日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.56
このページを共有する

企業内保育の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

企業内保育の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、企業内保育の保育士転職で知っておきたい6つのポイントについて説明していきます。

下記のポイントを押さえ、保育業界に特化した転職エージェントを利用することで効率良く転職を進めましょう。

1. 企業内保育士の主な仕事内容と他との違い

赤ちゃんを抱く女性

企業内保育とは、企業が自社で働く従業員のために開設した保育施設で行う保育のことです。

企業の建物の中に併設されている場合もあれば、近隣に設置されている場合もあります。
その企業の従業員が出勤時に子どもを預け、退勤時に迎えに行くというシステムとなります。

企業内保育所では、こどもの日や雛祭りなど季節ごとのイベントはあるものの、保護者が同じ企業に勤めており同時に休みを取れないので、保護者参加の運動会や遠足といった大きなイベントはありません。
よって、そこで働く保育士の主な仕事は、受け入れ、遊び、食事、昼寝といった日常的な業務になります。
夜勤のある企業では夜間保育も実施しているので、保育士は子どもの夕食から寝かしつけまで担当することになります。

2. 平均年収・平均給与について

貯金箱をもつ女性

企業内保育士の給与は、施設を運営する企業の規模によって大きく異なります。

勤務形態は、正社員、契約社員から派遣社員、パート、アルバイトまでさまざまですが、保育士も施設を運営する企業の従業員ということになるので、給与形態や有給休暇制度などが明記されていることが多く、認可外保育園のなかでは比較的条件の良い職場が多いといえるでしょう。

従業員数が1000人未満の企業の企業内保育所であれば、他の認可外保育園の給与と大きく変わることはなく、平均年収は310万円程度となっています。
求人票を見ても、正社員で月給が15万~20万円のところがほとんどで、非常勤では時給950~1200円の範囲が平均的なところです。

これにプラスして資格手当として数千円付く場合もありますし、夜間保育を実施しているところでは夜勤手当も付くようです。
正社員ならば賞与が出るところもあるので、年収350万円を超える人も多いようです。

1000人超の従業員を抱える大企業となると、企業内保育所の保育士の収入はずっと高くなり、平均年収が620万円となっています。
大企業であるほど、従業員の給与形態や福利厚生がしっかりしており、資格手当のほかに特殊業務手当や住宅手当、交通費全額支給なども付き、勤続年数に従って昇給していくので、保育士の待遇も良くなる傾向にあります。

3. 企業内保育の保育士の転職注意点

オーケーサインを出す女性

近年、働く女性の増加とともに企業内に保育施設を併設する企業が多くなりました。

朝、出勤時に子どもを預け、退勤後に迎えに行き、一緒に帰路につくというスタイルがポピュラーになっています。
企業内保育所で保育士として仕事をする場合、必ずしも保育士資格を必要としないので、多くの保育士志望者が転職候補先に選んでいます。

ただし、採用側としては保育経験を重視していることが多いので、応募の際は保育について明確に自分の意見を述べられるようにしておく必要があるでしょう。

もちろん企業内保育所だからといって、保育の質が変わるわけではありません。
当然ながらケガや事故などのトラブルにはしっかりした予防策が必要ですし、もし発生した場合の対応は迅速で適切なものが求められます。

また、保育施設の規模は規模によってさまざまで、定員が数人のところから数十人のところまであり、企業の仕事の性質によって延長保育や夜間保育が必要なところもあります。

さまざまなケースに対応できる力が求められる

運動会などの大きなイベントはないところが多いものの、子どもが日常生活を楽しく送れるように工夫する努力は必要でしょう。

企業としても、自社の従業員が安心して仕事に携われるように保育施設を設置しているわけですから、保育士としても子どもの環境を常に良くすることを念頭に、自立した判断で保育に取り組み、さまざまなケースに対応できることが必須となります。

保育施設の運営が不安定

また、社内に保育施設を開設する企業が増えているので、多くの人に企業内保育士として活躍できるチャンスがあることは確かですが、一方で、施設の運営コストなどの面で廃止・閉鎖してしまう企業も少なくありません

設備が不十分なところもありますし、保育士を十分に確保する余裕のないところもあります。

大手企業の求人は高倍率である

傾向としては、大手企業ほど企業内保育所も充実していますが、そういうところは応募者が殺到してすぐに締め切られてしまいます。

大手の企業内保育所を希望するのであれば、求人情報をいち早く手に入れられるようにしておくべきでしょう。
知人の紹介があれば理想ですが、なければ転職エージェントなどを利用して、情報を逃さないようアンテナを敏感にしておく必要があります

