日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ医療介護のお仕事(介護士)評判
3.30
このページを共有する

介護職で一番平均給与が高い職場・施設選びの注意点

介護職で一番平均給与が高い職場・施設選びの注意点

仕事をする上で、給与を重視する人も多いと思います。激務なのにも関わらず、給与が低いと言われる介護業界で1番平均給与が高い施設をご存知でしょうか。

給与を重視する人に向けて、介護業界の給与事情をご紹介したいと思います。ただしこれはあくまで平均的な給与であり、施設やその人のスキルなどによってかなり変動するのでご了承下さい。

1.介護業界の平均給与ランキング(常勤)

お金と電卓

 

今回は、介護士の一般的な活躍の場である以下4つの施設の給与を比較してみたいと思います。

  • グループホーム
  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • デイサービス

この4つの施設の平均給与を、月収・日給・時給に焦点をあてて比較した結果をまとめているので、介護業界に転職を考えている人はぜひ参考にしてほしいと思います。

 

介護業界で1番平均月収の高い職場

4つの施設で働く常勤の介護士の平均月収を比較した場合の高収入ランキングは以下のとおりです。(平成25年の厚生労働省のデータに基づいてランキング)

  1. 特別養護老人ホーム(特養):月額302,680円
  2. 介護老人保健施設(老健):月額291,300円
  3. デイサービス:月額253,230円
  4. グループホーム:月額243,380円

※月額算出方法=基本給(月額)+手当て+一時金(4~9月支給金額の1/6)

同じ介護職でも、1番平均給与が高い特別養護老人ホームと1番給与が低いグループホームでは、約6万円の差があることがわかります。

 

働いている時間はどの施設も同じ

特別養護老人ホームとグループホームに約6万円もの差が生じているのは、労働時間の長さが違うからではありません。4つの施設のどの施設も月の平均労働時間は160時間前後であり大きな差はありません。

同じ時間働くのであれば、給与を重視するならば特別養護老人ホームで働くのが1番良いでしょう。

ただし、特別養護老人ホームは基本的に要介護度4以上の高齢者が入所しているため仕事内容は他の施設より重労働である可能性が高いことは心得ておいてください。

特別養護老人ホームについての詳細はこちら→「特別養護老人ホームへの介護士・介護職の転職について

 

介護業界で1番平均日給の高い職場

4つの施設で働く常勤の介護士の平均日給を比較した場合の高収入ランキングは以下のとおりです。(平成25年の厚生労働省のデータに基づいてランキング)

  1. 介護老人保健施設(老健):日給換算12,588円
  2. デイサービス:日給換算10.538円
  3. グループホーム:日給換算9,910円
  4. 特別養護老人ホーム(特養):日給換算9,699円

実働日数と給与を割って算出したランキングとなっております。月収が1番高いのは特別養護老人ホーム(特養)でしたが、日給で働く場合は平均給与が一番低くなってしまいました。

 

日給で働いた場合の老健と特養の月給の差は約6万円

日給(常勤)で働いた場合、どこの施設でも20日前後の出勤日数です。1番日給の高い介護老人保健施設(老健)の12,588円と1番日給の低い特別養護老人ホーム(特養)9,699円の差は約3,000円ですが、月に換算すると約6万円もの差があることが分かります。

月給の常勤で働く場合は特別養護老人ホーム(特養)を選んだほうが良いですが、日給の常勤で働く場合は介護老人保健施設(老健)を選びましょう

介護老人保健施設(老健)についての詳細はこちら→「介護老人保健施設への介護士・介護職の転職について

 

介護業界で1番平均時給の高い職場

4つの施設で働く常勤の介護士の平均時給を比較した場合の高収入ランキングは以下のとおりです。(平成25年の厚生労働省のデータに基づいてランキング)

  1. デイサービス:時給換算1,338円
  2. 特別養護老人ホーム(特養):時給換算1,162円
  3. グループホーム:時給換算1,156円
  4. 介護老人保健施設(老健):時給換算1,126円

平均月額給与を実労働時間数で割った金額です。時給換算をすると、月収では3位だったデイサービスが1位に輝きました。給与が低いと言われている介護業界ですが、時給換算してみるとそこまで悪くないような気がします。

 

デイサービスは比較的仕事内容が楽

1番時給の高いデイサービスの仕事内容は、ほかの施設と比べて比較的楽な場合が多いです。時給で選ぶならデイサービスをお勧めします。

デイサービスについての詳細はこちら→「デイサービスへの介護士・介護職の転職について

2.介護業界の平均給与ランキング(非常勤)

給与計算

上記でご紹介した介護業界の平均給与ランキング(常勤)と同じ条件で、非常勤の場合の平均給与をランキングします。常勤の介護士の給与とはまた違ったランキングになるので必見です。

早速確認していきましょう。

 

介護業界で1番平均月収の高い職場

4つの施設で働く非常勤の介護士の平均月収を比較した場合の高収入ランキングは以下のとおりです。(平成25年の厚生労働省のデータに基づいてランキング)

  1. 介護老人保健施設(老健):月額185,070円
  2. グループホーム:月額176,300円
  3. 特別養護老人ホーム(特養):月額167,400円
  4. デイサービス:月額153,570円

