日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイントについて説明します。

下記のポイントを押さえ、転職エージェントを活用してより良い求人を探しましょう。

1. 認可外保育園での主な仕事内容と他との違い

子どもを抱く男性保育士

認可保育園とは、児童福祉法に基づく保育施設で、設備、職員組織、衛生・安全管理など国の定めた基準を満たした保育園のことを指します。
認可外保育園とは、無認可保育園とも呼ばれますが、認可保育園以外のすべての保育施設のことを指します。

認可外保育園は、国の設置基準を満たしていないので、遊具など設備が不十分なところも多いですが、必ずしも認可保育園より劣るというわけではありません
認可外保育園は、民間企業や個人によって運営されているので、時間の融通が利きやすく、保育時間は施設によって異なります。
早朝保育、深夜保育、長時間預かりなどを行っているところもあり、そこで働く保育士は、シフト制などで交代で勤務することが多いです。

仕事内容は、園によってさまざまで、保育士資格がなくても働けるところもある一方、さまざまな行事を季節ごとに行っていて、その準備が大変という声もあります。

2. 認可外保育園の保育士の平均年収・平均給与について

自宅で悩む女性

認可外保育園は、認可保育園以外のすべての保育施設のことを指します。

よって、認可外保育園として一律的な特徴というものはなく、施設によって保育方針も経営状態もまちまちです。
認可外保育園には、東京都の認証保育園や神奈川県の認定保育園も含まれますし、個人が経営している小規模の保育室も当てはまります。

認可外保育園で働く保育士の給与は施設によって異なる

よって、認可外保育園で働く保育士の給与も、施設によってまったく異なり、コンビニのアルバイトより安い賃金で働かざるを得ないところもあれば、公立の認可保育園以上のところもあります。

ただし、平均すると認可保育園で働く保育士よりは少なくなっています。
認可外保育園の保育士全体の平均年収は約300万円となりますが、地域によって大きな格差があることが問題となっています。

厚生労働省の発表した都道府県別の平均年収ランキングによると、第1位の京都府は400万円近いのですが、最下位の福島県はなんとか200万円を超える程度となっています。

福岡県、三重県、鳥取県なども平均年収が200万円台となっており、この差は待機児童の数と反比例しています。
京都府以外にも、群馬県、石川県、富山県といった平均年収上位の地域は待機児童数がゼロである一方、ランクの下位に位置する地域は待機児童の数も多く、給与の低さから保育士のなり手が少ないことがわかります。

3. 認可外保育園の保育士の転職注意点

頭が痛い女性

認可外保育園は全国各地にたくさんあり、それぞれ保育方針も運営状態も異なります。

保育士不足ということもあって、さまざまな求人媒体で募集されており、無認可保育園で働くことはそれほど難しくないでしょう。
ただし、あまり深く考えずに簡単に転職先を決めてしまうと、のちのち後悔することも十分考えられます。

条件の良い保育士求人は非公開が多い

実は、条件の良い保育士求人は一般に公開されていることはあまりありません。

保育士の仕事はハードワークなわりに給与の低いことでも知られているので、他よりも給与や待遇が好条件な場合、一般公開では応募が集まり過ぎて、採用側に大きな負担がかかってしまいます。
そのため、優秀な人材を効率良く確保したいと考える保育園は、転職エージェントなどに非公開情報として限定的に求人を出していることが多いのです。

働く環境として適切かどうか判断するのには手間がかかる

また、保育園は実際働いてみないことには、求人票だけではどんなところか判断が難しいものです。

学生時代の先生や保育士の友人、子供を通わせた経験のある知人などがいれば、具体的な情報を聞き出すことも可能ですが、そうでなければ、地道に調査するか見学に行くなどして自分の目で見極めることが要求されます

しかし、応募する保育園のすべてを見学し、働く環境として適切かどうか判断することは、簡単なことではありません
時間や手間がかかりますし、見学の時だけ体裁を取り繕われることも考えられます。

保育士求人に特化した転職エージェントを利用しよう

比較的、安心・確実なのは、保育士求人に特化した転職エージェントを利用することでしょう。

専任のコンサルタントが付くところならば、求人探しから入職後までサポートしてくれます。
業界のコネを通じた内部情報をストックしている場合もあるので、ネットの口コミなど信用性の低い情報を頼るより、はるかに確実です。

希望の勤務地で多くの求人を扱っているか確認する

ただし、転職エージェントを利用する場合、注意すべき点があります。

転職エージェントによって得意としている対応エリアが異なります。
認可外保育園の数は全国至る所にあるので、いくら大手であってもすべての情報を網羅しているわけではありません。
利用前に自分が希望する転職地域で、多くの求人を扱っているかをチェックすることを忘れないようにしましょう。

