日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

派遣社員から正社員に転職するためのポイント4つ

派遣社員から正社員に転職するためのポイント4つ

派遣社員として働くメリットは、基本的に残業がなく休日も比較的自由にとれるため仕事とプライベートが両立しやすい、といったことではないでしょうか。年齢が若いうちは、正社員として働いている同年代の人より多く給与をもらえる場合もあります。

そういった背景から派遣社員として働く人が多いですが、年齢とともに安定した職に就きたくなったり、派遣社員の給与では生活していけないなどの理由から正社員を希望する人が多いです。

もし派遣社員時代に培ったスキルがあり、企業にもある程度評価されたとしても、実際に「派遣社員を正社員として採用したことがある」という企業は約4割だそうです。(リクナビNEXTウェブサイトより)

お話しした通り、派遣社員から正社員に転職することは容易ではありませんが、ポイントを押さえれば正社員への道は開けるかもしれません。以下にポイントをご紹介しますので、正社員を目指す人はぜひ参考にしてください。

1.自分のスキルや経験に合う正社員求人を探すこと

虫眼鏡を持つ女性

転職成功の秘訣は、自分のスキルや経験に合った企業の求人情報に応募することです。スキルや経験が必要な求人は、給与や待遇が良い傾向にあります。給与や待遇を重視しすぎて、身の丈に合っていない求人に応募しても、内定を勝ち取るのは難しいでしょう。

 

自分に合う職種を勝手に決め付けない

転職をする際には業界や職種をある程度絞る必要がありますが、例えば「自分は絶対に営業に向いていない」などと決め付けて、営業職を除外してしまうのはやめましょう。同じ職種でも、業界や企業によって仕事内容が大きく異なります

また、自分では気付かない可能性を秘めている場合があるので、自己分析に自信がない人は転職サイトのエージェントなどに相談して、自己分析に協力してもらいましょう。

業界や職種を絞る際は、まず自分のことを知ることからはじめるのが賢い転職活動の進め方です。

 

身の丈に合わない職場は居心地が悪い

もしあなたが自分のスキル以上の会社に内定を貰うことができ、入社したとします。入ったまでは良かったものの、周りのレベルについていけずだんだん仕事が苦痛になってくるでしょう。

長く勤めるためには、居心地の良い職場でなければなりません。身の丈に合わない企業に入社することは、自分自身を苦しめてしまうことになりかねないので注意しましょう。

 

求人情報のアンテナを広くはることが必要

自分のスキルや経験に見合った企業に転職するとしても、やはり条件の良い企業で働きたいというのが本音ではないでしょうか。少しでも良い条件の求人を見つけるためには、アンテナを広く張り巡らせて求人情報を見比べることが必要です。

転職サイトに登録する際は、初めから1つだけに絞らずに多数の転職サイトに登録することをオススメします。その中から自分に合いそうな転職サイトに絞って転職活動をしていきましょう。

 

2.30歳半ばまでに派遣社員を卒業すること

階段を上る女性

派遣社員から正社員へ転職するのは30歳半ばがリミットです。40歳を超えれば派遣社員を正社員として迎えてくれる企業はグンと低くなります。

現在派遣社員として雇用されていて、将来正社員を目指す人はできるだけ若いうちに正社員への転職に行動を起こした方が良いでしょう。年齢が若ければ若いほど正社員として雇ってくれる企業は多いです。

 

物覚えが悪い40代は企業が嫌がる

人間は歳を重ねるにつれて、どうしても物覚えが悪くなります。物覚えには自信がある、という人でも、世間の目は40代のもの覚えに期待はしていません。

実際、40歳以上の求人は管理職や経験者に限られることが多く、未経験の40代の求職者を企業は積極的に採用しようとはしません。

 

年齢が上がるほど紹介・受け入れ共に不利になる

派遣会社が企業に登録者を紹介する時、企業が喜ぶ若い登録者を優先的に紹介する事例も少なくありません。体力が必要な職種の場合もちろん若い登録者を企業側は欲しがりますし、企業の年齢層が若い場合は年上の派遣に気を遣ってしまうため好まれません。

多少スキルがあったとしても、年齢がネックとなり自分より若い登録者が選ばれる可能性が充分にあります。

 

3.紹介予定派遣の求人を探すこと

パソコンを持つめがねをかけた女性

紹介予定派遣とは、決められた期間を派遣社員として働いたあとに、企業と本人の合意があれば正社員や契約社員になれる求人です。会社の業務内容や雰囲気が分かった上での入社なのでギャップがなく、離職率が低いのが特徴です。

 

紹介予定派遣の求人が多い派遣会社に登録する

派遣会社によって紹介予定派遣の求人を多く保有している会社とそうでない会社があります。まずは自分の登録している派遣会社に紹介予定派遣の求人があるか聞き、数が少ないようでしたら紹介予定派遣の求人を多く取り扱う派遣会社に登録しましょう。

