日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ介護職評判
3.91
このページを共有する

介護職専用の転職サイトを使う際のポイント4つ

介護職専用の転職サイトを使う際のポイント4つ

介護職専用の転職サイトにおける注意点を確認した後、サイトを利用するメリット・デメリットについて説明していきます。最後に、それらを踏まえて、転職サイトを選ぶ際のポイントについて紹介します。ポイントを押さえて自分の希望に合う転職に臨みましょう。


1. 介護職専用の転職求人サイトの注意点

介護職専用の転職求人サイトを利用する際には、いくつか注意すべき点があります。ある程度名の知れた求人サイトであっても、利用者個人の状況や好みによって十分な恩恵を受けられないこともあるので、サイトの特徴が自分の目的とマッチしているかどうかを最初の段階でチェックしておきましょう。


サイトの求人数を確認する

まず、そのサイトの求人数を最初に確認してください。現在、介護士の数は全国的に慢性的な不足状況にあります。そういう状況ですので、本来介護士の求人は他の職種に比べて圧倒的に多いのです。それなのに、求人数をしっかり確保できていない求人サイトがあるということは、あまり運営に力を入れていないと言わざるを得ません。選択肢が増えるほど希望条件に適う案件に出会う確率は上がりますから、できるだけ全国対応の求人数の多い求人サイトを選びましょう

転職エージェントの態度に注意

転職エージェントを利用する際は、自分の希望条件とかけ離れた案件を執拗に勧めてくる場合、時間をかけて検討したいと言っても、必要以上に早く転職させようとする場合、紹介された案件を断ると露骨に態度が変わるような場合は、そこは利用を控えた方が得策です。

転職希望者に親身になってサポートしてくれるところは、こちらの要望をしっかりくみ取ってくれるはずです。

口コミは参考程度にとどめる

また、求人サイトを利用する際、ネット上の口コミを参考にするという方も少なくないようですが、良い口コミであれ悪い口コミであれ、それはその人個人の状況においては、という但し書きが付きます。口コミはあくまで参考程度にとどめ、自分の目で判断することを忘れないようにしましょう


2. 介護職専用の転職求人サイト利用のメリット

笑顔の男女

介護職専用の求人サービスはいくつもありますが、大きく分けると、専任のコンサルタントが付く転職エージェントと、求人情報だけを提供してくれる転職サイトの2種類があります。どちらにもメリットがあるので、それをしっかり理解して上手に使い分けることが、転職を成功させる近道となります。

転職エージェントでは専任コンサルトのサポートが受けられる

まず、転職エージェントのメリットですが、仕事探しから入職後まで専任のコンサルタントからサポートが受けられるというのが何よりも大きな点です。

在職中で十分な時間が取れない方でも、希望条件をしっかり伝えておけば介護業界に精通したコンサルタントがそれに合う案件を吟味してくれます。また、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策として参考になるアドバイスが得られますし、面接や入職日の日程調整や給与や休日といった条件の交渉を、応募者に代わって行ってくれます。

手間のかかる手続きや段取りに時間を取られることなく、履歴書作成や面接だけに集中できるのは転職希望者にとって大きな利点です。

転職サイトでは自分のペースで進めることができる

一方の転職サイトですが、コンサルタントが付かない分、すべて自分の好きなように仕事探しができます。最初から就きたい仕事が決まっている方や、じっくり時間をかけて自分のペースで吟味したいという方にはメリットが多いでしょう。

どちらであれ、介護職に特化した求人サービスですので、一般の求人サイトでは得られない介護業界に関する情報が得られるのは魅力です。

運営側は介護業界に精通しているので、介護士への転職にダイレクトに役立つ情報を幅広く提供しています。無料のセミナーや講習を主催するサイトもあるので、単なる仕事探しだけでなく、スキルアップにも役立ちます。


