日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

未経験可の正社員求人に応募する時の3つの注意点

未経験可の正社員求人に応募する時の3つの注意点

大きなキャリアチェンジを考えている方にとって、志望したい企業の求人募集に「未経験可」と記載があったなら、転職する意欲が高まることは間違いないでしょう。しかし、未経験でも雇用されるからと、準備をせず無防備に採用プロセスに応募してしまうと、志望企業に採用される可能性は低くなります。

今回は、未経験可の求人に応募する際に、どこを注意ポイントとして対策しておけば良いかを紹介していきます。

 

1.「未経験可」でも語らなければいけないこと

ハローワークで相談する求職者

「中途採用と新卒採用の就職活動は違う」という認識を忘れずに持ちましょう。企業の採用ニーズの違いから生じてくるものですが、採用を花屋さんに例えると、新卒採用は育てることを前提で“種”を買う行為です。

一方、中途採用は“咲き誇る花”を買ってくる行為、つまり即戦力の採用であることを認識しておきましょう。この基本的な企業の採用ニーズは「未経験可」求人でももちろん、変わりはありません。

 

「未経験可」に含まれる意味とは

企業は「未経験可」という4文字に「この職種の経験に関しては問いませんが、社会人経験やマナー・社会人としての考え方は“キッチリ”確認させていただきますよ。」「今までの職歴から今回募集する職種に類似する(あるいは流用できる)スキル経験の有無も確認させていただきます」という気持ちを込めているのです。

あなたは今までの就業経験から、社会人としてどの様なスキルや職業観を培ってきたのか、しっかりと企業側にアピールする必要があるのです。

 

2.今までの仕事を棚卸して活用スキルを探す

スキル

「未経験可」でも社会人として、どの様なスキルを持っているかが重要になる。という話をしましたが、その点を認識できたら、まずは今までの仕事を棚卸してみましょう

ここでいう棚卸は、経験してきた仕事から以下のような項目で考えていきます。

  • 今の会社でしか活用できないこと
  • 他の会社でも活用できること

この2つに分けて、他の会社でも活用できることを集めていく作業です。

 

仕事の棚卸事例について

例えば、A社が製造した製品をサポートするコールセンターで働いていたとします。A社の製造製品のサポートという仕事はA社でなくてはできませんが、以下のようなことは他の会社でも通用するはずです。

  • 電話の対応
  • クレームの対応方法
  • 電話対応マニュアルの作成
  • 電話応対の指導

このように、どこの会社に入社しても活用できるスキルです。仕事には必ず、どこの会社でも活用できる汎用性の高いスキルが含まれているものです。

 

自分のポータブルスキルを発見する

どの会社に入社しても過去の活用できるスキルのことを「ポータブルスキル」といい、仕事の棚卸を通じてこのポータブルスキルを発見し、未経験可の仕事でも必要なスキルとリンクできそうなものがないか、探してみることが棚卸の本当の目的でもあります。

そして、その様なスキルが見つかった場合は、例えば「営業事務の電話応対は経験がありませんが、コールセンターで行ってきた電話対応などは、一部通じるところがあるかもしれません。」といったように、直接的な経験でなくとも、社会人として類似の経験を持っている点をアピールしていくのです。

 

3.志望動機を丁寧に考える

顎に手を当てて悩む女性

未経験可の仕事を志望する方は、準備不足な状態で企業の採用プロセスを受ける方が多いのが現状です。そして、実は企業側に最もその点を露呈させてしまうのが「志望動機」です。

志望動機は、なぜその企業に入社したいかを説明する重要な項目です。ただ中途採用の場合は、どの様なキャリアを考えて志望したのか、背景を伝える点も必須です。

 

丁寧に考える志望動機とは

志望動機の作成に関して多くの人は、「簡潔にまとめて」と言います。もちろん、この考えは最終的には正しいのですが、最初から簡潔にしようとすると「あいまい語」を多く用いる結果になってしまい、説得力のない志望動機になってしまいます。

例えば下記のような志望動機は、説得力がありません。

  • 「御社のグローバルな事業展開(特にどの事業展開なのか)」
  • 「御社のメセナ支援に共感し(メセナ支援のどの部分に共感を覚えたか)」
  • 「御社の人材育成に共感し(人材育成のどの部分なのか)」
  • 「御社の経営理念に共感して(経営理念のどの部分なのか)」

説得力が増す具体化のためには、特にカタカナや四字熟語の部分について、どの様な魅力を感じたのかを再度考えてみましょう。

具体的に書き出すと文章が長くなります。ですが一旦長くして見て、そこから簡潔にまとめるようにしていくことが、より良い志望動機を整備するポイントですので是非、行ってみてください。

 

心に余裕をもった転職活動を

オーケーサインを出す女性

未経験可以外の転職でも原則ですが、転職活動は在職中に行うようにしましょう。(在職していると心的・身体的損傷があり、早急に退職しないと転職に影響する場合は別です)

転職を考え始めると、退職へと急速に舵をきってしまう方や、退職してからゆっくり仕事を探そうと考えている方も多いのですが、現状の労働市場ではキャリアが途絶えてしまい、時に転職に不利なブランク(離職期間)を生じてしまいます。

 

精神状態にゆとりがあると面接も楽になる

転職面接時など「この仕事を逃したらまた1から転職活動だ。」という精神状態のパフォーマンスと、「落ちても今の仕事がある。」という精神状態のパフォーマンスでは、得る結果が変わってくるものです。常に心に余裕をもった転職活動を心がけましょう。

企業の求人に「未経験可」の文字があっても準備が重要なことは、本記事でご理解いただけたとお思います。転職を見据えた準備を行う際に、今回の内容を思い出してぜひ実施してみてください。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事