日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

児童発達支援とは?保育士が転職する際に把握すべき特徴や仕事内容

児童発達支援とは?保育士が転職する際に把握すべき特徴や仕事内容

「児童発達支援」という施設を知っていますか。児童発達支援とは、障がいを持つ子ども達(未就学児)に対して療育や自立支援を行う通所型の施設のことです。保育士が活躍する場は保育園だけではありません。

児童発達支援のニーズは高まっており、求人も増えてきています。何より障がいを持つ子ども達は、保育士を必要としています。このページでは、児童発達支援についての解説と児童発達支援で働くことについてのメリットなどをご紹介いたします。

1.児童発達支援は2種類の施設がある

運動する園児

2012年、障がい児にとって身近な地域で質の高い支援を受けられるように児童福祉法が改正され、スタートした制度です。児童発達支援は「児童発達支援センター」と「児童発達支援事業」に分類されます。それぞれの特徴を確認していきましょう。

 

児童発達支援センター

児童発達支援センターは各施設が持つ専門的な知識を活かし、地域の障がい児だけでなくその家族のケアも行う施設です。例えば家族から子どもに関する相談を受ければ、それに対し助言や援助を行います。各市町村に1~2箇所あります。

児童発達支援センターは「福祉型」と「医療型」の2種類に分類されます。対象者は以下の通りです。

  • 身体・知能・精神に障がいがある児童(発達障がい児含む)
  • 医師・児童相談所・市町村保健センター等から療育の必要性が認められている児童
  • 医療型に関しては、身体機能に障がいをもつ児童

これに該当していれば、手帳の有無は問いません。

 

「福祉型」とは

福祉型児童発達支援センターのサービス内容はこちらになります。

  • 日常生活を送るのに必要な基本動作や知識・技術の付与、集団生活ができるようになるための適応訓練など(児童発達支援)
  • 授業終了後や休業日に通所で、生活能力向上のための必要な訓練や社会との交流促進等を行う(放課後等デイサービス)
  • 障がい児が、保育園など集団生活を営む施設に通所している場合、その施設に訪問し必要な支援を専門的な視点から行う(保育所等訪問支援)

上記のようなサービスをする施設を「福祉型」の児童発達支援センターと呼びます。なお、放課後等デイサービスでの利用対象者は未就学児のみに限りません

 

「医療型」とは

医療型児童発達支援センターのサービス内容はこちらになります。

  • 身体の機能に障がいをもつ児童に対する児童発達支援と治療(医療型発達支援)

医療型児童発達支援を受ける際は、サービス料金の1割を利用者に負担してもらうことと定められています。

 

児童発達支援事業所

地域に住む未就学の障がいを持つ子ども達を対象に、日常生活を送るのに必要な基本動作や知識・技術を教え、保育園や幼稚園に通う同年代の子ども達と同じように遊びの場を提供する通所支援施設です。

児童発達支援センターでは家族のケアも行いますが、児童発達支援事業所では主に施設に通う子どものケアを行います。障がいに応じて質の高い支援を受けられるようにしています。通所しやすいよう、地域にはできるだけ多く施設が設置されています。

 

2.児童発達支援と保育園の違い

保育する女性

児童発達支援施設で保育士は歓迎されますが、普通の保育園で働く場合と児童発達支援で働く場合とではどんな違いがあるのでしょうか。児童発達支援で働くことを考えている保育士は事前に違いを確認しておきましょう。

 

児童発達支援では療育を目的とする

保育園での保育士の役割は、子ども達の発育のお手伝いをします。ですが児童発達支援では主に療育を行います。そこが1番大きな違いなのではないでしょうか。

療育とは、子どもが抱えている問題を医療・訓練・教育を通じて出来る限り克服することです。本来子どもが持っている能力を、専門スタッフによるアプローチ方法で最大限に伸ばします。

 

様々な分野の専門スタッフが勤務している

児童発達支援では、障がいを持つ子どもを最大限にサポートするため、様々な分野の専門スタッフが配置されています。ここでは、児童発達支援センターの人員配置基準を例としてご紹介いたします。

