日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職時、内定後の6つの流れと内定通知確認のポイント

転職時、内定後の6つの流れと内定通知確認のポイント

面接が終わって内定通知がきても決して気を緩めてはいけません。なぜなら、内定から入社までの期間にするべきことがたくさんあるからです。内定から入社までのステップは、大きく6つに分けられます。

このページではステップごとに作業をご紹介しますので、最後まで気を抜かずに転職を成功させましょう。

 

1.内定通知書のチェック

資料を読む女性

内定通知書を受け取ったら、以下の内容を確認しましょう。

  • 勤務地のチェック
  • 所属部署のチェック
  • 入職日が記入されている場合は日付チェック

内定通知書をしっかりと確認しないとトラブルになる可能性があります。

 

変更や相違がある場合はすぐに連絡を

勤務地や所属部署は自分の希望通りかどうかをチェックします。もし、相違があればすぐに採用担当者に連絡をとってください。

また、会社に在職中の人は、職場に迷惑をかけないように退職日を決める必要があります。

内定通知書に記された入社日に出社が困難な場合は入社日を変更してもらわなければなりません。この場合も内定先の担当者にすぐに連絡をしましょう。

 

2.労働条件の確認

資料の受け渡し

労働条件で確認すべき事項は以下の通りです。

  • 勤務条件の確認(希望条件と合っているか確認)
  • 給与や賞与の確認(募集時や面接時と相違ないかを確認)
  • 給与以外の支給確認(通勤交通費、時間外手当、住宅手当など)
  • 有給休暇についての確認(産休などもチェック)
  • 契約期間(契約社員の場合、契約更新についても確認)
  • 転勤・異動について(有無や勤務地を確認)

勤務条件や給与、賞与、有給休暇について確認し、採用募集時の内容と違っていないかをチェックします。また、基本給以外の諸手当についても確認しておきましょう。

 

勤務形態・休暇の確認は特に注意深く行うこと

勤務形態と休暇については後で不満が出がちなので必ず確認しておきましょう。シフト勤務、完全週休2日制など勤務形態を確認しましょう。

また、フレックスタイム制なども出勤時間が決まっている会社もあるので注意が必要です。

女性の場合は、産休実績についてもしっかりとチェックをしてください。念のために社会保険に加入しているかどうかも確認をしましょう。

労働条件に不満がある場合、そのまま入社をしてしまうと後から後悔することになります。疑問点をしっかりと確認して、不安のない状態で入社することが大切です。

有給休暇の取得率・慶弔休暇・会社独自の休暇制度などを知りたい場合には、企業に確認しましょう。

 

内定通知を貰えない場合は?

通常、内定通知はメールや郵便で送られてきますが、中には電話で担当者が内定を伝えてくる企業もあります。

内定通知とは、あなたを雇いますという企業からの意思表示です。内定通知を信じて今の会社を退職したのに、いざ入社する段になって内定が取り消されたといったことのないように、しっかりと証拠を残しておくこと必要があります。

言った言わないの水掛け論にならないように、内定通知書を書面でもらうなど証拠として示せる書類を提出してもらうことをおすすめします。

 

3.内定通知書の返信

任意継続保険の手続き

最初のステップは、内定通知に返事をすることです。内定通知を受け取ったら、なるべく早めに返事をしてください。遅くても3日以内に返事をしないと、入社の意志がないと思われて印象が悪くなります。

もし、他の会社にも応募をして内定待ちの状態であっても、すぐに連絡をして○日までにお返事をしますと返事を延ばしてもらうようお願いすることが大切です。

内定が取り消しになる場合もチェック

  • 入社日までに健康を著しく害したとき
  • 入社日までに反社会的な行為があったとき
  • 不運な会社の倒産や極端な会社都合

企業が採用内定取消を行うためには、「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当である」とみなされた場合に限ります。

4.雇用契約の最終確認

勉強する外国人女性

次のステップは、雇用契約を結ぶことです。契約ですから自分が不利にならないように、雇用契約書にしっかりと目を通してください。求人情報や面接時で聞いた雇用条件と契約書の条件に違いがないかなどを確認しましょう。就業規則もチェックしておきます。

内定通知書類の注意点

 以下の内容は労働基準法で内定時に明示するように法律で定められています。定められている項目は以下になります。

  1. 雇用契約の期間
  2. 就業場所、従事する業務
  3. 始業及び終業の時刻、早出・残業等の有無、休憩時間、休日、休暇、就業時転換に関する事項
  4. 賃金の決定、計算及び支払いの方法、締め切り日、支払い日
  5. 退職に関する事項

また、規定というものも存在し、そちらも労働基準法で明示するように定められています。

  1. 割増賃金
  2. 通勤交通費
  3. 就業にかかる諸経費
  4. 手当・昇給・賞与・退職金
  5. 研修期間・試用期間
  6. 社会保険の適用
  7. 表彰、制裁
  8. 休職について
  9. 契約更新の条件
  10. 転勤や異動・転籍や出向

上記が明示されていない場合は質問して開示してもらう、改めて書面でもらうように心がけましょう。最終チェックになるのですべてチェックしましょう。

5.今の会社の退職日と入社日を決める

スケジュール

3番目のステップは、今の会社の退職日と、転職先の入社日を決めることです。

失業中の場合は入社日は企業の希望日に合わせてください。しかし、まだ会社に在職している場合は、上司と相談をして退職日を決め、出社できる日を内定先の企業に伝えます。

入社までに1カ月~2カ月のブランクがある場合は、その間にも定期的に内定先の会社の連絡を入れて、入社の意思を示しましょう。引き継ぎ作業に手間取って、入社予定日に間に合わないなどという事態に陥らないように、スケジュールを立ててしっかりと引き継ぐことが大切です。

6.新しい会社に入社しよう

階段を上る女性

そして、最後のステップが実際に出社すること。遅刻は厳禁です。体調を整えておきましょう。会社初日の注意点を記載しておきます。

  • 職場で聞きたい質問事項はあらかじめまとめておく
  • 簡単な自己紹介1分用と5分用ぐらいは持ち合わせておく
  • 集合を言われた時間より15分前には会社に到着しておく
  • 職場の力関係を把握するように目を配る
  • 笑顔を心がけ、嫌な顏はしない
  • 頑張りすぎないようにリラックスしておく
  • 誘われたランチなどの誘いは断らない
  • 自分の話よりは人の話をしっかりと聞くようにする
  • 自分らしく振舞い、多少のボディランゲージを心がける

ある程度問題ないと思いますが、一般的な注意点を上げました。頑張ってください!

転職サイトの比較 | 全400社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事