日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

大手と中小の転職エージェントの違いとは

大手と中小の転職エージェントの違いとは

転職エージェントには、TVコマーシャルで見かけるような誰もが聞いたことのある超大手から、個人事業主として地域密着でサービスを行うような会社まで、本当に様々な会社があります。

実際のところ、大手と中小の転職エージェントにはどのような違いがあるのでしょう?登録する際にはぜひ参考にしてみてください。

1.大手の転職エージェント

転職エージェントに相談する女性
それではまず、大手の転職エージェントの特徴についてまとめてみましょう。

 

求人数が圧倒的に多い

大手の転職エージェントが「大手」である一番の理由として、圧倒的な求人数の多さが挙げられます。採用を考えている企業にとっても安心感があるので、依頼がなくなる事はないでしょう。全国展開している会社も多く、職種・勤務地ともに幅広い求人を取り扱っているので、どのような転職者に対しても「紹介できる仕事がない」という事はほとんどないでしょう。

 

豊富な実績

求人数が多いという事は、それだけ転職者の登録数も多くなります。その分採用の実績も多くなるので、コンサルタントや営業担当の経験値も豊富です。採用された過去のデータをもとに、より的確なアドバイスを受ける事ができます。

 

担当が分かれている

大手の転職エージェントでは業務の分業制を採用しており、転職者との面談・アドバイスを行うコンサルタントと、採用企業との窓口になっている営業担当者が分かれています。コンサルタントは転職アドバイスのプロであり、営業担当者は採用企業についての専門家。それぞれがその道を極めているので非常に頼れる存在です。一方で、コンサルタントと営業担当者との間での行き違いが生じ、意思伝達がスムーズにいかないという事も。社内できちんと連携がとられているのかどうかが、重要なポイントとなります。

 

機械的な対応になりがち

大手では、転職者の情報や求人票の管理、さらにはマッチングまでシステムを使って行っています。転職者と求人の数が多いので効率的ではありますが、やはり人間が判断するのとは違い、ミスマッチを生んでしまう可能性があります。

また、毎日多くの新規転職者から登録があるのである意味流れ作業のようにコンサルを進められてしまう場合もあります。社員の対応も、どこか機械的になりがちです。

 

2.中小の転職エージェント

スーツを着ている男性
それでは次に、中小の転職エージェントについてご紹介します。中小のエージェントには、それぞれの会社なりの特徴があり、なかなかひとくくりで考える事ができません。ここでは一般的なお話をしますが、登録しようとするエージェントがどのような特徴を持っているのかは、しっかり調べて判断してくださいね。

 

求人数はやや少なめ

大手エージェントとの違いは、求人数が少ないという事です。転職者の条件や希望によっては、紹介できる案件が少ないことや、場合によっては全くないということもあり得ます。何となく登録に行っても無駄足になってしまう可能性も十分にあるので、まずはどのような特徴の会社なのか、自分の興味のある求人の取り扱いがあるかという事くらいは調べてから登録するのがオススメです。

 

専門性に特化していることが多い

中小のエージェントは大手のように、「どんな職種でもどんな地域でも紹介可能!」という事は少ないです。その変わり、ある一定の専門性に特化しているという特徴があります。例えば、次のようなエージェントがあります。

 

  • 資格職、専門職に特化

ある資格を持った人向けに専門でサービスを行うエージェントです。医師や看護師、薬剤師、介護士などの医療関係や、保育士などに多いです。また、エンジニアなどの技術職や研究職などの専門的な職種だけを対象としたエージェントもあります。これらのエージェントは、その職種の求人数が多いという事以外に、専門知識を持ったコンサルタントが在籍しているという強みがあります。

 

  • 若年層向け・ベテラン向け

ある一定の年代を専門としたエージェントです。若年層に力を入れているエージェントには、学歴や職歴にはこだわらず、若さと意欲、熱意を買って採用したいと考えている企業の求人が多いです。履歴書の書き方や面接対策なども、丁寧に行っています。

反対に、40代~50代のベテラン向けエージェントもあります。管理職や役員を採用したいという企業の求人が多く、大手の転職エージェントでなかなか仕事が紹介してもらえない方にピッタリはまる求人が出ている事もあります。

 

  • 地域密着型

特定の地域や都道府県に特化したエージェントです。大都市ならやはり大手が強いですが、地方だとそうとも限りません。地域に密着している分、地元企業と強いコネクションを持っていたりします。どうしても地元で仕事を探したいという方や、Uターン・Iターンを考えている人は一度検討してみても良いでしょう。

 

1人の社員が一貫して担当

中小のエージェントは、大手のように分業制をとっていない事が多いです。そもそも社員数がそこまでいない為、無理なのです。その変わり、面談から入社まで一貫して担当してくれるので、安心感はあります。

 

サービスが密である

大手のエージェントと比べると、サービスが密である事が多いのも特徴です。中小のエージェントは求人数も、転職者の登録数も非常に少ないです。だから、1つ1つの求人に対して熱が入っていますし、登録者1人1人を大切にしようという姿勢が生まれます。少ない登録者の中から1人でも多く採用されるように頑張っているのです。そのため、サービスは細かく手厚いものになります。

 

3.どうやって選ぶ?大手と中小エージェント

疑問を持つ外国人
それぞれの特徴をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

ざっくりまとめると、大手のエージェントに向いているのは次のような人です。

  • 大手企業に転職したい人
  • 営業や事務、販売など、募集の多い一般的な職種で考えている人
  • 希望や条件がまだはっきりしていない人
  • 効率的に転職をすすめていきたい人

反対に、中小のエージェントで探すべきなのは次のような人です。

  • 資格職、専門職を希望している人
  • 希望条件がはっきりしていて、その求人を取り扱う会社を見つけた人
  • 手厚く、密なサービスを求める人

 

しかしもちろん、両方登録するのもオススメです。それぞれの良い所を最大限に利用して、自分にとって最適な転職活動を行う事ができればベスト。まずどこかに1社登録するなら大手はオススメですが、必ずしも大手が一番良いという事はありません。複数社を比較しながら、大手と中小エージェントをうまく使い分けていきましょう。

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事