日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職を成功させるために「やむを得ない退職理由」を準備しよう

転職を成功させるために「やむを得ない退職理由」を準備しよう

転職活動で必ずされる質問の一つが退職理由です。採用担当者、特に人事担当者としては、応募者の定着性が何よりも気になりますから、応募者の退職理由が納得できるものであり、定着性にも問題ないと判断できることが、採用における最重要ポイントの一つといえます。

そこで今回は、採用担当者を納得させやすい転職理由についてご紹介します。

1. やむを得ない転職について

チャンジ

採用した方が自社に定着して長く働いてくれるかどうか。これは採用担当者、特に人事の担当者が最も気にするポイントの一つです。特に企業規模が小さな会社では業績と人材の定着性の間には密接な関係があるとされています。前職での退職理由、転職理由はこの定着性を判断するうえでの重要な項目といえます。このため転職活動において内定を得るためには、採用担当者に退職理由を「やむを得ないもの」として納得させ、また「定着性には問題なさそうである」と思わせる必要があります。

 

理解してもらいやすい転職理由

採用担当者が最も納得しやすい転職理由として以前勤めていた会社の業績不振や倒産があります。会社の倒産や人員整理は、応募者に辞意があったか否かとは関係のないことですから、やむを得ない事情とみなされるのです。

 

責任感のない発言はNG

とはいえ、ネガティブなことを言ったり、責任感の無いことを言ったりするのはNGです。正社員として働いていた以上、会社に対して多少なりとも責任があります。会社が倒産してしまう前に、一社員としてできることはなかったのか、次に同じような状況になってしまったら自分は何ができるのかなど、少し真剣に考えて、質問されても回答できるように準備しておきましょう。

 

2. ポジティブな転職理由でも問題あり

バツを作る中年男性

一般的に退職理由はポジティブに書きましょうと言われます。ポジティブな退職理由の代表例が「スキルアップのための転職」です。現在の業務では、業務範囲が限られていて物足らなくなってしまった、ほかの興味もった分野でさらに技術を磨きたいなどがこれに当たります。

 

同じ理由で退職するのではないかと懸念される

一方で、スキルアップのための転職はあまり好まない、とおっしゃられる採用担当者もいらっしゃいます。これは、せっかく採用しても、同じような理由で退職してしまうのではないかという不安感を抱かせるためです。

 

長く勤められることをアピールしよう

このような場合には、現在の業務と自分の希望との間にギャップが生じた時に、まず何をしたのか。そのうえで、なぜ転職が必要だと判断したのか、理論的に説明することが出来るといいですね。異動の希望や独学での勉強、転職をしなくてもできることはたくさんあります。

また、転職先でも同じようなギャップに悩まされるかもしれません。実際に面接で「弊社ではあなたの希望する業務は担当させられない」とはっきりいわれることもあります。今回は転職活動という手段に出たが、次回は転職とはならない理由を、製品への思いや待遇面でも構わないので、考えておくとよいでしょう。

 

3. 退職する会社への退職理由

頭を下げる男性

退職理由を聞かれるのは転職活動中だけではありません。転職先が決まり、それまで勤めていた会社を退職するときにも退職理由が必要となります。多くの企業の場合、従業員にはできるだけ長く働いて、引継ぎをきちんと行ってほしいと考えます。

一方で転職先が決まってしまえば、できるだけ早いタイミングで退職したいと考える方が多いのではないでしょうか。このように退職の際は双方の意見が全く一致しませんから、トラブルが起こりやすい時といえます。退職時のトラブルを減らすためにも、退職理由をきちんと話すことが大切です。

 

引き留められない退職理由

たとえば夫の仕事の都合で海外赴任についていくことになった、家族に要介護の方が出て自分が主体となって介護にあたらなければならない…、このようなことを退職理由として述べられたら、引き留めが行なわれることはまずないのではないでしょうか。

辞める会社ですから、100%本当ではなくても構いません。耳通りの良く、反対されにくい理由を準備しておくとよいでしょう。

 

まとめ

転職には大きなコスト、ストレスがつきものですから、応募者が、本心からポジティブな気持ちや理由で転職活動を始めることは稀です。しかし、人間関係や業務との不一致といった本音をそのまま退職理由として記載してしまっては、内定までたどり着くのは難しくなります。

転職活動を始める前に、自分がどのような理由で退職するのかをよく考えて、納得してもらいやすいストーリー作りをしておきましょう。退職理由については、掘り下げて質問されてもきちんと回答することが出来るようにしておいて下さいね。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事