日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

転職時の内定保留する注意点とマナー

転職時の内定保留する注意点とマナー

転職のため複数の企業の面接を受けた場合、第一志望の企業からの内定が出ていないのにも関わらず、他の企業からの内定通知が先に届くことがあります。

この際、内定承諾の返事を保留させてもらう必要があります。また、退職の最終的な判断を決めかねている場も内定保留する必要があるでしょう。

こちらの都合で内定への返事を待ってもらうのですから、最低限内定保留をする場合はマナーを守ることが大切です。このページでは、転職時の内定保留する注意点とマナーを説明していきます。

 

1.転職時、内定保留する注意点

ポイントを説明するしっかり者の女性

転職活動で複数の企業の面接を受けている場合、第一志望の企業からの内定を待っている間に、他の企業の内定が先に決まったという事態はよくあることです。

内定通知書を受け取ったら1日も早く返事をすることが大切ですが、保留する場合の注意点について説明していきます。

 

自己都合であることを認識してお願いすること

内定保留は一方的な自己都合であることをよく認識して、相手企業になるべく迷惑のかからないように気を配ることが大切です。

人材採用は、私たちの転職が死活問題であるのと同様、企業にとっても会社の発展を左右する大切な事業です。

そのため、人事部の採用担当者が新人採用に当たるなど、手間もコストもかけて採用事業を行っています

このことをよく理解し、保留するのを当たり前だとは思わずに、あくまでも無理をお願いする形で一旦保留にしてもらうお願いをしましょう。

 

保留期間に期限を設けること

内定を一旦保留してもらうお願いをする際には、「●日まで保留にさせていただけませんか。」などど、必ず保留期間に期限を設定しましょう。

あなたが内定を保留をしている期間は企業側は新たな採用をかけることができず、何もできない状態になるため、期限を伝えることで企業も動きやすくなります

誠意を持って丁寧に採用保留を願い出てください。

 

2.転職時の内定保留するマナー

ルールを教える女性

まず、内定保留の連絡は1日も早く電話で伝えることがマナーです。その際理由を聞かれたら、「家族と相談したいので返事を数日お待ちいただけますか」など、ぼんやりとした理由を告げましょう。

たとえ相手側が「第一志望の企業からの内定通知を待っているんだな」と事情を察したとしても、正直にそのことを伝えるのはマナー違反です。

 

保留期間は2~3日以内に留めること

内定保留の期間は本来なら2日~3日です。遅くても1週間が期限と考えましょう。あなたが内定を保留にしている間企業側は身動きができませんので、長く返事を引き延ばすのはマナー違反です。

マナーを守らなかったり相手企業の気分を損ねたりすると、入社の意欲が見られないなどの理由で内定が取り消しにされる可能性もあります。

第一志望の会社が不採用だった場合、その会社に入社することも考慮して際に十分に注意ながら保留期間を伝えましょう。

 

3.まとめ

内定保留をする際、マナーを守らなければ相手側があなたに対する評価を下げることも考えられます。

内定保留や内定辞退といった状態になるのを避けたい人は、転職エージェントに登録することをおすすめします。

担当のキャリアコンサルタントが、内定が重ならないように面接の日取りを調整してスケジュールを組んでくれるので安心です。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事