日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

グループホームへの介護士・介護職の転職メリット・デメリット

グループホームへの介護士・介護職の転職メリット・デメリット

このページでは、グループホームへの介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説明していきます。

下記のポイントをしっかりと押さえ、転職活動に臨みましょう。

1.グループホームへの介護士の転職メリット

高齢者施設

介護士・介護職がグループホームへ転職した際のメリットは以下の内容が挙げられます。

 

アットホームな雰囲気

グループホームの特徴を見ると高齢者の自宅環境へより近くという事を目的として少人数で運営されていますので、大規模な有料老人ホームよりも人同士の距離感が近いので、アットホームな雰囲気であることがあげられます。

接していく高齢者の方により近く心を沿わせ日常の動作一つ一つを手助けしていける介護が出来ます。

 

身体介護が少ない

要介護の低い方を受け入れての施設ですので体力のいる身体介護に関わる事は少ないです。

また職員も入居者2人に対して介護職員1名といった配置を取っているホームも多いですので、比較的ゆっくりとした時間の中高齢者の方達に向き合っていけます。介護に深く介入した業務はそれほど多くはありません。

 

介護において重要なスキルを得ることができる

大きな施設の中には病院にグループホームを併設させて最初の研修として介護職員を配置する事もあります。どの職場で介護に携わるにしても、高齢者の個人差が非常に大きくその対応に困惑する事がありますので、グループホーム勤務で経験する個人やその家族との深い関わりが、施設で働いた時にとても役立つとされているからです。

グループホームで身に付けられることは大人数を対象とした介護を行う上でも大切な基盤になります。

 

とてもやりがいのある仕事

認知症の方と日々を過ごすグループホームでは、理屈や手順などは通用しません。毎日同じ話をして同じ叫び声を聞いていると精神的な負担はあります。

それでも何故か不思議と入居者を守りたい、楽しい生活を送ってほしいと思うやりがいを持ったスタッフが多いという魅力的な職場です。

 

2.グループホームへの介護士の転職デメリット

耳をふさぐ女性

介護士・介護職がグループホームへ転職した際のデメリットは以下の内容が挙げられます。

 

介護専門の技術や知識を身につけることが出来ない

グループホームでは、1ユニット(5~9名のグループ)の利用者の生活に対して行う介護になりますので、常に限られた高齢者の方達と関わることしかできません。重度の介護者の受け入れもありませんので、身体介護に必要な技術や経験を重ねて身につけていく事は出来ません。

看護士が行う事の多い服薬等も仕事になりますので、幅の広がりはあるものの介護専門の知識を掘り下げていくことはできません。

介護においての精神的に大きな基盤を作っていく事は出来ますが、作業経験は積めるとは言えず、他の職場へ経験年数を提示しても強みには成りません。

介護職へ付きたいという希望が大きいと仕事の幅が生活全体の介護になってきますので、食事の支度や洗濯等のお世話等は自身の望む仕事ではないと考え出すこともあるでしょう。

 

 入居者の行動に手を焼くことも

また、入居者の方達は要介護度が低い状態で痴呆症を抱えていらっしゃいますので、徘徊等も行動的です。入居されている認知症の方には言うことを簡単には受け入れてもらえません。気に入らないことがあると怒りだして暴れたりもします。

身体介護での体力は要らないにしても元気な高齢者のそうした行動に応対するにはそれなりの体力も必要となってくる現場ではあります。

 

人間関係に苦労する可能性がある

他に懸念される点としては家事手伝いの仕事が多い為どうしても女性が多い職場になります。小さな社会を作ることを目的として形成されているグループホームですので、人間関係に苦労する職場は少なくはないというもの現状であります。

 

3.グループホームの介護士の平均年収と平均給与

お金と電卓

介護士の職場として、グループホームは他の介護職の現場と比較しても給与水準が低く、正社員で雇用されている方も少ない現状があります。これはグループホームが他の民間運営のホームと比べて全体の収入が少なく、その分人件費に充てる金額が削られてしまうからです。

具体的な数字を出すと基本給は平均17~18万程度で、年収も250~270万程度で勤務されている方が多いです。

介護職の特徴となる資格が重視された仕事にはなりませんので、職能給がつく事も期待されません。その為、介護職の募集は正社員ではなくパート職員の募集が目立ちます。時給としては900円程度が基本です。変則的な勤務での夜勤手当等の上乗せも望めません。

 

経験や知識次第では高い賃金を得られる可能性がある

しかし、常勤管理者は認知症介護の経験を3年以上持つ人と定められその中でも厚生労働省が指定する研修を受講した人に限られています。勤務する中で向上の可能性はあります。

また、ひとつのグループホームには必ず計画作成担当者の配置が求められており、うち1人はケアマネージャーの資格を持っていないといけません。そういった職種に充てられている人件費は決して低くはありませんので、自身の経験や知識をもって転職するのであれば賃金も納得いくものを得られることになります。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事