日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

保育士に転職する場合の注意点5つ

保育士に転職する場合の注意点5つ

保育士の職業に不満はないけれど、違う保育園へ転職したいと考えている人は多いことでしょう。色んな職場で働きたい、他の保育士との人間関係がうまくいかないなど、人それぞれの理由があると思いますが、転職する際にはどんなことに注意すればいいのでしょうか。

1.まずは自分の理想の職場をイメージする

笑っている女性

転職したい!今の職場を辞めたい!と、感情的に思いつきのように転職を考える人もいると思います。しかし、自分はどうして転職したいのかを考えなければ、履歴書を送るにも、どこへ送ればいいかわからなくなってしまいます。

まずは、自分がどうして転職したいのかを掘り下げて考えましょう。今の職場に気の合わない上司がいるからなのか、勤務シフトがハードだからなのか、保育方針に疑問を抱えているからなのか、きっとさまざまな理由が見つかってくるはずです。

2.求人サイト選び

ハローワークで求人検索する女性

今や、転職活動をネット上で行うのは当たり前になってきました。多くの保育士専門の求人サイトもあり、その求人サイト選びにも困惑している人は多いのではないでしょうか。

まずは無料サイトから

求人サイトを選ぶ際には、もちろん自分の求める求人が載っているかどうかが大切になります。まずは有料サイトではなく無料サイトに登録し、希望する条件を入力して、求人情報があるかどうかを確かめましょう。有料のサイトにも希望の求人は掲載されているかもしれませんが、無料のサイトで見つかるのであれば、それに越したことはありません。無駄な費用と時間をかけないためにも、まずは無料のサイトから検索していくようにしましょう。

得意とする地域に偏りがある場合がある

サイトによっては、地域別に検索できるものもあるのですが、実際はそのサイトによって得意な地域が限られているものもあります。これについては、検索していると自然とわかるようになります。なんだか関東の求人ばかりが出てくるなとか、中部圏の求人は全然ひっかからないなと、検索しているうちにわかるようになるでしょう。

検索してみて自分が探したい地域が全く出てこないのであれば、潔く他のサイトを検索するようにしてみてください。

3.こんな専門コンサルタントに注意

面接をする女性

保育士の転職をスムーズに行うなら、専門コンサルタントにアドバイスをもらえるサイトを利用したり、エージェントへ登録するのがおすすめです。専門コンサルタントは、あなたが希望する職場の雰囲気、勤務条件、福利厚生などの内容をしっかりと理解し、多くの求人からおすすめの保育園を探してきてくれます。

しかし、ここでの注意点は、この専門コンサルタントの質です。「専門コンサルタントが対応します」と謳っていても、名ばかりのコンサルタントしかいない、こちらの希望が全然わかっていないという人が担当することもあります。

他のサイト・エージェントへの移行も視野に入れる

もし、専門コンサルタントの質に疑問を感じたら、他のサイトやエージェントへと移行することをおすすめします。なぜなら、専門コンサルタントは一人ひとりの技量にもよるかもしれませんが、多くはそのエージェントの教育制度が充実していないからです。

コンサルタントは、エージェントとしての知識も必要ですし、保育士という仕事への理解や、保育業界にも精通していないとできない仕事です。時間を無駄にしないためにも、専門コンサルタントがきちんとこちらの意向を汲んでくれる、他の頼れるエージェントを探しましょう。

4.面接時に確認しておきたいこと

チェックする女性

保育士の転職活動をしていると、いくつか面接へ行くこともあるでしょう。その時には、あらためて求人広告や募集内容に記載されていたことが本当かどうか、確認したほうが安心です。

勤務時間

勤務時間が8:00〜16:00と書いてあっても、実際は残業がたくさんあったり、「もしかしたら遅番を頼むかもしれません」というような、予備的な情報が付加されるかもしれません。基本的には求人広告には嘘は書いてはいけませんが、先方が、「あれから方針が変わった」「実は求人広告会社の間違え」なんてことを言い出せば、予期しない勤務形態にも納得しなければいけないかもしれません。

福利厚生

念の為に面接時に聞いておけば、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。福利厚生などもそうです。「出産後に復帰できます」とは書いてあっても、実際は復職制度を利用した人が1人もいないということもあります。もし、自分が産後に復職したい際には、スムーズに手続きがいかないことも加味して置かなければいけません。

保育園の方針や雰囲気

また、保育士の転職をするときには、保育園の方針や雰囲気をきちんと把握しておきましょう。保育士さんがよく転職理由にあげるのは、園の教育方針に疑問を感じるからだといいます。どんなモットーを掲げていて、実際にどんな活動をしているかなどを、確かめるようにしてください。

5.時間を確保してから転職活動を

 時計を持つ女性

上記にも記しましたが、まず、どうして転職をしたいのかを考え、求人サイトを選び、適した専門コンサルタントを見つけることが、よりよい転職への近道です。実際に面接に行っても、ちょっとイメージと違うということはありえます。そうすれば、またイチから転職先を探さなければいけないことになります。

転職をする際は、ブランクを空けたくないという思いから、慌てて転職先を決めてしまいがちです。しかしそれでは、重大な見落としがあったり、本当はもっといい出会いがあったかもしれない…と、後悔することになるかもしれません。

注意点はさまざまありますが、とにかく時間を確保してから転職することが、一番大切なことです。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事