日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

ショートステイへの介護士・介護職の転職について

ショートステイへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職がショートステイへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて説明していきます。

下記のポイントを押さえ、納得のいく転職活動につなげましょう。

1.ショートステイとは

時計を持つ女性

ショートステイとは、要支援1以上あるいは要介護1以上の人が介護施設に短期間だけ入所してサービスを受けることができる制度です。

ショートステイには短期入所生活介護と短期入所療養介護の大きく2つがあります。短期入所生活介護では日常生活の介護や機能訓練、レクリエーションなどを受けられます。一方、短期入所療養介護では日常生活の介護や機能訓練の他に看護などの医療サービスを受けることができます。

ショートステイは介護保険サービスの中でも人気が高く需要の大きい分野の一つです。自宅で介護を行っている方が介護を一休みのために利用したり、唐人ホームへの入所を考えている方の慣らしステイなど様々な用途で利用されています。

 

2.ショートステイへの介護士の転職注意点

悩む中年女性

ショートステイを運営している施設には、入居型の施設や他の医機関と併設しているものと、単独型のものの2種類があります。

併設型の施設では、ショートステイの仕事だけに従事するのではなく、併設施設の仕事を並行して行わなければならないことも多くあります。そのため転職の際には、その施設が併設型なのか単独型なのか、また職員の配置についても確認した方がよいでしょう。

 

運営する施設によって職員の負担が異なる

ショートステイは運営する施設によって受け入れ可能な利用者が異なります。介護状態が重い利用者を受け入れている施設は、イコール介護士・介護職員の負担もそれだけ重くなるので注意が必要です。

 

自動車免許が必要になる場合もある

また利用者の送迎を介護士・介護職員が行う施設が多くあります。そのため、自動車免許が必要になる場合もあるので転職の際には確認が必要です。

 

手探りでお世話をすることも多々ある

ショートステイの仕事では常連の利用者も多くいますが、もちろん新規の利用者もいます。そのため常連の慣れている利用者のお世話だけでなく、初めて会う利用者のお世話も同時に行っていかなければなりません。

日によっては新規利用者が多くを占めていることもあります。家族やケアマネージャーに利用者の状態は聞いていても、いざお世話を始めると食い違っていることも多いため、手探りの状態でお世話をすることも多々あります。

 

精神的に楽ではない

また自宅介護で施設に慣れない利用者は、自宅に帰りたがることも多いのが現状です。そのような本人の要望をはねのけながら仕事をするので、他の施設とは違った精神的負担があるので注意が必要です。

 

忙しく仕事のスピード力を求められる

またショートステイを運営する企業も民間企業が多いため、利用者の回転率と利益を重視した運営を行いがちです。そのため午前中に退去者が出たスペースに午後一で入居者を入れるということも少なくありません。

そのため仕事のスピード力も求められる仕事になります。様々な利用者と接することで技術力とスピード力は身についてはきますが、それだけ忙しい仕事と言うことも念頭入れておくとよいでしょう。

 

3.ショートステイの働く介護士の仕事内容

車椅子に乗る老人

ショートステイは提供しているサービスによって運営方法も異なってきます。短期入所療養介護を行う施設は医療系施設などと併設している場所がほとんどとなります。

一方短期入所生活介護は他施設と併設している場所の他に、独立運営をしている単独型の施設も多く存在します。それに伴い介護士・介護職員の仕事も、他の施設と併設している場合は仕事も兼任で行うことが多くなります。

 

日常的な介護が中心

ショートステイで働く介護士・介護職員の具体的な仕事としては、主に排泄・食事・入浴などの日常的な介護が中心となります。また送迎を行う場所も多く、その場合は利用者の家まで車で送迎を行ったり、迎えの際の荷物チェックも行ったりします。

 

利用者の家族とのコミュニケーション

また介護記録を取ったりそれをもとに利用者の家族への報告や状況確認などのコミュニケーションも、仕事の一つとなります。

ショートステイの利用者の生活基盤は、日常生活を送っている家の方になります。そのため一緒に生活している家族やケアマネージャーから利用者の普段の様子を確認する必要があります。また在宅で介護を行っている家族の要望を確認し、どこまで可能かを判断しながら介護を行っていきます。

 

イベントなどの企画・運営

またショートステイではレクリエーションや行事を取り入れている施設もあります。そのため施設によっては、それらの企画・運営も仕事になります。ショートステイの利用者の介護レベルは幅が広いことが多いので、なるべく多くの利用者が楽しめるように配慮していく必要があります。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事