日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

医療・介護職へ転職する際に知っておきたいポイント

医療・介護職へ転職する際に知っておきたいポイント

一口に医療職といっても、医師や看護師、作業療法士や放射線技師、介護士など様々な職種があります。

医療職というと、給与や待遇面で手堅く、求人も多い資格職というイメージがありますが、職種によっては思うような求人がなく就職できなかったり、離職率が非常に高かったりといったことがあるようです。

今回は、医療職・介護職の転職についてご紹介します。

1. それぞれの仕事の離職率について

歩くビジネスマン

看護師は非常に離職率が高い仕事だ、ということをご存知でしょうか?意外に感じるかもしれません。転職理由としては給与や待遇面、そして人間関係を上げる方が多いようです。

 

看護師

看護師に関しては求人自体も多く、経験があればすぐにでも次が決まるため、転職に対するハードルも低く、高い離職率、転職率となっているようです。勤務先によっては夜勤もあり重労働となるため、生活環境や通勤時間を理由とした転職もあります。

 

作業療法士や放射線技師

そして比較的離職率が低いといわれているのが作業療法士や放射線技師などの医療系技師職です。

検査やリハビリが実施されるのは基本的に日中ですから、夜勤などの負担を感じにくく、また医師を除く医療職の中では男性の割合が多いため、ライフスタイルの変化に伴う離職が少ない、という実情もあるようです。

離職率の低さから求人数が少ない

求職、という目線で考えると、離職率の高く人数が必要な看護師に対しては多数の求人が出されています。

その一方で、離職率の低く、ポジションの少ない作業療法士や放射線技師といった医療系技師に対する求人は少なく、資格取得後も思うように就職できない、転職できないといった不満の声も聞かれます。

 

薬剤師

薬剤師については、調剤薬局やドラッグストアなどでの需要が増えていることから、求人数は多くなっています。

一方で、病連薬剤師は求人も少なく狭き門です。待遇という意味ではMRや製薬会社という道もあります。病連薬剤師であれば夜勤がありますし、ドラッグストアであれば、土日祝日の勤務や遅番勤務などがある場合もあります。

どのような業界で働くかによってその待遇は大きく異なります。高齢化が叫ばれる現在、看護師に対する需要は増すとみられています。求人が多ければその働き方も多様化しますから、自分のライフスタイルやライフステージに適した求人をきちんと選ぶことが大切です。

 

2. 介護職への転職は人間関係を重視せよ

ケンカする女性

介護業界は外食業界と並んで万年人手不足といわれている業界の一つです。

同じように離職率の高い看護師と比べて、復職が少なく、経験の浅い若いメンバーが多いという特徴があります。これは専門知識よりも体力を要求されるということを示唆しています。また、待遇面でもあまり良いとは言えない職場が多いようです。

 

人間関係が重要視される職場

介護業界を志すうえで、最も大切なことは待遇でも立地でもなく、人間関係が円滑な職場を探すことだといわれています。介護職におけるサービスに対象は利用者、つまり人です。人を扱う仕事である以上、職員と利用者のコミュニケーションはもちろんですが、職員同士のコミュニケーションについても重要視される職場となります。

 

健康や体力に注意しよう

介護職のもう一つの特徴として、健康面や体力面への不安から離職される方が多い、という点があげられます。未経験の方で介護職としての転職を考えている方は、健康面や体力面については十分に注意する必要があります。

 

3. 医療職として転職するということ

説明する女性看護師

看護師をはじめとする医療系の資格職は、比較的転職しやすく、ブランクがあっても復職しやすい職業である、というイメージを持たれている方も多いかもしれません。待遇面でも、介護関係を除けば、生活できないほどの薄給という求人は稀であると思われます。

しかし、医療の現場では日進月歩で新薬や新しい治療法などが導入されており、最新の情報、最新の技術をもっていることを重要視し、ブランクのある方を嫌う様な場合もあります。

看護師のように人材の流動性の高い職種であれば、働き方も多様です。様々な求人の中から、きちんと自分の要求に合致する求人を見つけ出す目、検討する力が求められます。

 

まとめ

一言で医療職・介護職といってもその職種は実に様々です。転職を考えている方は、退職してしまう前に、自分の職種は本当に転職しやすいのか考えてみてください。

転職しやすいからといって転職を繰り返すのではなく、自分に合った職場をみつけ、長く働けるといいですね。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事