3. 介護職専用の転職求人サイト利用のデメリット

バツ印を作る女性

介護職専用の求人サービスは、介護職への転職を目指す方にとって大変有用な存在ですが、利用する側の目的とちゃんと合致しない場合は、デメリットに感じられる面もあるようです。専任のコンサルタントが付く転職エージェントであれ、求人情報のみを提供する転職サイトであれ、それぞれのサイトの特性と自分の希望とをよく照らし合わせてから利用するようにしましょう。

取扱う地域に偏りがある場合がある

まず、介護職に特化した求人サイトによく見受けられるのが、求人を取り扱う地域の偏りという問題です。

首都圏や大都市にお住まいの方であれば問題はあまり感じられないでしょうが、お住まいの地域によってはサイトによってまったく求人が見つからないというケースが考えられます。どうしても首都圏や大都市に求人が集中しやすいので、致し方ない面はありますが、利用する際は全国に対応しているサイトを選びましょう。1万件以上の求人数がある全国対応の求人サイトならば、どの地方であれ一定数の求人が見つかるでしょう。

エージェントやコンサルタントと相性が悪い場合がある

また、転職エージェントを利用する場合、エージェントや担当のコンサルタントによっては、仕事が決まるまでに予想以上に時間がかかる場合があります。

コンサルタントからなかなか案件を紹介してもらえないとか、自分の希望から外れた案件ばかり紹介されると不満に感じる人もいるようです。また、コンサルタントとの相性の問題もあります。担当者と合わないと感じられると転職活動への意欲もなくなりますから、そういったことを防ぐには2社以上に同時に登録して質の高いコンサルタントを探す努力をすることが大切でしょう。

また、転職サイトも同時に利用して、自分でも積極的に仕事を探すようにしましょう。


4. 介護職専用の転職求人サイトの選び方

ポイントを説明するしっかり者の女性

いまや介護職に転職を考える方にとって、介護職専用の求人サイトの利用は欠かせないものとなっています。ただし、その数は無数にあり、それぞれに特徴や強みがあるので、自分の仕事の探し方に合うサイトを見極めるのはなかなか簡単なことではありません。

転職を成功させるためにも、不適当なサイトに登録しないように注意して、自分の希望や状況に適したサイトを見極めましょう。

費用がかかるサイトに注意

まず、登録や仕事の紹介に費用がかかるサイトは真っ先に除外しましょう。通常の求人サイトは掲載企業からの広告費で運営されています。好条件の求人だからといって紹介料を取るようなサイトは信用できません。また、全国に対応していると謳いながら掲載求人数が少ないサイトも利用するメリットは少ないでしょう。

全国対応しているか、求人の数はどうか

目安としては全国対応で1万件以上の求人があることです。それ以下ですと、大都市以外の地域の求人はほとんどない場合が多いです。地方在住の方はできるだけ掲載数の多いサイトか、地元密着型のサイトを利用した方が仕事が見つかりやすいでしょう。

サイトが使いやすいか、情報が更新されているか

サイトの作り方や管理状況も転職サイトの良し悪しを見極めるポインになります。更新が滞っていて古い情報がいつまでも掲載されているサイトや、検索のしやすさを考えていないようなデザインのサイトでは、好条件の求人に出会える確率は極めて低いでしょう。

スマートフォンに対応しているか

また、スマートフォンに対応しているかも重要な点です。いまやスマートフォンを仕事探しに利用する人は、転職希望者の半数以上に上ります。利用者の便利を考えているサイトならば、すでにスマートフォン対応にサイトを改変しているでしょうし、そういうサイトなら、できるだけ好条件の求人を集めようという努力も怠っていないはずです。

転職サイトに登録する際は、上記の事項を検討してそれに適合するサイトに絞り込みましょう。

その際、1件のサイトだけでなく複数のサイトに同時に登録することをおすすめします。複数に登録しておけば、それだけ多くの選択肢が与えられるわけですし、サイトを比較することで良質なサイトを見抜く嗅覚が研ぎ澄まされるでしょう。

介護士転職求人サイト比較36社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事