 

ただし紹介予定派遣は競争率が高い

派遣社員から正社員になれる可能性の高い紹介予定派遣の求人ですが、問題点はその求人数の少なさです。派遣社員から正社員を目指す人にとってとても都合の良い求人であるのにも関わらず、供給がないのでかなり競争率は高くなります。

紹介予定派遣の求人をもっていない派遣会社も多数ありますので、この方法で正社員を目指すのは難易度が高いかもしれません。ですが運よくタイミングが合い、紹介予定派遣求人に出会うことができれば挑戦してみる価値は充分にあります。

 

派遣から正社員になるにはもちろん努力が必要

運よく求人が見つかり派遣社員として入社することができたとしても、必ずしも正社員として雇用してくれるとは限りません。あなたにも企業を選ぶ権利がありますが、もちろん企業にもあなたを正社員として迎え入れるか選ぶ権利があります

正社員として雇用してもらいたい職場だと感じたら、とにかく一生懸命仕事をしてみんなに認めてもらえる行動を心がけましょう。仕事ができるようになるのは当然のこと、同僚からの信頼を得ることも正社員への道には必要なことです。

 

4.社会人としての常識やスキルをアピールすること

sukiru

企業が派遣社員を正社員として雇用する際に評価するポイントのラインキングは以下の通りです。(リクナビNEXT調べ)

  1. スキル
  2. 経験
  3. コミュニケーション力
  4. やる気
  5. 人柄

企業はこのようなポイントであなたを正社員にするか評価をするようです。派遣社員として培ったスキルや経験が企業の求めるものと合ってあれば、正社員になれる可能性がグッと高くなります。

 

社会人としての一般常識があることが最低条件

一定の派遣社員経験を評価対象とすると答えた企業は約70%でした。(リクナビNEXT調べ)それに対する企業のコメントは以下の通りです。

  • 派遣でも社会人としての経験が培われる
  • 社会人としての一般常識を覚え、コミュニケーションを図ってきたなら雇用形態は関係ない
  • 一定期間勤務したということは、ある程度のスキルがある勤務態度もよかったと考えることができる

派遣社員でも、一定期間勤めていれば一般常識がある人であると捉えてもらえることができます。ですが職場がコロコロ変わっている派遣社員は一般常識がないとみなされる場合があることを心得ておきましょう。

 

派遣先でどんなスキルを得たか問われることが多い

派遣社員として働いていた人が正社員志望で企業に面接をしてもらう際、今までの派遣先でどんな経験をしてどんなスキルを得ることができたのかを問われることが多いようです。

その時、仕方なく派遣社員として働いていたというのは絶対にNGです。派遣社員として働いていた理由を「専門的なスキルを身につけたかった」「このようなスキルを得るために派遣社員として働いていた」など前向きな理由を言うと好印象でしょう。

 

正社員になって活躍できることを具体的に説明する

派遣社員が正社員になるために転職活動をする際、もちろん前職までの経験やスキルは重要です。良い経験や良いスキルを持っていることは企業に評価されますが、それが100%評価されるのかといったらそれは違います。

大切なのは前職までの経験やスキルをアピールするだけでなく、応募先の企業に正社員として働けた場合、今までの経験から応募先企業にどのような形で貢献できるかを具体的に説明することです。

これといったスキルを必要としない簡単な事務作業に就いていた場合は、以下のような言い方をすると良いでしょう。

  • 仕事を効率化するためにはどうしたらいいか模索し実行した
  • みんなが気持ちよく働けるよう、積極的に掃除をするなど社内美化を心がけた
  • 社内・社外問わずにコミュニケーションを大事にして仕事が円滑に進むようにした

企業はスキルや経験だけでなく、コミュニケーション力や人間性も大事にします。この人が社内にいたら気持ちよく働けそうだな、と思ってもらえるようなアピール方法を考えましょう。

 

まとめ


正社員経験がなく派遣社員としてしか働いたことがない人でも、正社員として働けます。面接に落ちる理由はだいたいの場合、派遣社員として働いていた理由がネガティブであるといったことから、応募先企業の採用担当者にマイナスな印象を与えてしまうといったところです。

雇用形態は派遣社員でも、正社員と同じようにフルタイムで何年も勤続し、それなりのビジネスマナーや会社の仕組みなどがわかっていれば正社員となんら変わりありません。

ですので気負いする必要は全くなく、仕事へ対する熱意や情熱、さらに派遣社員時代に培ったスキルがあれば採用される可能性は高いです。今回ご紹介したポイントを踏まえながら、転職活動を頑張ってほしいと思います。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事