日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

保育士が保育園求人を探す4つの注意点について

保育士が保育園求人を探す4つの注意点について

仕事を探す際に目にする求人広告や募集案内を確認したり、ネットで検索したりすると思います。保育士によってそれぞれ求める職は違うと思いますが、実際どんな点に着目して探していますか?

給与や通勤時間、園内の雰囲気など、職場を決める際に検討する材料はたくさんあります。ここでは、保育士の職を求めている人に知っていただきたい、保育士求人を探す際の注意点をご紹介します。

1.福利厚生のチェックは重要度が高い

チェック

求人広告を見る時には、どうしても給与欄を見がちになります。また、勤務時間や勤務形態なども気になることでしょう。

しかし、もっとも見て欲しいのは福利厚生の欄です。

福利厚生とは、社会保険制度や家賃補助、年金、子育て支援、保養所、社員旅行など、どんな待遇を受けられるのかということです。

 

職場の働きやすさが福利厚生でわかる

この福利厚生は、なんとなく目を通して、「社会保険制度があるなら十分」と考えてしまいがちです。しかし、この福利厚生が充実しているかどうかは、職場の働きやすさがどの程度かも、測ることができます。

 

福利厚生が良い職場は経営状態も安定している

福利厚生が行き届いている職場は、一般的に経営状態もよく、経済的な余裕があります。そのため給与も比較的よく、月給が高くない場合でも、賞与や昇給などの制度がある場合も多いです。

給与面が充実していると、保育士も集まりやすく、少ない人数で職場を運営するなどの無理な勤務環境になることは少ないでしょう。

また、保育園側が保育士の働き方やライフスタイルをできるだけ理解しようとする姿勢もあり、結果、保育士たちが長く働き続け、いい職場環境が保たれます

 

給与だけを見て決めると、給与の高さで多くの募集を得ている場合もあるため、人の入れ替わりが激しく、実際は職場環境が整っていないということもあり得ます。もっとも注目する点は福利厚生の欄であることを、肝に銘じておきましょう。

 

2.出産後も実際に働き続けられるかチェック

家族

女性の求職者の中には、将来自分も出産して子育てしたいと考える人は少なくないでしょう。

その場合、気になるのが産休や育休の制度です。最近では産休や育休の制度を設置しているところは増えていると言えます。しかし、実際に産休や育休を取得した人がいるかどうかが、大事なところです。

 

産休や育休実績を必ず確認する

福利厚生欄などの産休や育休の記載があった場合は、今までに取得した人がいるかどうかも、面接時などに尋ねておきましょう。

また、現実的には、産休を取得後に、フルタイムで働くことが難しくなることもあります。その際は時短勤務ができるのかや、パートタイム労働者として雇用形態を変えて務められるのかなど、あらゆる可能性を考えて職場を決める必要があるでしょう。

 

子育てしながらの転職活動は大変なものです。せっかく務める職場なのですから、長く続けられたほうがいいはず。将来結婚して出産してという希望があるなら、それを実現できる可能性のある職場を見つけられるのがベストでしょう。

 

3.福利厚生の充実度は法人が一番?

悩む若い女性

さて、福利厚生が充実していたほうがいいといいましたが、どのように充実した福利厚生の保育園を見つければいいのでしょうか。

福利厚生の充実した保育園を見つけたいなら、一番効率がいいのは大手や法人格の保育園からあたってみることです。いわゆる、いくつも保育園を運営しているような企業です。たくさんの保育園を運営していることによって、安定した経営をしているところは多いです。

そのため、福利厚生についても充実している可能性が高まります。

 

保育園だけ複数運営している企業は要チェック!

保育園だけを複数運営していても、現状は経営がギリギリであることもあります。できれば、介護施設などの他の福祉施設などを運営している企業であれば、より安心です。

他の事業を行うことで、十分な経済的な体力があると推測できます。

 

4.保育士専門エージェントに頼る

面接風景

保育園求人を探すうえでは、福利厚生が充実していること、運営母体が他の事業も行っていることがカギになることをお伝えしました。しかし、自分自身でそのような保育士求人に出会うのは、大変です。

求人サイトで検索するにも、そういった企業が求人を載せているのかは不明です。

 

自分でネット検索はかなり困難

有名な企業をインターネット検索して、一つひとつシラミつぶしに応募していくのもひと苦労。効率はいいとはいえません。そんな時には、保育士専門のエージェントや、保育士求人を扱っているエージェントに、依頼をするのが良いでしょう。

 

転職エージェントの流れ

転職エージェントに、福利厚生の充実している保育園に勤めたい旨を伝え、希望の勤務地や給与、労働時間などをあらかた教えておきます。すると、エージェントはあなたに合った求人を出している企業を、紹介してくれるでしょう。

 

非公開求人があることを知っておこう

大きな企業では、一手にエージェントと契約をして、採用活動を行っている場合もあります。一般の求人サイトには募集を出さず、エージェントにだけ募集をかけている非公開求人の場合もあるのです。

保育業界に詳しいエージェントなら、その企業がどれくらいの規模の企業なのか、経営はどのような状態なのかなどの情報にも詳しい可能性があります。

あなたにとって安心して務められる保育園を、きっと紹介してくれるはずです。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事