日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビコメディカル評判
3.30
このページを共有する

理学療法士が総合病院・介護施設に転職するメリットデメリット

理学療法士が総合病院・介護施設に転職するメリットデメリット

理学療法士は医療系の職種に分類されるため、他の職種よりも良い待遇で働くことができると思い資格を取得した人も多いのではないでしょうか。

ですが実際理学療法士は、医療系の職種にも関わらず同年代の平均年収よりも低いなどと条件が悪い場合があります。理学療法士が転職を考える理由は様々だと思いますが、労働条件の悪さから転職を考える人は少なくありません。

理学療法士の転職先は主に「病院」・「老人保健施設」・「デイケア・デイサービス」になると思いますが、転職活動にあたってそれぞれの施設の特徴を知ることが転職成功の鍵となります。

そこで今回は、理学療法士が転職する時に考えられるメリットとデメリットを施設ごとにご紹介したいと思います。転職活動を始める前にチェックしてください。

1.理学療法士が総合病院に転職するメリット

介護施設

理学療法士が病院に転職したときのメリットは以下の通りです。

  • スキルアップすることができる
  • プライベートを充実させやすい
  • 安定した収入を得ることができる
  • 様々な人と関わることができる

総合病院は社則がしっかり制度化されているため、労働者にとって働きやすい環境である場合が多いです。

また、様々な診療科目を扱っているため経験を積むことができるのが病院の特徴です。スキルアップを目指す理学療法士に向いています

 

様々な症例を経験することができる

総合病院は理学療法士が活躍する他の施設に比べて最先端の医療を取り扱っていることや様々な疾患をもった患者が病院に訪れることから、圧倒的に経験できる症例数が違います。

リハビリに偏りがないので広範囲のリハビリを行うことができ、スキルアップや経験を積むことができます。転職をしたい、と考えたとき、この経験は必ず役に立つでしょう。

 

組織の体制が充実している

大きな病院では組織の体制がしっかりしていることが多いです。人員も確保されているため急な休みや長期休暇に対応してもらえる場合が多く、子育て中の方やプライベートの時間を大切にしたい人にはピッタリです。

1人いなくなってもみんなでカバーできる環境が整っていることは、安心して働ける職場の条件の1つです。

 

倒産や給与に対する心配がない

病院は経営が傾き倒産するということはほとんどありません。もし経営が傾いたとしても経営者を交代するなどして病院事態は存続していく、といったパターンが多いです。

経営状況によってボーナスに開きはあるかもしれませんが、月々の給与が突然大幅に減額といったことはなく、人生設計をしやすい施設といえます。特に守るべき家族などがいる場合は、これはとても大きなメリットになります。

 

各専門家がたくさん働いている

病院には様々な診療科目があるため、理学療法士の他にも医者・看護師・臨床検査技師・放射線技師など多くの専門家たちが働いています。各専門家の様々な知識や視点など情報交換ができる機会があるので、世界が広がるでしょう。

様々な人と関わりを持ち情報収集することは、これから理学療法士として働いていくにあたりとても役に立つはずです。

 

2.理学療法士が総合病院に転職するデメリット

悩む女性の陰

理学療法士が病院に転職したときのデメリットは以下の通りです。

  • 常に勉強しなければならない
  • 人間関係に悩まされる可能性が高い
  • 重労働になる患者を担当する可能性が高い

総合病院は診療科目が多く様々な経験ができることをメリットとして挙げている一方、それに対応する知識が必要なことから常に勉強することが強いられます

メリットばかりを見ずに、デメリットがあることも頭にいれておきましょう。

 

慣れるまでは苦労することが多い

病院には急性期の患者から維持期の患者まで、様々な患者が訪れます。理学療法士はそれぞれの患者に合ったリハビリを行わなければならず、頭に入れなければならない知識は多岐に及びます。

入職してから数ヶ月は、仕事と自宅での勉強の大変さから仕事を辞めてしまう理学療法士が多くいます。ですが1度覚えてしまえば仕事が楽になるので、慣れるまでの数ヶ月は頑張る時期だと思って勉強に励みましょう。

 

コミュニケーション能力が必要

病院には様々な患者やその家族・様々なスタッフが働いています。

患者とその家族に対してのコミュニケーションがとれないとクレームに繋がることもありますし、病院のリハビリは各専門家が協力して疾患を治していくといった方針なので情報交換やコミュニケーションは必要不可欠です。

高度なコミュニケーション能力が問われるため、人間関係に悩んで転職を考える理学療法士は多いようです。

 

自力で動けない患者のリハビリはとても大変

クリニックなどでリハビリを受ける患者は、基本的に自力で動くことができます。しかし総合病院では体を自力で自由に動かせない患者のリハビリを担当する可能性がでてきます。

