日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

保育士転職で人間関係がいい職場を見極める4つの方法

保育士転職で人間関係がいい職場を見極める4つの方法

保育の現場はスタッフたちのチームプレーが必要とされています。その上残業が多く1日あたりの就業時間が長くなりがちなので、そこで働くスタッフたちの人間関係は、そのままその職場の働きやすさに影響するでしょう。保育士は女性が多く、職場によっては女性しかいないということもあり得るため、人間関係も難しい面を含んでいます。

転職を決める前にまずはその職場の人間関係がどんなものかをチェックしておくことをお勧めします。


1. 常に求人を出している保育園に注意

注意点を叫ぶ

まず求人の時点でその職場の人間関係をある程度見極めることができます。例えば常に求人を出している保育園は要注意。常に保育士が不足しているのは、入職してもすぐに辞めていく保育士が多いことを意味しているのかもしれません。

保育士の場合、業務内容はどこも似たようなものになるため、それでも長く続かないというのは仕事内容への不満ではなく人間関係への不満である可能性が高いでしょう。毎年3人以上の求人を出している保育園は何らかの理由があると考えておいてください。

2. スタッフの年齢層が若い場合に注意

悩む若い女性

同様の理由で、スタッフの年齢層がやたらと若い場合も要注意。入職したスタッフが長く続かないので常に新しい人が入っている証拠かもしれません。逆に5年以上勤めている保育士が多い職場は、人間関係に問題がなく満足のいく職場であると考えられます。


3. 職員の表情と子供たちの様子に注目

子どもを抱く男性保育士

保育園の雰囲気を直に見てみるのも人間関係を見分ける鍵になります。保育士職員の表情に余裕があり笑顔が見られる、また職員同士の会話も多く、笑い声が聞こえてくるようなところは人間関係のよい職場と判断できます。子供たちの様子も園内の雰囲気を反映しますので、これもチェックしてみてください。

子供たち自身がのびのびしていて保育士を慕っている様子が見られれば、スタッフとしても働きやすい職場と考えて良いでしょう。


4. 園長や主任保育士の態度に注目

 採用担当者

園長や主任保育士の態度も人間関係を見極めるもう一つの鍵になります。職場の雰囲気を作るのは、そのようなスタッフの上に立つ園長や主任保育士ですから、彼らの態度や言葉遣いはその保育園の人間関係を物語っている可能性が高いでしょう。

例えば話し方が高圧的だったり命令口調であったり、感謝や褒め言葉がなかったりする場合には要注意です。逆に面倒見が良く誰に対しても平等に接することのできる人が園長や主任保育士であれば、働きやすい職場であると推察できます。

園長や主任保育士は、面接の際の面接官の1人である場合も多いので、面接時にさりげなくチェックすると良いかもしれませんね。

しかし実際に1~2回保育園に足を運んでその様子を見てみたとしても、それだけではこれらのポイントをチェックしきれないかもしれません。

もし転職エージェントを利用して転職活動をしているのであれば、担当のエージェントにその職場の人間関係や雰囲気について尋ねてみると良いでしょう。多くの求人サイトでは予めそのような一般ではなかなか知りにくい情報もきちんとリサーチしているので、是非活用してみてください。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事