4. 企業内保育の保育士の転職メリット

赤ちゃんを抱く女性

一般的な保育園から企業内保育所に転職した人によると、さまざまな面でメリットが感じられるとのことです。

まず、企業内保育所では、保護者が同一企業で働いている人同士であることがほとんどなので、運動会や遠足など保護者も一緒に参加する大きなイベントはあまりありません
保護者が皆、同じ日に休みを取ることができないという理由があるからでしょう。

余裕のある保育ができる

よって、保育士の仕事としては、預かり、遊び、食事、着替え、お昼寝といった日常的な保育が中心となります
クリスマスやこどもの日、雛祭りなど季節ごとの行事は行うものの、施設内の飾りつけ程度の付加的業務があるぐらいですので、ハードな現場で働いてきた保育士の方ほど余裕のある保育ができるでしょう。

労働環境が整っている

また、企業内保育所は、給与体系や福利厚生など、労働環境がきっちり整備されているところが多いのも特徴です。
一日の労働時間や有給休暇の取得など運営母体となる企業の規定に準じていることが多いので、保育士としては安心して働ける環境といえるでしょう。

残業がほとんどなく、合った場合もきちんと支払われる

一般の保育園では、行事の準備や職員会議、研修会などのために夜遅くまで残らなければならない場合が多々ありますが、企業内保育所ではそういうことはほとんどなく、もし残業する必要が発生したとしても、きっちり残業代が支払われるという安心感があります。

仕事は仕事と割りきる風潮がある

個人で運営している認可外保育園などでは、業務時間以外にも自発的に職場に残って片付けや手伝いなどをせざるを得ない雰囲気のところがありますが、企業内保育所では、業務に関しては基本的にビジネスライクに進められるといった特徴があります。

5. 企業内保育の保育士の転職デメリット

ソファに座りながら悩む女性

企業内保育所は認可外保育園になるため、設備や職員組織、安全・衛生管理など国の定める設置基準を満たしていません。
そのため、保育士の人数にも規定がなく、企業によっては保育士が一人当たりで担当する子どもの人数が多くなる場合があります

保育士に対して子供の数が多くハードな場合がある

保育施設の規模は、預かり定員が10人以下などの小さいところが多いですが、なかには30人以上の子どもを預かる施設もあります。
保育士の人数が十分に確保できていないところでは、その分仕事量も多くなり、これまでの職場よりハードな業務になる可能性があります

施設のスペースも企業によってまちまちで、社内の限られたスペースを利用して運営しているところもあるので、保育の設備が不十分なところも多くあります。

保育士ひとりひとりが主体性を持つ必要がある

企業は保育に関して理解がないことも多く、そういう場合、配慮が行き届いていないと感じられることもあるでしょう。
安全面に細心の注意を払いつつ、日々の保育が単調なものにならないよう、ひとりひとりの保育士が主体性をもって仕事に臨む必要があります

子どもたちに充実した生活を送ってもらうためには、保育士ひとりひとりが工夫してアイデアを出していかなければなりません。
これまで、先輩保育士の言われるままに仕事をこなしてきただけという人には、デメリットと感じられる面ですが、逆に考えると、自分なりの理想とする保育を実現できる場でもあります。

デメリットとばかり考えず、チャンスと捉えて、与えられた環境を最高のものにしていく努力は必要でしょう。

6. 効率良く求人を探すポイント

自宅でパソコンを開く女性

企業内保育所では、運営が大手企業になるほど、保育士の給与や休日など待遇面は良くなる傾向にあります。

ハローワークで閲覧しているだけではダメ

なかには公立保育園以上の待遇で迎えてくれるところもありますが、そういうところは希望者も多く、採用までの倍率は非常に高くなります
求人が出ても、すぐに締め切られてしまうことが多いですから、ただハローワークで求人を閲覧しているだけでは、なかなか希望の求人を見つけることはできないでしょう。

保育業界に特化した転職エージェントを利用しよう

条件の良い企業内保育士の求人を見つけるには、保育業界に特化した転職エージェントを利用するのがもっとも効率の良い方法です。
業界に精通したコンサルタントが、希望に沿った求人を紹介してくれます。
時間がなくて思うように転職活動が進められないという方には、手間暇が省けるだけでも利用価値のあるサービスです。

一般の求人媒体に公開されていない好条件の案件を扱っていることも多いので、登録して損はないでしょう。

保育士転職求人サイトおすすめ比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事