  • 嘱託医(1人以上)
  • 児童指導員(1人以上(子どもの数を4で割り算した数以上))
  • 保育士(1人以上(子どもの数を4で割り算した数以上))
  • 栄養士(1人以上、40人以下の施設は例外有)
  • 調理員(1人以上、40人以下の施設は例外有)
  • 児童発達支援管理責任者
  • 施設により必要な職員(理学療法士・言語聴覚士・心理指導担当職員など)
  • 聴能訓練担当職員・言語機能訓練担当職員(2人以上(難聴の障がい児がいる場合))

以上のようなスタッフが配置されています。

 

設備の基準にも違いがある

児童発達支援と保育園では設備基準や定員も大きく変わります。児童発達支援の設備基準や定員をご紹介いたします。

  • 利用定員は10名以上(重症心身障がい児が通所する場合は5人以上)
  • 事前に協力医療機関を定めておかなければならない
  • 遊戯室は1人あたり床面積1.65平方メートル以上を確保
  • 機能訓練室では定員10人程度、1人あたり床面積2.47平方メートル以上を確保
  • 医務室・相談室・調理室など、支援の提供に必要な設備と備品の準備

この他にも、主に知的障がいを対象とする施設は静養室を、主に難聴を対象とする施設は聴力検査室を設けることと定められています。

 

3.保育士が療育施設に携わる心得

赤ちゃんを抱く女性

施設に通う子ども・仕事内容が全く違う児童発達支援施設ですが、今まで保育園などで働いていた保育士が児童発達支援などの療育施設に携わる際に心得ておいたほうが良いことをご紹介いたします。働くことを考えている人は必ず確認しておきましょう。

 

療育方法や支援方法を学ぶことが必要

児童発達支援で働く場合、やはり両親から療育や支援方法などについて相談されることが多いです。答えれないことが多いと不信感を与えてしまいますし、施設で働くスタッフがすぐに質問に答えてくれたほうが両親としては安心して施設に預けることができるでしょう。

ですので自分が働く施設に通う子どもの障がいを理解しておくための勉強は必須です。初めは大変かもしれませんが、知識を深めれば自信をもって療育することができるので頑張りましょう。

 

子ども1人1人と深く向き合うこと

保育園でも子ども1人1人と深く向き合うことが大切だったと思いますが、児童発達支援に通う子ども達とはより深く向き合い、観察してあげなくてはいけません。保育士がそうしてあげないと、子どもは生活能力を最大限に伸ばしていくことが難しくなります。

子どもの発達段階に応じて、その子に合った療育や集団生活の楽しみを教えてあげることが重要です。就学前は自立や社会性を学ぶ大切な時期です。早いうちから保育士がどれほど質の良い支援をしてあげるかどうかで、その子の未来が変わるといっても良いでしょう。

 

4.児童発達支援で働く保育士のメリットデメリット

顎に手を当てて悩む女性

保育士は児童発達支援で一体どんな仕事を任されるのでしょうか。一般の保育園とは仕事内容や保育士に求められるものが随分変わります。保育士のあなたが児童発達支援で働きたいと思った時に、知っておきたい仕事内容や、メリットデメリットをご紹介します。

 

児童発達支援での仕事内容

児童発達支援で働く保育士の主な仕事内容は次の通りです。

  • 子どもの送迎(お迎え・お見送り)
  • 日常生活支援(身の回りの世話・排泄など)
  • 屋内外での遊び
  • 行事
  • 給食やおやつなどの提供と補助
  • 日報の作成

保育園で働く保育士と一見仕事内容は変わらないように見えますが、対象の子どもは障がいをもっているため、保育士の負担は保育園と比べ大きくなります

 

児童発達支援で働くメリット

保育士が児童発達支援で働くメリットは以下の通りです。

  • 子ども1人1人とじっくり関わることができる
  • 障がいについて理解を深めることができる
  • 障がい児への対応のプロフェッショナルになれる
  • 社会貢献できる
  • 将来的にニーズが高い
  • 専門的な知識を得ることができるので転職しやすい

児童発達支援で障がいをもつ子どもたちの療育をするのは大変ですが、普通の保育園の保育士として働いていては得られない知識を得ることができるのは大変メリットと言えます。

それを活かせば、転職したいと思った時比較的容易にできる可能性が高いですし、プライベートにも知識を活かすことができる機会があるかもしれません。

 

