日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

男性保育士への転職面接でアピールしたい3つのポイント

男性保育士への転職面接でアピールしたい3つのポイント

保育士は慢性的に人手不足な業界です。そのため、転職者にとっては、多数の求人があるため一見容易であるように感じられます。しかし、実際には採用へのハードルも相応に厳しいため、準備と対策を怠ってはいけません。また、男性で保育士への転職を考える場合、どういったことを面接でアピールすれば良いか悩まれる方が多くなっています。そこで今回は、男性保育士への転職面接でアピールしたい4つのポイントについてご紹介します。

 

1.男性保育士として実務経験がある場合は積極的にアピールしよう

男性の後姿

転職で保育士になりたい場合、実務経験があるか否かによってまずハードルが分かれます。資格だけあっても、実務経験がない、もしくは少ない場合は、無資格者と同列に扱われてしまいます。

 

即戦力となる人材であることをアピールしよう

専門技術は生き物であり、常に実務についていないと衰えてしまいます。そのためとりあえず資格だけ取るって、違う仕事をした後に保育士になるという選択は、あまり推奨されません。雇用する側は、常に即戦力となる人材を歓迎するからです。そのため、これまで保育士として働いて来れれた方は、積極的に自分が即戦力となる人材であることをアピールしましょう。

 

保育士という仕事を理解していることをアピールしよう

特に保育士の場合、業務は基本的に朝から夕方までですが、その後に事務などの仕事があるために、定時で帰れない日もざらにあります。また、保護者との応対や、問題のある子供の世話等もあいまって、心身ともにハードな業務となります。そのため、実務経験がない場合、保育士という仕事が、イメージしていた仕事と違ったと言ったような、ミスマッチが起こりやすく、就労から数年で、辞めてしまう人が後を絶ちません。求人先としては、できるだけ長く勤務してもらいたいため、ミスマッチが起こりにくい実務経験者を採用する場合が多くなっています。

 

2.男性保育士だからこそできる保育をアピールしよう

オーケーサインを作る男性

面接の場でどのようなことをアピールしていけば採用されやすくなるのでしょうか。まず一番大切なのは、男の自分にしか出来ない保育が絶対にあるのだということを積極的に伝えていくことが大切です。

 

男児とアクロバティックな遊びができることをアピールしよう

例えば身体を使ったアクロバティックな遊びというのは、女性よりも男の方が筋力がある分向いています。特に男児の場合は女性よりも男の大人と仲良くしたいことが多いので、その点も強みになるとして訴えていけば良いでしょう。

 

子供達を危険な目から守れることをアピールしよう

それから男の場合は体力や力がありますので、子供達が何らかの理由で危険な目にあったとしても、とっさに助けることが出来ます。かけっこをして転んでしまった子供であったとしても、ひょいと抱きかかえて助けてあげることも出来ます。それから保育所に子供を預ける保護者としては、男性の保育士が在籍してくれていた方が何かと安心だと思っている人もいるものです。

 

3.子供が好きなことや保育への関心の高さをアピールしよう

ペンキだらけの少年

最近の世の中においては、男で保育の仕事を志す人というのは、とても重宝されるのです。なのである程度強気で自信を持って面接の場に臨むようにすると良いでしょう。

 

子供が好きだという情熱をアピールしよう

男性だけでなく、女性保育士にも言えることですが、子供が好きでこの仕事を志したのだということは、大前提として伝えていく必要があることは言うまでもありません。保育士というのは、そもそも子供が好きでなければ、なかなか続かないお仕事です。

今は雇用の現場においても男女平等がささやかれていますので、保育の現場にも男性の保育士というのは沢山います。一昔前までは保育士イコール女性という固定観念を持つ人が大勢いたものですが、今では違います。例え男性であったとしても子供が好きだという情熱がある限り、保育の現場においては十分に受け入れられるものなのです。

 

保育への関心の高さをアピールしよう

保育への関心の高さは、基本的に高評価となるので、最近の教育事情や、待機児童の問題といった時事ニュースまで、普段から軽くでも関心を持っておくと、さらに有利となります。求人先によっては、面接で「最近の待機児童の問題に対してどう思うか」や「あなたが考える保育士とは」と保育に対してどれくらい関心があるかの質問を行う所もありますので、しっかりと応えられるように、日頃から気をつけておきましょう。

 

まとめ

面接当日は、どうしてこの業界に転職したいのかを、はっきりとした声で告げます。モンスターペアレントや学級崩壊といった教育、保育業界の暗雲から、新しい人材はまずトラブルを起こさないかどうかが慎重に見定められます。それを示す手段は限られた時間でのアピールしかないので、今回ご紹介した4つのポイントを中心に積極的に発言していきましょう。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事