日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

保育士にとってベストな求人を探す4つのポイント

保育士にとってベストな求人を探す4つのポイント

保育士として働くなら、もちろん自分に合った職場を探したいものです。でも、自分にとってどんな職場が向いているのか、イメージできていないという人もいるでしょう。ここでは、保育士にとってベストな求人を探すための、4つのヒントをご紹介します。

保育士として働くうえで、どんな点に注意すればいいのか、どんな点にこだわるべきなのかなど、内容に沿って自身にも問うようにしてみてください。

1. 最低限の給与を知る

kyuuyo

保育士としてだけでなく、これは働くすべての人が考えるべきことです。自分が思い描いている生活をするには、どれくらいの給与が必要なのかは、現実的に考えることが大切でしょう。一人暮らしの方は、とくにシビアに考えることが必要です。

給与は少なくとも家賃の倍以上が望ましい

まず、家計の中で大きな負担となる家賃の部分ですが、一般的には給与の1/3〜1/4くらいに抑えることが必要だと言われています。ただし、保育士の場合はなかなかこの比率を保つことが難しい場合も少なくありません。最低でも給与の半分以下が家賃になるようにして、月数万円は貯金ができるようにするのがベストです。

働き始めは最低給与からのスタートが多い

求人広告の給与欄を見ると、16万円〜24万円と、幅を持って書かれていることが多いですが、基本的には低い方の16万円からのスタートだと思っておいたほうが無難です。もちろん、保育士経験がある人の場合は、経験が考慮されることもありますが、まずは最低限の給与からで働くことが多いようです。

「賞与あり」の記載に注意

また、賞与についても気になることですが、「賞与あり」と書かれていても、「業績により」などの注意書きがされている場合は、必ず支給されるとは限りません。また、初年度は支払われないなどの場合もありますので、気になる場合は事前に尋ねるようにしましょう。

昇給に期待してはダメ

昇給についても、イメージより昇給しないという事例は多いです。昇給については、どんな頻度で確定されるかなど、事前確認するようにしましょう。

2. 求人サイトを利用する

 自宅でパソコンを開く女性

まずは、良い職場とはどんな求人でしょうか。上記のように給与面についても比較的高額で、福利厚生も充実した働きやすい職場が、みんなが理想とする職場でしょう。

そのような企業が、どのような場所に求人広告を出すかというと、一般的な求人広告サイトや、エージェントなどです。どちらも採用をするのに、何十万円もの費用がかかりますが、裏を返せば、その費用を負担できるだけの、経済的な余裕があるとも言えます。

保育園とハローワークの関係

よく、求人を探すためにハローワークへ行く人も多いと思いますが、保育士の求人については、ハローワークで探すのは余りおすすめできません

ハローワークで保育士を求人して採用すると、保育園側に国から助成金が出るという制度があります。つまり、ハローワークで採用活動をした方が、保育園側にお金が入るというメリットがあるのです。

助成金目当ての保育園環境は芳しくないことが多い

となると注意したいのが、中には助成金を目当てにハローワークへ求人している保育園も出てきてしまうという点です。そのような保育園は、経営が思わしくなかったり、待遇面でも充実しておらず、実際酷な現場であることも少なくありません。

求人サイトの活用がおすすめ

求人の募集内容を見てみないと確実には判断できませんが、わざわざハローワークへ行って求人を探すよりは、パソコンやスマホから気軽に使える求人サイトで検索するほうが、メリットはあると言えるでしょう。

3. 雇用形態では妥協しない

バツ印を作る女性

自分に合った働き方をしたいと漠然と思っている人は多いものです。その中で、アルバイトならば気軽に、時間にとらわれずに働けると思っている人もいると思います。でも、実際はアルバイトを選ぶことには、いくつかのリスクもあります。

正社員とアルバイトの違いは福利厚生

正社員とアルバイトの一番大きな違いは、福利厚生が受けられるかどうかです。福利厚生とは、社会保険や有給休暇などの待遇のことです。アルバイトの場合も、働く日数や時間によっては保険や有給が適応される場合もありますが、ほとんどの保育園は低コストで人材を確保したいので、ギリギリ適応されない条件で雇用することが多いです。

そのため、アルバイト求人では、保育園で働くことはできても、正社員のような福利厚生が受けられない場合がほとんど。有給もないため、休暇を取れば取るほど、収入は減ってしまいます。

もちろん、アルバイトはほとんどが時給ですので、残業をすれば基本的にはその分の給与はもらえますし、正社員だと残業代を加味した月給が支払われる場合もあります。しかし、安心して有給を使えるという点だけとっても、雇用形態は妥協しないほうがいいでしょう。

正社員であり残業が少ない職場こそベストな求人

もし、より働きやすい職場を探したいのであれば、正社員であり、残業の少ない職場を探すべきです。それが長い面で見れば、あなたにとってもベストな求人だということができます。

4. 自分のライフプランを加味して探す

ヴィジョンと書かれた道

女性の場合は、結婚だけでなく出産なども自分の人生設計の中に組み込んでいる人が多いと思います。自分にとってベストな求人を探すには、そのようなライフプランも加味しておいたほうがいいでしょう。

よりよい保育士の求人とは、やはり働きやすさと継続しやすさにあると思います。中には人間関係や保育方針が気になる人もいると思いますが、給与面や待遇面はプライベートにも影響するものですので、妥協せずに自分にあった求人を探すようにしましょう。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事