日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職について

軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職が経費老人ホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて説明していきます。

下記のポイントをしっかりと押さえ、納得のいく転職活動につなげましょう。

1.軽費老人ホームとは

説明する女性看護師
軽費老人ホームは、A型、B型、ケアハウスの3種類に分類されます。

A型、B型の特徴

各々の特徴を挙げてみると、A型には食事のサービス提供があり、食堂が併設されています。自分で食事の準備が出来ない高齢者向けです。

B型は自炊可能な高齢者を対象としているため、食堂は併設されておらず居室にキッチンが設置されています。自炊はできるものの、家庭環境や住居環境の理由で従来の在宅での生活が困難となった高齢者を対象としています。

A型、B型においての介護サービスは、見守りや外出支援、掃除や洗濯といった生活援助が中心となっていて、身体介護のサービスは基本的に提供されません。

 

ケアハウスの特徴

ケアハウスにおいては、食事提供サービスや入浴サービスを受けることが可能で、介護認定があれば、訪問介護を受けたり、デイサービスに行ったりすることが可能です。

 

2.軽費老人ホームへの介護士の転職注意点

ヘルプを掲げる女性
軽費老人ホームへの転職を考える際、注意すべき点がいくつかあります。

ひとつは、特別養護老人ホーム(特養)や有料老人ホームなどの他の形態の施設とでは求められる技術に違いがあるということ。もうひとつは、入居者との人間関係。そして他の形態の施設に比べ、手当が少ない傾向がみられることです。

 

身体的な介護をする機会が少ない

軽費老人ホームで行われる介護は主に見守り、掃除などの生活援助、買い物支援、外出支援、レクレーションやクラブ活動の支援などです。介護度が重度の利用者が必要とするような身体への直接介護をする機会が少ないため、そういった面でのスキルアップやキャリアアップを考えている人には向いていません。

逆に言えば、特養や有料老人ホームから軽費老人ホームへ転職する人にとっては、心身への負担が減り、楽に感じるかもしれません。

といっても、介護の仕事は身体介護だけでなく、「人に関わる仕事」であることに違いはありません。
負担は少なくても、「簡単な仕事」では決してありません。

 

高いコミュニケーション能力が求められる

軽費老人ホームでは「接遇」の技術がより重要となります。接遇は言うまでもなく、介護をする上で大切な技術の1つですが、軽費老人ホームでの仕事の中では、より重要なものとなってきます。施設で行われる支援が、利用者とコミュニケーションを取ることで成り立つ支援だからです。

入居者との人間関係に悩む介護職は意外に多く、深刻な場合、離職に繋がることもあります。入居者と良好な関係を築くためにも、正しい言葉使い、態度を身に付けることが重要です。

 

給与条件についてよく確認することが大切

転職の際は、求人票をよく見て決めるのは、当然のことです。特に給与の部分は嫌でも目が行くところです。しかし、条件がわかっていたつもりでも、実際「思っていたよりも少なかった」ということがよくあります。

軽費老人ホームでは、他の形態の施設で付くような手当が少額であったり、もしくは付かないといったところも施設によってはあり、面接等で給与条件の話をするときには、よく確認して納得した上で仕事に臨みたいところです。

 

3.軽費老人ホームの働く介護士の仕事内容

笑顔でガッツポーズする女性
軽費老人ホームは、身の回りのことが自分で出来る高齢者を対象としています。ですから、そこでの仕事内容も本格的な介護というよりは、日常生活の支援を中心としたものになります。

介護度が重度の高齢者を対象とする特別養護老人ホームなどと違い、身体介助を常時することはなく、ほとんどが見守り、軽介助となります。一見簡単そうですが、自立支援、介護予防が重要なテーマとなり、高齢者についての知識や理解が求められます。また接遇に関しても気を配らないといけません。夜勤もあり、転倒や緊急時の対応を行います。

 

一般的な仕事の流れ

1.朝礼
2.夜勤者からの引継ぎ
3.担当する場所の掃除
4.書類の作成や整理
5.施設内でのクラブ活動などの支援
6.一日の記録を書き、日中の様子を夜勤者に申し送る

多くの施設での一般的なお仕事のフローですが、まず朝の業務は朝礼から始まります。夜勤者からの引継ぎ、業務分担の確認や一日の予定の確認を行います。午前中に担当する場所の掃除を行い、書類の作成や整理を行います。記録などのデスクワークはどの種別の介護施設でも大切な仕事のひとつです。午後は施設内でのクラブ活動やレクレーションの支援を行います。買い物同行や外出支援を行うこともあります。終業前に一日の記録を書き、また日中の様子を夜勤者に申し送ります。

夜間帯は巡視が中心で、コール対応も行います。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事