日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

保育士転職で育児と仕事を両立させるための3つのポイント

保育士転職で育児と仕事を両立させるための3つのポイント

子育てをしながら正社員として保育士の仕事をする場合、自分の子供の育児ができないなどの悩みを抱えることがあります。そのような時には転職をするのが良いでしょう。

このページでは、正社員として働いている子育て中の保育士が、仕事と育児を上手く両立させるために知っておきたいポイントを3つ紹介していきます。

1. 保育士の勤務形態について

時計を持つ女性

保育園で仕事をする場合、通常勤務に加え早朝や夜遅くまで勤務することがあります。保育園の役割が家庭での保育の補完であるので、保護者が仕事を終えるまで子供を預かっていないといけないからです。

 

パート勤務なら比較的希望する日に休みが取れる

保育士の仕事で子育てが厳かになってしまう恐れがある時は勤務する保育園に相談するのが良いですが、人数の関係などでなかなかうまくいかない時は転職を考えると良いでしょう。転職の際にはパート勤務を希望するようにします。

パート勤務には早朝だけの場合、日中だけの場合、夜間の場合とに分かれており、主に保育士の補助としての仕事となります。お給料は低くなりますが、担任を持つことも少なく、比較的希望する日に休みをとることもできるので、自分の子供の行事などにも参加することができます。
転職を行う際には勤務形態に関して確認をきちんと行うようにします。

 

予め希望する時間しか働けないと伝えておくことが大切

どこの保育園でも保育士不足となっているので、最初の契約とは違い長い時間働いて欲しいとお願いされたり、休日に勤務してほしいと言われたりすることもあります。

転職先の保育園に勤務を開始してから言われると断りにくくなるので、あらかじめ家庭の事情を話し自分の希望する時間しか働けないと伝えるようにしましょう。

また、自分の子供が小さい時は具合が悪くなった時は休んだり、遅刻したりできるかどうかの確認もしておくようにします。 

 

2. 良い転職先の探し方とその基準

ガッツポーズをとる若い女性

子育てをしていると、保育士の仕事が上手く成り立たないことがあります。特に自分の子供が保育園や幼稚園に通っている年代の場合、子供の行事などが重なることが多く、自分の子供の行事に参加できないこともあります。

両親のどちらかが参加できれば良いのですが、現実問題として、夫に仕事を休むよう伝えることは難しく、社会的にも浸透していないため、どうしても母親に負担がかかってしまいます。このような時は勤務体制を変えるか転職を考えると良いでしょう。

現在勤めている職場から離れるのは勇気がいることですが、自分の子供の子育ても大切な仕事です。子供との時間が大切ということを学んでいる保育士だからこそ、思える気持ちでもあるので、仕事と両立できるような転職先を探すようにします。

 

ハローワークの利用が安心

良い転職先の探し方はハローワークなど安心できる職業紹介所に連絡を取ると良いです。

新聞などに掲載されてくる保育園などでも大丈夫ですが、園の名前を知ってもらうために出している場合もあります。ハローワークは求人票もしっかりとしており、求人票と違う勤務の場合は、ハローワークに相談をするとさりげなく保育園側に訂正するよう指導が入るので、トラブルになりにくくなります。

転職先を選ぶ際の基準

  • 休みたい時に休める
  • 担任を持たなくてもいい
  • 子育てに影響しない勤務時間である

転職をする際の基準としては、休みたい時に休めるか、担任を持たなくてもよいか、勤務時間は子育てに影響しないかなどを見ます。パート勤務を選んだ場合、担任になる可能性は少ないですが、経験年数が多ければ多いほどお願いされることがあります。担任になると休みにくくなるので注意するようにしましょう。

 

園の雰囲気を掴むことも大切

その他、園の雰囲気をつかむことも大切です。どんなに時間的にゆとりがあっても、園の雰囲気が悪いと何かあった時に休みにくくなります。パート勤務が多い保育園の方が、同じ悩みを持っている人が多いので、そういった園を転職先に考えると良いでしょう。

園の雰囲気を見るには面接前に園の周りや散歩をしている様子を見るということを行っておくと安心です。

 

長期間働く意思を伝えると採用されやすい

なお、子育て中は長時間の勤務は無理と伝えても、ひと段落ついたら長時間でも大丈夫だと伝えておくと採用されやすいです。保育園側としてもすぐにやめるようでは困るからです。

長期間働く意思があることを伝えておくことにより、前向きに考えているととらえられ、採用される確率が高くなります。

転職時期は3月か4月が良いでしょう。年度初めなど節目に転職を行うと早く転職先の雰囲気に慣れることができ、自分の生活も安定してきます。

 

3. 求人票・面接で確認しておくこと

チェック

保育士が転職を考えるのは現時点での勤務体制を変えることがきっかけとなることが多いです。保育園によっては人手不足のところがあり、自分の希望通りに休めないことがあるからです。

 

条件の詳細をハローワークの職員に問い合わせてもらおう

転職を考える場合は、早めにハローワークなどに通い条件の良いところを見つけると良いでしょう。転職をする際、求人票を参考にします。ハローワークでは求人票の形式がしっかりとしており、勤務時間や保育園の規模、働いている職員数などが細かく記載されています。応募条件や、勤務体制に関しても書かれています。

ですが、週休2日と書かれている場合、土日に休めるのかどうかは判断しにくい部分があるので、事前にハローワークの職員に問い合わせてもらうなどのチェックをしておくことが大切です。

 

条件を新たに提示されることを想定して面接に臨もう

転職先での面接に関しても求人票通りなのか、確認をします。書いてあることと違うことを言われることはまずないですが、条件を新たに提示されることを想定して面接に臨むと慌てることが少なくなります。

気に入った保育園の場合、どうしても合格したいと思い、無理な条件も受け入れてしまうことがありますが、子育てをしながらの仕事に無理は禁物です。しっかりと自分の条件を提示し、少しでも違う場合はきちんと聞くことが大切です。

 

長期休みの勤務体制など詳しく聞いておこう

夏休みなどの長期休みにはどのような勤務体制になるかも聞くと良いでしょう。お盆休みや正月休みにしっかりと休めるかどうかは子育てをしている時期は特に大切な条件となります。子供が病気になった場合はどのように対応してくれるのかも聞いておくと安心です。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事