日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

サービス付き高齢者向け住宅への介護士転職メリット・デメリット

サービス付き高齢者向け住宅への介護士転職メリット・デメリット

このページでは、サービス付き高齢者向け住宅への介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説明していきます。

下記のポイントを押さえ、よりよい転職活動をしましょう。

1.サービス付き高齢者向け住宅介護士の転職メリット

笑顔でガッツポーズする女性

介護士・介護職がサービス付き高齢者向け住宅へ転職した際のメリットは以下の内容が挙げられます。

 

身体的にも精神的にも負担が少ない

サービス付き高齢者向け住宅の介護士・介護職員の仕事は基本的には介護を行わないというメリットがあります。住宅はバリアフリーに対応した、高齢者専用、高齢者自立のための賃貸住宅です。

入居の基準は自立した生活が送れる、または軽度の介護状態の方のため、職員の仕事は見守り介護や相談役が中心となります。身体的介護サービスを提供するのは基本的には特定施設入居者生活介護の認定を受けている施設のみです。そのため身体的な負担はほとんどないと言っていいでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅では自立した生活を送れる高齢者が入居しているため、認知症の方が入居している施設も少ない傾向にあります。そのため身体的介護サービスだけでなく、認知症患者のケアと言った仕事もほとんどないためその分の負担が少なくなっています。

サービス付き高齢者向け住宅では入居者は自由に外部サービスを利用することができます。また住宅を運営している企業と提携しているサービスもあります。入居者は住宅で介護士・介護職員が提供するサービス以外は外部や提携先のサービスを利用するので、住宅の職員の負担は軽減されます。

サービス付き高齢者向け住宅では認知症や要介護度が重度になると、退去しなければならない、またはより手厚いサービスを求めて退去していく人が多いのが特徴です。そのため認知症や要介護状態が重度の入居者が多い施設に比べると、身体的にも精神的にも負担が軽減されている職場になります。

 

2.サービス付き高齢者向け住宅介護士の転職デメリット

体調が悪い女性

介護士・介護職がサービス付き高齢者向け住宅へ転職した際のデメリットは以下の内容が挙げられます。

 

二つの役職を担わなければならない

サービス付き高齢者向け住宅は訪問介護事業所と併設して建てられていることが多々あります。その場合、介護士・介護職員はサービス付き高齢者向け住宅の職員と訪問介護の職員の二役を行わなければならないというデメリットがあります。

二役を行う中で難しいのは、訪問介護の職員として利用者に接している時間はケアプランに記載のないサービスは原則行えないということです。当日のスケジュールを充分に把握し、訪問介護の時間中に提供できないサービスをお互いに理解する必要があります。

そして訪問介護の時間では不可能なサービスも、住宅の職員としての時間であれば提供可能なものも多くあります。そのため、二役を行ううえでの線引きが少々難しいのが現実です。

 

介護を一通りこなすための知識と技術が求められる

またサービス付き高齢者向け住宅は自立した生活を送れる、または軽度の介護状態の方が入居の対象となります。しかし入居時に介護状態が軽度でも、年月を重ねるにつれ介護度が高くなっていく可能性も大いにあります。利用者の介護度の変化が大きい一番介護が大変な時期に直面することもあります。そのためサービス付き高齢者向け住宅で働く介護士・介護職員にも介護を一通りこなすことのできる知識と技術力が必要とされます。

介護施設ではなく、あくまでも住宅として運営されているのがサービス付き高齢者向け住宅です。その中に見守り介護や相談役と言った役割の介護士・介護職員がいるという形態と取っています。しかし利用者家族の中にはその区別ができておらず、介護施設と同等のサービスを求める人も少なくないので注意が必要です。

 

3.サービス付き高齢者向け住宅介護士の平均年収、平均給与

お金の計算をする男性

サービス付き高齢者向け住宅で働く介護士・介護職員の平均給与は2015年11月現在では20万円~25万円、平均年収は250万円~300万円になります。

 

企業や地域、資格の有無によって大きく変わる

しかしこれは運営している企業や地域により変化があり、資格の有無によっても大きく変わってきます。中には年収500万円以上の求人を出している企業も多数あります。

 

夜勤の有無はしっかりと確認しておくことが重要

サービス付き高齢者向け住宅では夜勤を行わないところも多くあります。介護施設で働く介護士・介護職員は夜勤が必須のところも多く、給与にも夜勤手当が加算された額が支給されます。しかし夜勤がなければその分の手当ては支給されないため、給与面でプラスになるものも少なくなります。

そのため自分の体力と給与の支給額を考慮しながら、夜勤の有無は確認しておくといいでしょう。

 

仕事にかかる労力が給与に見合ってるかどうかを考慮しよう

また訪問介護事業とサービス付き高齢者向け住宅の介護士・介護職員の仕事が兼務になっている場所も多くあります。そのようなところでは平均給与よりは多少上がることもありますが、それほど大幅な違いはないのが現状です。

しかし仕事面では二役を担う分の労力がかかります。転職活動を行う際には給与の額も大事ですが、必要となるスキルや知識、そして仕事にかかる労力が給与に見合っているかも考慮に入れるといいでしょう。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事