日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

年齢別!介護福祉士・介護職へ転職する際に知っておきたいこと

年齢別!介護福祉士・介護職へ転職する際に知っておきたいこと

近年、少子高齢化の影響もあり、人材不足が問題となっている介護福祉士や介護職ですが、雇用を求めて転職を考える人も多くなっています。

しかし、介護福祉士や介護職が人材不足となるのには、やはり、何かしらの原因があります。また、その原因は年齢ごとに異なります。

そこで、今回は年代別の介護福祉士、介護職について転職する前に知っておきたいことをご紹介しています。

介護福祉士や介護職への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

20代の介護福祉士・介護職の転職について

笑っている女性

介護福祉士・介護職の資格を有していながら現在は実務についていない方が、再び業界への転職を狙うときには、注意が必要です。とくに20代の若い介護福祉士・介護職は、何かとトラブルや予期せぬ結果といった事態に巻き込まれやすく、思うように就職も難しいということにもなりかねません。

転職の際に気をつけたいポイント、及び転職に有利なアピールポイントの探し方を考えておきましょう。

 

介護職は人手不足だということを理解しておこう

まず理解していただきたいのは、この業界が慢性的に人手不足だということです。原因はハードな肉体労働と、ときには遅い時間まで続く激務のせいです。身体を壊したり、精神的に疲弊して辞職してしまう人が後を絶ちません。給与も安く、労働に見合っているのかという疑問は国会等でも取り上げられています。

ですので、求人は常に行なわれている状態です。裏返しに言うと、たとえ資格を持っていても、正社員として迎え入れられても、雑用のような仕事や、ときにはサービス残業のような労働をさせられることもあるということです。どうなるかが、完全に施設側の運営上の形態や、経済的な要因に左右されます。

 

すぐ募集広告に飛びつくことは厳禁

ですので、介護関係の仕事に転職するときは、すぐに募集広告に飛びつくことは厳禁です。若い介護士志望の人が多いことに付け込んで、労働者を使い潰すような仕事をさせる施設も中にはあるためです。相場からかけ離れた高額な給与を明示している施設や、待遇面をどこかごまかして表記している施設は怪しいです。

 

20代の決断は将来を大きく左右する

とくに20代の方はよく考えて選択しなくてはなりません。まだ実務経験も浅いこの年代は、正社員としてどれだけのスキルと経験を積み重ねられるかが将来を左右します。ブラックな労働に巻き込まれて、身体を壊し、精神が不安定になり、そのまま退職してしまうケースが続発しています。治療のために数年を費やしているうちに、正社員として再就職できるぎりぎりのリミットに達してしまっているケースも少なくはありません。

このように、人が多く集まることと、仕事がハードであることを隠れ蓑にした不正に巻き込まれるリスクがあることは、把握しておいてください。

 

面接では嘘はつかずに長所をアピールしよう

多くの介護士は真っ当に働いており、やりがいもある仕事です。ブラックでない施設を見つけ応募した後の面接では、自分がどうしてその仕事に復帰したいのか、休職中に何をしていたのかを正直に語りましょう。再就職では新卒の面接のように志や目標よりも、人間としての誠実さと実務経験が見られます。自分をごまかさず、長所を何点かアピールできれば充分です。

 

  

30代の介護福祉士・介護職の転職について 

比べる女性

30代になると、出産や育児が落ち着いた主婦の方などが、転職先として、介護福祉士や介護職を目指す場合が多くなっています。

 

30代からでも正社員としてキャリアを積むことができる職種

介護福祉士・介護職の資格を持っている30代の方で、これから転職を考えているという方は少なくありません。現在では、介護福祉士・介護職の仕事はあらゆる地域で求められていますので、年齢がそれほど若いとは言えない30代の方でも、正社員としてキャリアを積むことができる可能性があるわけです。

 

転職活動に有利な職種

今後数年から数十年のあいだに、高齢化社会が著しくなってくることも明らかですから、特別養護老人ホームの建設に関しても、全国で増えてきている実態がありますので、介護福祉士・介護職の仕事はますます人手が足りないということになり、したがって、転職活動に有利だと言うこともできるわけです。

 

求人条件も年々改善されてきている

年齢が30代の転職活動となりますと、ほかの職種では正社員として採用されることは、きわめてむずかしいというのが現状です。ハローワークなどで求人が増えてきているとは言いましても、非正規雇用の場合が多いですが、介護福祉士・介護職の求人に関しては、比較的条件が良くなりつつあるということがわかります。

 

