日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設

介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設

介護業界はとても離職率が高いです。その理由は、介護の仕事は辛いからです。せっかく介護に興味を持って就職しても、続かなければ勇気をだして転職した意味がありません。

仕事内容の辛さから仕事に行くのが嫌になり、すぐ辞めてしまうことを回避するため介護職未経験で転職する人は比較的楽と言われる施設を初めての就職先にすることをオススメします。介護職未経験が初めての職場にすべき施設を、その理由と仕事内容を含めご紹介いたします。

1.デイサービス(通所介護)を選ぶべき理由

白衣を着て説明する女性

デイサービスとは、利用者が自宅で出来る限り自立した生活を送れることを目的とする日帰りの介護サービスです。施設で日常生活動作の訓練を受けることにより一緒に暮らす家族の負担を減らしたり、施設で様々な人との関わりを持つことにより孤立や引きこもりになることを防ぎます。

 

デイサービスの仕事内容

デイサービスで働く介護士の主な仕事内容はこちらになります。

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • レクリエーション
  • 送迎業務

介助といっても自立している利用者が多いので、介護士の負担は少なく、わりとゆったりとした時間を過ごせることが多いです。

 

デイサービスは夜勤がない

デイサービスは名前の通り、日中のみの介護サービスです。夜勤がありませんので、夜勤をしたくないという方や主婦の転職に向いています。また、日曜日が休みである場合が多いのでそこもポイントです。

基本的にデイサービスに夜勤はありませんが、稀に施設により夜勤がある場合があります。日中のみの勤務について魅力を感じている人は、必ず面接の際に夜勤はないか聞きましょう。それを面接で聞いても落とす要素にはならないので大丈夫です。

 

利用者は自立している人が多い

デイサービスを利用する高齢者は要介護度が低く、自分で歩いたり食事をしたりすることができる人がほとんどです。ただ、少なからず身体機能は衰えているのでサポートをしてあげるのがデイサービスで働く介護士の仕事です。

業務時間は、利用者と一緒にゲームをしたり談笑したり楽しみながら仕事をする介護士が多いです。肉低的にも負担が少ないですから、初めての職場にオススメできます。

 

デイサービスは将来的な需要も高い

現在日本でデイサービスを実施している介護事業所は2015年4月時点で4万2,000箇所を突破していると発表されています。それほどデイサービスは認知度も高く、大手企業もデイサービス施設を作る予定しているなど、将来に向けて需要高くなってくる介護形態です。

1度デイサービスを経験しておけば、1度辞めてしまったとしても将来簡単に戻ってくることができるでしょう。

 

2.デイケア(通所リハビリ)を選ぶべき理由

車椅子に乗る老人

デイケアはデイサービスと混同されがちですが、デイサービスは通所介護であるのに対しデイケアはリハビリをメインに行うサービスです。デイケアではリハビリテーションの充実度が高く、医療関係者も多く配置されている職場です。

 

デイケアの仕事内容

デイケアで働く介護士の主な仕事内容はこちらになります。

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • レクリエーション
  • 送迎業務

デイサービスの業務内容とほとんど変わりません。デイケアもデイサービスと同じく元気な利用者が多いので介護士の負担は少ないです。

 

日帰りなので主婦でも働きやすい

デイサービスと同じくデイケアも日中のみの勤務で夜勤がありません。利用者の帰宅時間もしっかり決まっていますので残業することも少ないです。比較的早い時間に帰れるためストレスを溜めずに働くことができます。

 

利用者は元気になろうという意思がある

デイケア施設では医療依存度の高い高齢者を受け入れており、病院からの早期退院者を迎えています。利用者は、せっかく退院したんだし健康な体を少しでも取り戻して自立したい気持ちが強い利用者が多いです。

自立を諦めている利用者よりも、自立する意思がある利用者の方がはるかに介助しやすく、昨日までできなかった事ができた日にはとてもやりがいを感じることができます。介護の楽しさを知ることができる施設なので介護未経験者にオススメです。

 

様々な職種の人と関わるのでスキルアップに繋がる

デイケア施設はリハビリテーションをメインに運営されているため、他の介護施設より医療に従事した職種の人が多く働いています。介護士も利用者のリハビリに深く関わりますので、自然に様々な視点から物事を見る能力がつきます

この経験は次にもし介護職に転職するとなったとき、あなたのアピールポイントになるでしょう。

 

3.グループホームを選ぶべき理由

手を握りあう女性

グループホームは認知症の症状を持ち、施設の所在地と同じ市区町村の住民のみが入れる施設です。要介護度が高い利用者もいますが、自立した利用者もいるので一緒に食事・洗濯・掃除などを行います。自立支援をすることで認知症の進行を緩やかにすることを目的としています。

 

グループホームの仕事内容

グループホームで働く介護士の主な仕事内容はこちらになります。

  • 食事作りや掃除などの家事全般
  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • レクリエーション
  • 送迎業務

