日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビ保育士評判
3.73
このページを共有する

上京サポートありの保育士転職で知っておきたい4つのポイント

上京サポートありの保育士転職で知っておきたい4つのポイント

このページでは、上京サポートありの保育士転職で知っておきたい4つのポイントについて説明していきます。

下記のポイントを押さえ、保育士求人に特化した転職支援サービスを利用することで、転職活動をスムーズに進めましょう。

1. 上京サポートありの保育士転職のメリット

リュックを背負う女性

保育士の方が上京して働くことには多くのメリットがあります。まず、求人数が他のエリアより断トツに多いことです。
保育士の求人を専門に扱う転職サイトはネット上にたくさんありますが、それを見てもおわかりのように、中身は大半が東京近郊の求人です。

希望の条件で転職できるチャンスが多い

認可保育園、認証保育園、企業内や院内の保育施設、その他の認可外保育園など施設形態が豊富で、正社員・契約社員・派遣社員など勤務形態も幅広く用意されています

土日休みなど希望に沿った条件で転職できるチャンスも多くあります。

首都圏の保育士の給与水準は全国トップレベル

また、首都圏は保育士の給与の水準が全国トップレベルです。

東京都の保育士の平均年収は約470万円と、全国平均の310万円を大きく上回ります
上京して転職すれば、ほとんどの場合、今まで以上の収入が得られるでしょう。

上京サポートのある求人を利用しない手はない

以上のように、上京して転職することには、保育士の方にとってメリットが多々ありますが、一方で、どうやって住居を見つけるのかという問題があります
転職先を決める前に上京して住居を探す必要がありますが、土地勘のないところではスムーズには行きませんし、東京の住居は家賃が非常に高額です。
そんな方の助けとなるのが上京サポートのある求人です。

都心の求人を見ると「上京サポートあり」と記載された案件を多く見つけることができますが、このようなところでは上京する転職者を優遇してくれます
相場の半額以下の家賃で住むことのできる社宅や社員寮があるところもあれば、家賃を一部負担してくれる住宅手当を支給するところもあります。

住居探しに悩むことなく、かつ、住居費を安く抑えられる「上京サポートあり」の求人はメリットにあふれています。

2. 上京サポートありの保育士転職のデメリット

スーツケースを持って悩む女性

東京など首都圏の保育士求人には、転職で上京することを希望する保育士のために、住宅費などをサポートしてくれるところがあります。
上京希望の転職者にとって、転職は仕事内容も周りの人たちも変化するだけにとどまらず、生活環境がこれまでと一変するわけですから、苦労することが多いようです。
そういう負担を軽減してくれる上京サポートのある求人は、転職者にとって多くのメリットがあります。

上京サポートといっても、そのサポート内容は、各事業所によってさまざまです。
社宅や社員寮などを用意している場合もあれば、家賃の一部を補助する住宅手当を支給してくれる場合もあります。
それぞれメリットのあるサポート内容ですが、よく考えて応募しないとのちのち後悔しないとも限らないので注意が必要です。

家賃の一部補助では生活が苦しくなる

まず、東京は家賃の相場が全国一高く、エリアによっては、ワンルームのアパートが地方で一戸建てが借りられるほどの家賃のところも珍しくありません。
住宅手当で家賃の一部を補助してくれるとはいっても、せいぜい3万円程度と上限が決まっています。

東京の保育士の給与が全国平均を大きく上回るとはいっても、転職者は新人と同程度の条件でスタートすることが多く、最初のうちは月に手取り15~17万円程度がほとんどです。
家賃の一部を負担してもらったとしても、保育士の給与では生活が苦しくなることが予想されます。

社宅や社員寮に入るのはよく考えてからにしよう

社宅や社員寮ならば相場の半額以下の家賃のところが多いですが、同じ建物内に先輩や同僚が住んでいる点がデメリットになることもあります
仕事とプライベートを切り離したい人にとっては、煩わしさを感じる可能性が高いでしょう。

3. 上京サポートありの保育士の転職注意点

自転車に乗る女性

東京は、地方に比べ保育のニーズも多様で、かつ、保育士の人数が不足しているため、地方では見つけにくい好条件の求人が豊富にあります
そういうわけで、転職を希望する人のなかには、これを機に上京して働こうと考える人も多いのです。
「上京サポートあり」と謳った保育士の案件は、こうしたニーズに応えて保育施設の各事業所が提供しているサービスです。

サポートの内容は応募先によってさまざま

一口に上京サポートといっても、そのサポート内容は募集先によって異なります。

会社が保育園の近隣に職員の住むことのできる物件を契約している社宅制度もあれば、社宅と同様、会社が契約している物件ですが、その建物の居住者はその保育園の関係者のみとなる社員寮もあります。
また、家賃の一部を補助する目的で支給される住宅手当という形のサポートもあります。

社宅や社員寮に住む場合はよく考えてから

社宅と社員寮では、先輩や同僚が近隣や同じ建物内に住んでいるので、コミュニケーションを深めるうえでは便利ですが、プライベートは仕事と切り離したいという人にはデメリットに感じられることもあるでしょう。

家賃は収入の3分の1程度に収めよう

しかし、家賃は相場の半額以下のことがほとんどなので、住居費の高額な東京でも安心です。

それに対する住宅手当は、家賃の半額に相当するほどの金額は支給されないものの、住みたいエリアから自由に住居を選ぶことができるというメリットがあります
ただし、東京は基本的に地方より家賃相場が高く、エリアによっても差があるので、初めての東京でふさわしい住居を探す場合は注意を要します。
目安としては、家賃が収入の3分の1以下に収まる範囲で探すとよいでしょう。

保育士求人に特化した転職支援サービスを利用しよう

ただ、こうした上京サポートのある求人を探すのは、慣れていないと独力では難しい面もあります。

住居を自分で探す場合には、入職に先立って上京して不動産屋巡りをしなければなりません。
転職によって、仕事とともに生活スタイルがすべて一変するわけですから、求人選びは慎重にならざるを得ないでしょう。

独力での求人探しに不安がある場合は、保育士求人に特化した転職支援サービスを利用するのも良い方法です。
こういうサービスでは、住居探しと面接が無理なく行えるよう、スケジュールを組んでくれるので便利です。

4. 上京サポートありの保育士求人の探し方

自宅でパソコンを開く女性

首都圏の保育士求人には、地方の保育士を積極的に採用するべく上京サポートを用意している事業所が増えています。
ただし、住み慣れた町を離れて転職することには、求職者にとって大きな負担が伴います。
転職活動・住居探しの宿泊費・交通費といった経済的負担だけでなく、頼れる人のいない環境での転職活動は精神的にもハードです。

保育士求人に特化した転職支援サービスを利用しよう

上京サポートありの求人はハローワークでも見つけることはできますが、上記のこともあり、なるべく負担の少ない方法で転職したいという方は、ネット上の保育士求人に特化した転職支援サービスを利用することをおすすめします。

上京サポートありの求人を取り揃えているところも多く、地方の求職者の視点に立った住居探しや引越しに係るアドバイスや、面接の調整など、万全のサポート体制を備えているところもあります。

保育士転職求人サイト比較27社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事