯電話で話す男性

ここからは、客観的にわかりやすい見極めポイントを紹介していきます。

まずは、連絡のとり方についてです。

転職市場は、非常に移り変わりが早いです。
たくさんのライバルたちが、同時にどんどん選考を進めています。
あなたが選考に進むか悩んでいる間に、他の人が採用され募集が終了してしまう…なんて事は、本当によくあるのです。

そこで大切になってくるのが、コンサルタントの連絡スピードです。
スムーズに連絡がとれるコンサルタントは、転職活動もスピーディーに進めていってくれることでしょう。

 

連絡がまめなコンサルタント

優秀なコンサルタントは、どんな時でも必ず連絡をまめにくれます。

特に、結果が良くなかった場合の連絡が早いコンサルタントは信頼できると言えるでしょう。
だめだった結果こそ早めに伝え、どんどん次に進まなければならないからです。

また、転職者への連絡がまめなコンサルタントは、間違いなく企業への連絡スピードも速いです。
面接日程の調整や質問事項の確認などスムーズに行ってくれるので、非常に頼もしいです。

 

連絡が遅いコンサルタント

反対に、連絡が遅いコンサルタントは信頼してはいけません。

「書類選考に進めてもらった件どうなったかな?」
「企業に質問してもらっていた件、回答はまだかな?」

と、心配するような段階になってしまったらアウトです。

本当に企業からの連絡が遅い場合でも、優秀なコンサルタントなら、「企業からの連絡待ちなので、もう少し待って下さい」と、途中経過を報告してくれます。

さらに、待ち切れずこちらから確認の連絡を入れると、案外すぐに応えてくれたりするんですよね。

忘れていたのか、何らかの理由で先延ばしにしていたのかわかりませんが、こういう事が続いたら、すぐにでも担当を変えてもらうべきです。

 

3.年収の話ばかりしてこないか

携帯を持って考える女性

仕事を紹介してもらう時に、年収の話ばかりしてくるコンサルタントには要注意。
もちろん、あなたが年収アップを一番の希望としているなら話は別です。

しかし、多くの人は年収だけではなく、仕事内容や勤務地、業種やその他の待遇など、総合的な条件から転職先を選ぶ事でしょう。

では、年収の話ばかりしてくるコンサルタントは何が目的なのでしょうか?

 

年収とコンサルタントの関係

コンサルタントの成績は、「何人の転職を成功させたか」、「紹介料をいくら稼いだか」の2点で決まります。
この「紹介料」が、転職者の年収と大きく関係しているのです。

紹介料は、採用になった人の年収を基準として計算されます。
転職エージェントの手元に入ってくる金額はだいたい、年収の20~35%と言われています。

つまりコンサルタントとしては、少しでも年収が高い企業に入社してもらった方が、高い紹介料を受け取る事ができるというわけです。

 

やたらと年収の高い企業を進めてくるコンサルタントはNG

年収の高い企業を進めてくるコンサルタントは、転職者の事を一番に考えているとは言えません。
その先にある、高い紹介料が目的になっているのです。

先にも述べましたが、ほとんどの転職者は様々な条件を総合的に見て、転職先を決定します。
年収の話ばかりして、その他の条件にほとんど触れないコンサルタントは、話になりません。

年収の条件は転職において大きなポイントである事に間違いはありませんが、年収「だけ」になっていないかどうか、しっかり見極めてくださいね。

 

4.はっきり意見を述べてくれるか

面談する女性

自己分析が非常に重要となる転職活動において、客観的な意見をくれるコンサルタントの存在はとても心強いものです。
反対に、気を使ってはっきり言ってくれないコンサルタントは優しい人なのかもしれませんが、あまり意味がありません。

はっきり意見を述べてくれるかどうかは、とても重要です。

 

自分の強み・弱みを指摘してもらう

カウンセリングや面接のアドバイスを受ける時に、あなた自身の強みと弱みを分析してもらいましょう。
客観的な意見をもとに、自分に合った求人を選択したり、弱みをカバーできるような自己PRの言い回しを考えたりすることができます。

 

無理な場合は「無理」と言ってもらう

転職エージェントは何人もの転職を見てきているので、その企業がどのレベルの人を求めているのかをある程度把握しています。
つまり、面接に行って採用の可能性があるのかないのか、だいたいわかっているのです。

あなたが受けてみたいと思った企業でも、コンサルタントから見ると、絶対無理だという場合はあります。
これを「無理」だと言ってくれるコンサルタントが良いでしょう。

時間は限られていますから、絶対落ちる面接に行くのは時間の無駄です。
もちろん、憧れの企業でどうしてもチャレンジしたい!という場合は、別途相談してくださいね。

まとめ

良い転職コンサルタントの見極め方について紹介してきましたが、いかがでしょうか。

はじめに述べたとおり、まず大切なのはあなたとの相性です。
これを基本に、残り3つのポイントで優秀なコンサルタントかどうかを見極めてください。

もしも、だめなコンサルタントが担当になってしまった場合は、会社に連絡をして担当を変更してもらう事もできます。
理由を話せばきちんと対応してくれますよ。

もしくは、思い切って会社を変えてしまうのも1つの手です。
いずれにしろ、その担当と一緒に活動する時間はもったいないだけですから、さっさと判断して新しいコンサルタントを見つけてください。

優秀なコンサルタントについてもらう事で、あなたの転職は驚くほどスムーズにすすめる事ができるでしょう。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事