4. 認可外保育園の保育士の転職メリット

ハートのクッションを持つ保育士

転職の理由は人それぞれであり、給与が少ないという理由もあれば職場の人間関係がいやになったという理由もあるでしょう。

保育士の場合、今のままでは自分の理想とする保育ができないという理由で、転職を目指すことも多いようです。
いずれにせよ、転職によりまったく新しい環境で働くことは、仕事に対し期待感と刺激が生まれるので、新鮮な気持ちで働けるというメリットがあります。

それぞれの園で特色ある保育内容を打ち出している

認可外保育園は、民間企業や個人など運営母体がさまざまで、それぞれ特色ある保育内容を打ち出しています
早朝・深夜保育や長時間預かりなどを売りにしているところもあれば、公立の保育園では経験できないような多彩なイベントを目玉にしているところもあります。

なかには、スポーツ教育や英語教育に特化したところや、モンテッソーリ教育のような専門性の高い幼児教育に力を入れているところもあります

規模の大きさが施設によってさまざまである

規模の大きさも施設によってさまざまで、数人の小規模施設から100人以上を抱える大規模施設まであります。

よって、引率力や保護者への対応能力を鍛えたいという方なら、預かり人数の多い大規模な保育園がありますし、将来、独立したいと考える方ならユニークな保育内容で子どもを集める経営センスに優れた保育園があります。

すなわち、認可外保育園に転職するメリットは、自分が保育士として伸ばしていきたい能力に合わせた勤務先を広く選ぶことが可能ということです。

自分に合った働き方を選択することができる

また、認可外保育園なら幅広い働き方に対応して勤務先を選ぶことができます。
正規職員として頑張りたい方から、扶養の範囲内で空き時間だけ働きたいという方まで、それぞれに適した求人を見つけることができるでしょう

5. 認可外保育園の保育士の転職デメリット

バツ印を作る女性

認可外保育園の保育士の転職デメリットとして挙げられるのが、これまで積み上げてきたものが新しい環境ではゼロになってしまう点です。

転職先の新しい保育方針に対応する必要がある

もちろん、子どもへの接し方に基本的な変化はありませんが、認可外保育園は施設によって特色がそれぞれ違うので、転職すればそのたびに新しい保育方針にのっとって業務方法を対応させていかなければなりません
経験のある保育士は、現場において非常に役立つ反面、「以前の職場ではこうだった」と前のやり方を通そうとする人は好まれません。

スタート時の給与や待遇は新人と同じ基準である

また、新しい職場では、多少はこれまでの経験が考慮されるものの、基本的には給与や待遇などは新人と同じ基準で始めることになります。
したがって、転職して収入がアップするというケースは極めて稀で、多くの場合、多少の収入ダウンを覚悟しなければなりません

公立の保育園と比べると、この点が認可外保育園で働くことの一番のデメリットに感じられるところで、保育士としての経験を重ねてもそれがそのまま収入に反映されないという問題があります。

それが原因で、一度現場を離れた保育士が職場復帰することなく、そのまま潜在保育士となってしまうというケースが頻発し、全国的に保育士不足という問題を引き起こしているのです。

職場をやめた理由をきちんと話せるようにしよう

また、保育士は比較的簡単に転職できる職種ではありますが、転職回数が多くなると「またすぐに辞めるのではないか」と思われて、採用が控えられる恐れが出てきます。
いくら経験豊富で保育技能に優れていても、転職回数の多さは有利に働くことはないので、面接では前の職場を辞めた理由を明確に説明できるようにしておく必要があるでしょう。

6. 認可外保育園の保育士の求人探し方のポイント

やんちゃな女の子

認可外保育園は全国各地にあり、多くのところでは十分な保育士を確保できていないため、これから転職を目指す方にとって、求人を探すのはそれほど難しいことではないでしょう。
ただし、認可外保育園は、施設によって業務内容も雇用条件も大きく異なります。自宅から近いという理由だけで転職先を決めてしまっては、のちのち後悔することも考えられます。

転職エージェントや人材紹介会社を利用しよう

求人を探すには、ハローワークや求人情報誌を利用する方法がポピュラーですが、現在の転職では転職エージェントや人材紹介会社を利用する方が、条件の良い職場を見つけやすいようです。

保育士に特化した転職サービスはいくつも存在するので、自分の希望勤務地の求人を多く扱っている会社に登録しておくと、自分から探さなくても最新の情報を手に入れることができます。
保育業界に詳しいコンサルタントがいるところでは、応募候補先の具体的な様子を教えてもらえる場合もあります。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事