経験がなくても資格があれば重宝される

これまで経験がなく、資格を持っているというだけでも重宝されますし、キャリアを積んでいる方の場合はなおさら会社側が求めている人材ですから、転職活動をするうえで求職者にとって有利な場合が多いです。

とは言いましても、確かに介護福祉士・介護職の仕事というものは、どちらかと言うと体力の必要である労働の割には、給料が安いという現実があります。

 

介護ヘルパーの資格取得で転職が有利に

見方によっては、常に人手が不足している業界であるため、介護ヘルパーなどの資格を取得していれば、簡単に仕事に就けるという実態がありますので、すでにキャリアを重ねている介護ヘルパーの方などが転職活動をはじめる際に、待遇の良い会社を選ぶことができるというメリットもあることは確かです。

 

雇用される側がイニシアチブを取れるという側面もある

転職活動をするにおいて、雇用する側ではなく、雇用される側がイニシアチブを取れるという側面もありますので、一概に介護の仕事は待遇が悪いとは言えないということがわかるわけです。

ですから、これから転職活動をしようと考えている介護ヘルパーの方は、求人募集をおこなっている会社に対して、さまざまな条件を吟味しながら転職活動をおこなえば、自分自身のためになることは間違いありませんので、いろいろな選択肢を増やすことをおすすめします。やはり、介護業界は、この先の将来においても、経験のある人材が必要とされることは確かですから、求職者にとっては有利です。

 

 

40代の介護福祉士・介護職の転職について

ポイントを説明するしっかり者の女性

介護福祉士や介護職と聞くと、大変そうなイメージばかりが先行し、40代になってからの転職は不利に思いがちですが、決してそんなことはありません。介護福祉士や介護職の現場では、40代の方が多く活躍しています。

 

転職には有利な職種

現在の年齢が40代の方で、介護関連の資格を持っており、介護福祉士・介護職に転職を考えているという方はたくさんいます。介護福祉士・介護職というものは、ハローワークや新聞広告、あるいは求人情報誌などにも、常に求人募集が掲載されているほど人手が足りない仕事ですから、転職活動をしている方にとっては有利な職種と言えるでしょう。有利なのは求人が多いと言う面だけではなく、40代などの比較的若くない世代でも転職することが可能であるということです。

 

40代からでも正社員として採用してもらえる可能性が高い

現在の日本の就職事情は、正社員などではたらくことができるのは新卒だったり、比較的若年層しか正社員として採用されないという現実があるわけです。

ところが、介護福祉士・介護職の求人の場合は、人手不足ということもあって、パートやアルバイトなどの非正規雇用の待遇では人が集まらないため、正社員として雇用する会社も多くなってきています。ですから、体力に自信がなくなってくる40代の年齢層の方でも、正社員として雇用される可能性がありますので、転職する職種としては有利だといえるわけです。

 

介護ヘルパーの資格があると転職時に有利

すでに体力の衰えを実感している方の場合でも、介護福祉士・介護職に関係する資格を所持していれば、転職するのにきわめて役に立つのが介護ヘルパーなどの資格です。体力に自信がなくて、転職するかどうか迷っているという方でも、特別養護老人ホームなどの事業所などではたらきはじめれば、徐々に慣れてきますので、問題はないでしょう。

介護福祉士・介護職の仕事現場は、確かに力仕事と言えるほど肉体的にも精神的にもエネルギーが必要とされますが、体が不自由な高齢者を支えるという立派な目的を持った仕事であることに間違いありませんので、やりがいのある仕事であることは確かです。

 

40代で介護福祉士・介護職に転職する際の注意点

実際に転職する場合、注意しなければならない点としては、正社員なのか非正規社員なのかという雇用形態に関しても確認するということだけではなく、給料やボーナス、福利厚生がどうなっているのかという点も確認しておくことをおすすめします。このことについては、実際に求人に応募して、面接のときに面接官にはっきりと聞いておくことが必要です。

 

ワークバランンスを考えておこう

実際に転職したあとは、自分自身の年齢なども考慮して、あまり無理をしないで仕事をするということを心がけなければなりません。つまり、ワークライフバランスなども考えながら、介護の仕事を続けることが大切だと言えるわけです。

 

 

まとめ

介護福祉士や介護職へ転職を考える人は毎年増えています。しかし、それでも尚、高齢化により人手不足が深刻な問題となっています。そのため、介護福祉士や介護職は、転職を行う人にとっては、有利な職業といえます。ですが、転職する際には、自分の年齢に応じた良い点と悪い点など転職事情を知っておくことが大切です。介護福祉士や介護職へ転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事