児童発達支援で働くデメリット

保育士が児童発達支援で働くデメリットは以下の通りです。

  • 専門知識を身につけるため相当な努力が必要
  • 保育士の知識だけでは完璧にケアすることができない
  • 子どもに合わせたケアプランの作成が必要
  • スタッフの間で知識や経験の差が出やすい
  • 様々な専門スタッフとのコミュニケーションが欠かせない

考えられるデメリットはご紹介したようなことですが、コミュニケーション力があり、努力ができる人であれば問題ないでしょう。

 

5.児童発達支援の保育士求人について

パソコンを使う女性

実際に児童発達支援の保育士求人内容はどのような内容なのでしょうか。施設により募集要項は様々ではありますが、一般的な児童発達支援の求人についてタメになる情報をご紹介したいと思います。

 

求人自体は少なめである

児童発達支援のニーズは高まってきている一方、施設の数はまだまだ充分とは言えません。そのような理由から、児童発達支援の求人が出ていることは少なく、募集人数も少数であるのが現状です。

もしあなたが児童発達支援で働きたいのであれば、求人サイトに登録して専任スタッフに協力してもらったり、働きたい施設が決まっていればその施設のHPなどから求人情報がでていないか確認しましょう。どちらにせよこまめにチェックすることが必要です。

 

自動車免許が必要な施設が多い

車での子どもの送迎が必要である施設が多いことから、応募資格に普通自動車免許と記載している施設が多いです。自動車免許を持っていない人はとっておいた方が良いでしょう。また、車での送迎をすると運転手当てがつく施設があることも頭の片隅に置いておきましょう。

 

児童発達支援の勤務時間と休日とは

勤務時間はどこの施設でも朝9時前後~夕方18時前後です。固定の施設もあれば、ローテーション制を採用している施設もあるので要チェックです。

休日は、完全土日祝日休みといった施設は少ないです。また、月に1.2回程度土日祝日出勤がある施設が多いです。

 

気になる児童発達支援の給与とは

基本給を17万~19万くらいに設定している施設が多いです。それに年齢や経験、その人が持っている資格などを考慮して算出していきます。この他にも各種手当てがつく施設もあります。手当てなどが多くつく施設では給与が高くなります。

正社員として働けば、賞与がでる施設が多いのも特徴です。もちろんその他福利厚生も受けることができます。

 

6.児童発達支援管理責任者とは

紹介する女性

児童発達支援管理者とは、障がい児分野においてのケアマネージャーです。児童発達支援では、児童発達支援管理者という人を配置しなければなりません。児童発達支援管理者は常に周りに目を配り、その子に合った最適な療養プランを立てて実行する必要があります。

 

児童発達支援管理者になるための要件

児童発達支援管理者になるためには、業務範囲に応じた資格・実務経験・研修の受講が必要です。

  • 相談支援業務経験で要件を満たす場合…施設・特別支援教育・就労支援センターなどの施設で5年以上の経験
  • 直接支援業務経験で要件を満たす場合…施設・特別支援教育・医療機関などの施設で10年以上の経験
  • 有資格者が経験で要件を満たす場合…保育士・社会福祉主事などの施設で5年以上の経験

実務経験とは別に、各都道府県が実施する「児童発達支援管理責任者研修」の受講が必要です。3日間程度の研修です。

 

相談支援業務とは

日常生活を送るにあたり支障がある障がい者の自立について、相談・助言・指導などで支援を行うことです。

 

直接支援業務とは

障がい者に対して直接入浴・排泄・食事などの支援を行い、また、その家族にたいしても支援に関する指導を行うことです。

 

児童発達支援管理者の給与について

管理者になると、もちろん仕事内容が多くなり責任も重くなります。具体的には、請求事務・相談支援・支援計画の作成などを任されます。ですので児童発達支援管理者の給与は高いです。

施設により金額は違いますが、月給30万円程度は見込めるでしょう。月給アップを目指したいのであれば、児童発達支援管理者を目指してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

児童発達支援について詳しく解説いたしましたが、いかがでしたか。保育士は保育園以外にも必要とされている施設があることが分かっていただけたでしょうか。子どもを教育することにやりがいを強く感じる人には、児童発達支援はオススメです。

児童発達支援は保育園と比べて大変かもしれませんが、その分やりがいを強く感じられます。また、教育者としてスキルアップを図りたい方や保育士として給与アップを目指しているかたはチャレンジする価値がある職業でしょう。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事