グループホームで働く介護士の仕事内容の特徴は、食事作りや洗濯・掃除などの家事をしなければならないことです。普段から家事をしている人だと手馴れているのでスムーズに働くことができます。

 

1人1人に時間をかけることができる

グループホームは少人数しか入居しておらず、アットホームな雰囲気のため1人1人に寄り添った介護ができます。個人に合わせた介護しなければならないため、自然と判断力が養われます。臨機応変に対応する能力は、どこの介護の現場でも求められるので嬉しいメリットです。

 

比較的人間関係が良い

グループホームはアットホームさをウリにしているため、利用者だけでなく働くスタッフも柔らかい雰囲気です。イライラしている人も少なく、本当の家族みたいな雰囲気の施設が多いのが特徴です。面接したときなどのスタッフの受け答えなどで判断できます。

 

4.仕事内容が楽な施設の見分け方

さわやかな笑顔の女性

楽と言われる施設にデイサービスやデイケアを推奨しましたが、そのような名称の全ての施設が楽だというわけではありません。また他の形態の施設でも、下記にご紹介するポイントをクリアしていれば仕事が楽な職場に就ける可能性があります。

仕事内容が楽な可能性が高い施設を見分けるポイントをご紹介しますので、転職の参考にしてみてください。

 

利用者の要介護度

仕事が楽か楽ではないか見分ける最大のポイントは、施設にいる利用者がどの程度の要介護度であるかどうかです。もちろん要介護度が高ければ高いほど介護士の仕事は増え、身体介助も多くなります

転職先を探す際は、自分が受けようとしている施設にどんな介護を必要としている利用者が入所しているのか確認することが大切です。要介護度が低ければ低いほど、利用者は自分で自分のことをしてくれるため介護士の負担は減ります。

 

施設の規模

大規模施設である場合、いくら要介護度が低い利用者しかいなくても忙しさのためパニックに陥りやすいです。また大規模ですとお風呂の時間なども事細かに設定されているので手際よく介助しないと時間オーバーになってしまいます。また、利用者が多いので必然的にクレームの数は多くなります。

小規模施設である場合は利用者1人1人とじっくり話す時間がとれるため、コミュニケーションを大切にしたい介護士にとってはとても働きやすい環境です。時間に余裕があることは良いことなので、介護職初めての施設は小規模施設をオススメします。

 

自分のしたくない仕事を明確にする

後々は要介護度が高い利用者も介護しようと考えているけれど、いきなりはちょっとハードルが高い…、と思っている方は多いでしょう。転職する際は、今の自分はどこまでの介護ができてどこからの介護がしたくないかを明確にする必要があります。

介護職を長く続けるためには、いきなりやりたくない仕事内容の施設で働くよりも自分ができそうな仕事内容の施設で働き、徐々に介護の幅を広げていくことです。

 

5.仕事が楽な施設のデメリット

バツを持つ看護師

初めての介護施設は比較的仕事内容が楽と言われている施設に入職するのがオススメと言いましたが、楽な施設を選ぶデメリットが存在します。そのデメリットをご紹介しますので、それを踏まえた上で自分の就職先を検討してください。

 

給与が低い

介護業界で楽と言われている施設は、介護職の中でも特に低いと言われています。楽な仕事選択をして働きやすい職場に出会えれば精神的も体力的にも楽ですし、未経験からの介護業界の転職でも長く続けられる可能性が高いです。

ですが給与面での不満がでてくるため、仕事が嫌で辞めるというよりは給与的にやってられない、といった理由で辞めてしまう可能性があります。もちろんデイサービス・デイケアでも、給与が良いところもありますのでそこを狙うといいでしょう。

 

正社員採用が少ない

日本は介護士不足で常に多数の求人が存在しますが、ここでご紹介したデイサービス・デイケアはその求人のほとんどが派遣やパートの求人であり、正社員求人はほとんどありません。

扶養内で働きたい、といった主婦の方には良いかもしれませんが、安定した長期雇用を求める人はデイサービスやデイケアの正社員求人を探すことは少し難しそうです。どうしても働きたい場合は、初めは派遣・パートから入り、後から正社員に迎えてもらうのが近道かもしれません。

 

まとめ

業務内容が楽で、未経験でも仕事が続きやすい施設を調べた結果、デイサービス・デイケア・グループホームの3つがオススメということが分かりました。心に余裕を持てる職場で働くことにより、無理なく自分のペースで介護を学べるでしょう。

ですがこのページでご紹介したように、業務内容が楽ですと給与が低かったり正社員雇用をあまりしていなかったりする場合があります。その点をしっかり把握した上で転職活動をしましょう。100%希望通りの職場はなかなか存在しないので、時にはなにかを妥協することも必要です。あなたにとって良い職場に出会えることを願っています。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事