その患者が小柄でしたらそこまでの体力を必要としませんが、体格の大きい人となれば特に女性理学療法士には辛い仕事となるでしょう。

体力に自信がない人は予めその旨を伝えておくか、力を必要としない体のサポート方法を学ぶ必要があります

 

3.理学療法士が介護施設に転職するメリット

バインダーを持つ男性

理学療法士が介護施設に転職したときのメリットは以下の通りです。

  • 楽しみながら仕事をすることができる
  • 国の介護サービスについて詳しくなる
  • 広い視点で物事を見ることができるようになる

介護施設では高齢者を相手にリハビリをするため、また病院とは違った仕事内容になります。高齢者と話すのが好きな方にはピッタリの施設です。

 

アットホームな雰囲気の中仕事ができる

介護施設は利用者に少しでも快適な環境で過ごしてもらうことを目標としています。ですので、リクリエーションを行うなど談笑の場を多く設けるなどしている施設が多いです。

介護施設で働くと毎日同じ利用者と顔を合わすことになるため、自然と信頼関係ができてアットホームな良い雰囲気の中働くことができるでしょう。

 

介護施設は時間がゆっくり流れている

介護施設では急変など滅多に起こらず、比較的ゆっくりとした時間が流れています。1日のスケジュールはありますが、カツカツではなくおおまかなスケジュールのため心に余裕を持って仕事に挑むことができるのが特徴です。

 

介護系サービスの知識をプライベートで活かす事ができる

介護施設では利用者の社会復帰や生活向上のために、理学療法士はリハビリだけでなく様々な介護サービスを提供してあげることが必要です。そのため国が行っている介護サービスや仕組みなどの知識がつきます

いつかはその知識が必要となる場面が必ず訪れますので、頭にいれておいて損はありません。仕事で覚えたことをプライベートで活かす事ができるのはメリットです。

 

様々なことに臨機応変に対応できるようになる

高齢者は転倒などのリスクが高いため、介護施設ではリハビリ室以外でも利用者の行動を注意深く観察する必要があります。担当の利用者に対してリハビリを行っている間も、他の利用者のことを気にしてあげる必要があるため、必然的に視野が広がります。

リスク回避する能力が自然と身につく・目配りや気配りができるようになるため、臨機応変に対応できるようになります。

 

4.理学療法士が介護施設に転職するデメリット

老人と仲の良い介護士

理学療法士が介護施設に転職したときのデメリットは以下の通りです。

  • 理学療法の仕事だけに集中できない
  • 理学療法士としてのやりがいを感じられない場合がある
  • スキルアップに繋がらない

本来介護施設には理学療法士を在籍させる必要はありません。ですので、介護施設での仕事内容はどうしても高齢者のお世話になってしまうため、本来の理学療法士の仕事である「失われた機能の回復」から大きくずれる可能性があります。

 

リハビリ以外の仕事を多く任される

介護施設で理学療法士はリハビリの仕事以外に、利用者の送迎・入浴介助・食事介助を任されます。これは介護施設で働く理学療法士の使命といっても過言ではありません。

ですので、リハビリだけに集中することが難しく、自分は理学療法士ではなく介護士ではないか、と思うこともしばしばあるようです。介護施設に転職するなら、このような仕事を任されることを覚悟しておきましょう。

 

マッサージを求められることが多い

病院のリハビリでは失われた身体機能を回復させることを目標に積極的に頑張る患者が多いですが、介護施設の利用者は回復というよりは維持や慰安を目的として理学療法士にマッサージを求めることが多いです。

自分の知識を発揮して患者の疾患を治してあげたいと強く感じている人にとってはやりがいを見いだすのが難しいでしょう。

 

別の施設に転職するのが難しくなる

介護施設では主に高齢者のお世話をすることが仕事内容になるため、スキルアップは望めません。介護施設以外の施設に転職しようと思っても、スキルが磨かれておらず知識も忘れてしまっているため転職しづらくなります。

将来、転職先の選択肢を広く持ちたいと考えているのであればスキルアップが望めない介護施設への転職は避けた方がよいでしょう。

 

まとめ

理学療法士が総合病院と介護施設に転職するメリットデメリットをご紹介しましたがいかがでしたか。知識を習得するのに努力は必要ですが、スキルアップを目指し、将来転職を考える人であれば総合病院がお勧めです。

特に理学療法士としてのやりがいは求めず、高齢者が好きで時間と心に余裕をもって仕事がしたい、といった人は介護施設を選択するのが良いでしょう。

どちらを選択するにしても言えるのは、選ぶ施設により待遇や仕事内容が違うということです。転職に失敗しないためには、入職する前に職場の雰囲気や実際の仕事内容などをしっかり確認しておく必要があることを忘れてはいけません。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士転職求人サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事