日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

タイプ別・保育士志望動機の例文集

タイプ別・保育士志望動機の例文集

保育士が就職・転職活動をするにあたってしっかり準備しておきたいのが、志望動機。採用担当者はあなたが何故その保育園で働きたいのかを知りたいと思っています。それによって今後長く働けるのか、またどのように働いてくれるのかをある程度推測することができるからです。

そこで、印象を良くする志望動機の例文を、保育士のタイプ別にご紹介します。

1. 保育士未経験

ハートのクッションを持つ保育士

保育士の仕事を選んだ理由をアピール

「私は昔から小さな子供と接することが大好きだったので、大学は迷わず保育学科を選びました。保育実習では様々な失敗もしましたが、最後には子供たちに『行かないで!』と別れを惜しんでもらえ、この仕事にやりがいを感じることができました。幸いなことに健康に恵まれ、体力にも自信があります。子供たちと外で元気いっぱいに遊べる保育士になれると思います。」

保育士未経験者の場合、自分が理想とする保育理念を語るより、何故保育士の仕事を選んだのかを語る方が良いでしょう。加えて保育士の仕事は未経験者が想像するよりはるかに体力を使う仕事なので、健康や体力に自信があることもアピールしましょう。

異業種からの転職も可能

「ずっと企業のオフィス内で働いてきましたが、学生時代に保育士の資格は取得していました。今回あらためて保育士として働きたいと思ったのは、やはり自分は子供が好きなんだと感じたこともそうですが、何より自分が一母親として子育てに当たり、安心して預けられる保育園を探すのに苦労したからです。貴園を見かけたときに子供たちが本当にのびのびとしていて保育士を慕っている様子を目にし、ここでなら信頼できる保育士として働かせていただけそうだと思ったからです。」

異業種からの転職の場合でも、子育ての経験があればそれを保育士の資質としてアピールすることができます。またその保育園を選んだ理由についてもきちんと説明されている点も好印象です。

2. 保育士経験あり

子どもをあやす女性保育士

前職への気遣いと応募先への熱意をアピール

「前職では、必要最低限の保育士だけで経営していく方針だったため、子供1人1人と丁寧に関わり合うことができませんでした。貴園では十分な数のスタッフを置き、子供1人1人に目を配ることができるよう配慮されているとのことで、私が理想とする保育を実現できると思いました。」

同職種での転職の場合、何故前職を辞めたのかは面接官にとって最も気になるところ。前職を悪く言わないように気をつけながら、応募先が前職より自分にとって魅力的であることを納得のいくかたちで説明しなければなりません。

3. 保育士としてブランクがある

時計

復職したいと考えた理由をアピール

「新卒として5年間保育園で働いていましたが、結婚を機に退職しました。その後出産し、自分の子供が保育園に通うようになった時に、先生方がイキイキとお仕事をされているのを目にしてうらやましくなり、やはり自分も保育士の仕事が好きなのだ、とあらためて実感しました。子供も小学校にあがり手を離れたので、もう一度保育士として働きたいと希望しています。」

ブランクがある場合、何故復職したいと思ったのかを説明することが大切。子育ての経験があれば、それをブランクを埋めるツールとしてアピールしましょう。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事