※月額算出方法=基本給(月額)+手当て+一時金(4~9月支給金額の1/6)

1番給与が高い介護老人保健施設(老健)でも、非常勤の場合は労働日数が少ないため、20万円に届かないようです。

 

施設により労働時間に大きな開きがある

非常勤の場合月収が1番高かったのは介護老人保健施設(老健)ですが、実労働時間は月に133時間を超えています。それに対しデイサービスの実労働時間は月に107時間です。

労働時間に開きがあるため、非常勤で働くのであれば労働時間も考慮して選ぶと良いでしょう。

 

介護業界で1番平均日給の高い職場

4つの施設で働く非常勤の介護士の平均日給を比較した場合の高収入ランキングは以下のとおりです。(平成25年の厚生労働省のデータに基づいてランキング)

  1. 特別養護老人ホーム(特養):日給換算10,027円
  2. 介護老人保健施設(老健):日給換算9,846円
  3. グループホーム:日給換算9,785円
  4. デイサービス:日給換算9,467円

特別養護老人ホーム(特養)で常勤で働く介護士の日給は9,699円だったのに対し、非常勤では日給10,027円となぜか非常勤の方が多く給与をもらっているという興味深いデータがでました。

 

介護業界で1番平均時給の高い職場

4つの施設で働く非常勤の介護士の平均時給を比較した場合の高収入ランキングは以下のとおりです。(平成25年の厚生労働省のデータに基づいてランキング)

  1. 介護老人保健施設(老健):時給換算1,098円
  2. 特別養護老人ホーム(特養):時給換算1,088円
  3. グループホーム:時給換算1,073円
  4. デイサービス:時給換算1,048円

平均月額給与を実労働時間数で割った金額です。

時給に換算すると、非常勤の場合はどの施設で働いても大きな差はないことが読み取れます。自分のしたい介護ができる施設で選ぶのが良いでしょう。

3.介護施設を選ぶ際の注意点

車椅子を押す女性

介護施設で常勤・非常勤として働いた場合の月給・日給・時給の平均額をご紹介しましたが、あなたはどこの施設に魅力を感じましたか。

生活をしていくために給与額はとても大事ですが、給与だけに焦点を絞って転職先を決めてしまうのは絶対に良くありません。他の条件を無視してしまうと自分のライフスタイルや価値観に転職先がマッチせずにすぐに退職したくなる確率がグンと上がります。

介護施設を選ぶ際の注意点は以下の通りです。

  • 福利厚生をしっかり確認する
  • 施設の特徴を把握する
  • どんなスタッフがいるのか応募前に偵察に行く

給与の良さに飛びつく前に、最低限これくらいは確認しておきましょう。気持ちよく働くためには必要なことです。

 

福利厚生で実質収入がアップ!?

 給与を重視して転職をする人が見落としがちなのが、福利厚生です。一定以上働くのであればどこの企業も社会保険は完備していますが、福利厚生が充実している企業は以下のような制度を設けていることがあります。

  • 住宅関連補助
  • 健康・医療関連補助
  • 育児・介護支援関連補助
  • 慶弔・災害関連補助
  • 文化・体育・レクリエーション関連補助
  • 自己啓発・能力開発関連補助
  • 財産形成関連補助
  • 社員食堂・食事手当など

特に住宅関連の補助は生活に大きく関与するでしょう。月に住宅補助や5万円でたとすると、年間にして60万円得することができます。給与が高くても住宅補助がでないと全額自分で家賃を支払わなければなりません。

他にも扶養手当などが月に1~3万円程度でる企業もあるので、転職先を選ぶ際は給与欄だけでなく、福利厚生もしっかり確認することが大切です。

 

給与が高い施設は重労働の場合が多い

「給与が高い=仕事がキツい」可能性があると考えて良いです。施設によって受け入れている利用者の疾患も様々なので、自分が受けたい施設はどんな利用者が多いのかを把握してから転職先を決めましょう。

仕事内容が楽なのに給料が良いといったパターンは滅多にありません。自分がどの程度の仕事ならこなせるか1度きちんと考えることが長く勤めるにあたって大切です。

 

応募前の施設見学は必須

求人に応募する前に必ず行って欲しいのが施設見学です。求人情報だけでは施設の雰囲気は全く分かりません。ですので身をもって感じることが大切なのです。

施設見学に行った際は以下の箇所をチェックしてみてください。

  • 働くスタッフ
  • 利用者
  • 施設の設備や清潔感

良い施設はスタッフも利用者も笑顔であり、施設が古かったとしても清潔感があります。そのようなところでしたら気持ちよく働くことができる可能性が高いでしょう。

逆にスタッフや利用者に笑顔がないと言った施設はお勧めできません

 

まとめ


介護職で1番平均給与が高い施設を各項目に分けてご紹介しましたがいかがでしたか。ここで紹介したのはあくまで平均的な給与なので、施設やスキルなどにより給与が変動することはご了承ください。

介護職に転職する際は、施設選びの際の注意点を踏まえて自分のライフスタイルやスキルなどに合った施設を選ぶと良いでしょう。

介護士転職求人サイト比較【30社以上】

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事