日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

介護老人保健施設への介護士・介護職の転職について

介護老人保健施設への介護士・介護職の転職

このページでは、介護士・介護職が介護老人保健施設へ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて説明していきます。

下記のポイントをしっかりと押さえ、納得のいく転職活動につなげましょう。

 

1.介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは、要介護状態の高齢者を受け入れる介護施設です。主として医療ケアやリハビリを目的としており、在宅復帰を目標としたケアが行われます。

運営は医療法人や社会福祉法人が行っており、比較的少ない費用で入所可能です。医療ケア・リハビリの充実といった利点がある一方で、長期入所が難しく一時的な入所しかできないといった難点があります。

 

在宅復帰を目的とするため終身制ではない

介護職員による、入浴・排泄・食事などの介助はありますが、掃除・洗濯などの生活支援はどちらかというと少ないです。あくまで身体の回復を目指すという目的の施設のため、終身制ではありません。

入所期間は3か月で、期間ごとに退所か入所継続かの判定があります。検討会議の結果、退所可能と判断されると退所となります。

 

2.介護老人保健施設への介護士転職注意点

結果

介護老人保健施設(老健)の利用者は3~6ヵ月程で退所する方が多いため、特養や有料老人ホームのように一人ひとりに寄り添った介護はなかなかできません。

大規模な施設ではひたすら業務しなければならず、他の形態の施設から転職する介護職はフラストレーションを感じるかもしれません。

各種委員会活動や研修も多く、業務以外にも時間を取られることが多いです。

 

気を使うことが多く人間関係がストレスになる

他の分野の専門職と一緒に仕事をすることは別の角度から介護を考える良い機会となりますが、その反面、意見の食い違いなどから、職場での人間関係にストレスを感じる場面もあります。

医療職と介護職の力関係で職場がぎくしゃくしてしまうといったケースもあり、気を使うことも多いです。特に老健は医療法人の運営による施設が多く、職場の中でも医療職の考えが主流になっていることが多くみられます。

 

採用時の面接は厳しく筆記試験があるところも

最近は、介護現場での人手不足が問題となっています。施設は人材を求めていますが、決して「誰でもいい」というわけではありません。

確かに求人も増えていますが、採用時の面接は厳しくなっているようで、筆記試験があるところもあります。

 

3.介護老人保健施設の働く介護士の仕事内容

車椅子に乗る老人

介護老人保健施設(老健)での介護職の主な仕事は、食事・入浴・排泄など、生活全般に関わる介護となります。

夜勤では、巡視による安否確認の他、コール対応・オムツ交換・体位交換なども介護士の仕事となります。

 

利用者の機能回復に向けた介護

特別養護老人ホームでの介護職の仕事と大差ありませんが、老健は在宅への復帰を目標としており、同じ介護でもより自立支援や機能向上を意識したものとなります。

支援相談員・医師・看護師・理学療法士などの専門職と連携を取り、積極的な機能回復に向けての介護に取り組まないといけません。

時には理学療法士の指導の下、歩行訓練などのリハビリに付き添ったり、作業療法士の指導を受け、園芸作業の声かけや手助けをしたりと、機能回復訓練に関わることもあります。

 

4.まとめ

介護老人保健施設は終身制ではないため、「特養よりきつくないだろう」というイメージがあるかもしれませんが、実際の仕事内容には大差ありません。

むしろ、介護老人保健施設では通常の介護にプラスして機能回復に向けたディスカッション・訓練・知識が必要となります。

様々な技術や知識が求められる職場だということを頭に入れておく必要があります。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事