日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

ブラック企業

ブラック企業

ブラック企業の定義とは、社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートなどの従業員に対して、仕事の質や仕事環境が悪く、その中で強制の労働を強いる企業をブラック企業の定義となります。

主にブラック企業の典型とは以下の項目に当たります。

  • 労働法に反する行為、または可能性がある条件でを従業員に強いる企業
  • 法令に抵触する行為、または可能性がある条件でを従業員に強いる企業
  • 極端な長期労働時間やサービス残業を従業員に強いる企業
  • パワーハラスメントを従業員に強いる企業

上記が主にブラック企業の典型と言える企業です。このブログではブラック企業を見抜くための知識を紹介していきます。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    労働時間と給与から考えたブラック企業の判断基準とは

    労働時間と給与から考えたブラック企業の判断基準とは

    もともとブラック企業という言葉は本来「暴力団」などと呼ばれる反社会の意志を持つ人たちと関わりのある会社などを指します。

    しかし、インターネットが普及したころから、大量に従業員を募集し、安い賃金で過酷な労働を課す会社のことを総じてブラック企業と呼ぶようになったといわれています。ただし、その概念はまだまだ曖昧なものが多いため、ブラック企業の該当項目を挙げれば世の中にある全ての会社がブラックであると言えてしまいます。その曖昧さが、結果的に若者の労働意志を阻害していると私は考えます。

    この記事では、正しく法律で定められている労働時間と給与について紹介し、今働いている会社、今後就業したときに正しい労働基準の中で勤務ができているのかの参考にしていただきたいと思います。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    ブラック企業をキャッチコピーで見抜く!求人募集要項の特徴

    ブラック企業をキャッチコピーで見抜く!求人募集要項の特徴

    ブラック企業が求人の募集要項を出した時に、いくつか決める内容があります。それは以下の通りです。

    • 求人のキャッチコピー
    • 求人募集要項の内容
    • 企業が打ち出す経営理念・スローガン
  • 2017.07.24
    2017.07.24

    求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

    求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

    転職や求人を探している際に、「求人募集掲載の写真」をよく目にしないでしょうか?

    実は、企業の求人応募掲載の写真でブラック企業かどうか、ブラック企業の要因を持っているかどうか知ることができます。このページでは、求人応募掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方について解説していきます。

  • 2017.07.24
    2017.07.24

    求人募集要項のみでブラック企業を見抜く!?ポイント6つ紹介

    求人募集要項のみでブラック企業を見抜く!?ポイント6つ紹介

    転職を考えた時、今では携帯ひとつで自分の希望に近い会社を探すことができます。そんな時に不安になるのが、働く会社がブラック企業ではないか、ということです。

    だからと言ってネットでブラック企業の条件を検索しても、何もかもが当てはまるような気がしたり、求人サイトの内容だけでは判断はでき兼ねたりします。では、求人募集の内容だけで、ブラック企業を見抜くポイントを紹介します。

    内容見るポイント
    1.求人募集掲載頻度・4週間以上の掲載はブラック企業可能性大
    2.給与水準・時給が1,800円はブラック企業可能性あり
    ・給与月35万円以上はブラック企業可能性あり
    3.募集条件・未経験歓迎
    ・PCは文字が打てればOK
    ・年齢・学歴不問
    ・茶髪・ピアスOK 等
    上記ブラック企業可能性あり
    4.仕事内容・曖昧な表現はブラック企業の可能性あり
    5.求人募集写真・笑顔の社員の集合写真
    ・社内旅行中の社員
    上記はブラック企業可能性あり
    6.勤務曜日・時間・休み応相談可能はブラック企業注意

    上記の募集要項が特にブラック企業かどうか判断する箇所となります。以下で詳しく説明していますので確認してきましょう。

     

  • 2017.06.02
    2017.06.02

    ブラック企業に入社した場合の対処法

    ブラック企業に入社した場合の対処法

    甘い言葉で求人を募集し、いざ採用したら従業員を使い捨てにする企業が後を絶ちません。ブラック企業に就職してしまったら、即座に行動を起こすことが大切です。

    • 新規学卒社員で3年以内の離職率が3割以上
    • 過労死・過労自殺を出している
    • 短期間で出世という名目で管理職になることを求める
    • 残業代が固定されている、または出ない
    • 求人広告や説明会の情報がころころ変更になる

    1つでも当てはまればあなたの会社もブラック企業かもしれません。是非確認していきましょう。

  • 2015.07.23
    2015.07.23

    ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ

    ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ

    ブラック企業と呼ばれる会社は一般の常識とかけ離れた労働環境になっているため、面接でもある程度の危険信号を察知することができます。

    ブラック企業は退職者が多いため、より多くの人材を採用する傾向にあり、自ずと面接にかける労力は簡略化されていきます。

    このページではブラック企業の面接の特徴と見極め方をご紹介いたします。

  • 2015.07.23
    2015.07.23

    ホームページで見分けるブラック企業のポイント

    ホームページで見分けるブラック企業のポイント

    「え!?ホームページでブラック企業が分かるの?」

    と思われる方も多いかもしれませんが、ホームページを見て、ブラック企業かどうかを見分けるポイントはいくつかあります。

    このページではホームページで見分けるブラック企業のポイントを中心に紹介していきます。チェック項目に当てはまったからといはいえ、必ずしもブラック企業とは言えないので注意が必要です。

  • 2015.07.23
    2015.07.23

    退職時のブラック企業の止め方の対処法はこれだ!

    退職時のブラック企業の止め方の対処法はこれだ!

    ブラック企業に勤める従業員は、退職したくてもすんなりと辞めさせてもらえないケースが多く、退職をするだけで多大な精神的エネルギーが必要です。

    ブラック企業は退職希望の従業員に対し、何とか退職を思いとどまらせようとして様々な手段を使ってきます。主な引き止め手段とその対処法を確認しておけば、引き止められて「辞めたいのに辞められない」という事態が防げます。

    このページではブラック企業から退職を引き止められたときの対処法を説明していきます。

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る