日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.56
このページを共有する

営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職の転職において、面接は自己アピールの重要な場です。面接で合格するには、今まで培ってきたスキルや、これまでに得たノウハウをうまくアピールする必要があります。

今回は営業職で合格を目指すあなたのために、どういったスキルやノウハウが必要とされているかをまとめました。面接の前に、ぜひご一読ください。

1.顧客開拓スキルと実績をアピール

結果
顧客開拓とは、新規開拓とその固定化、また既存顧客の深耕も含めた顧客作りを意味します。顧客開拓力は、いわば営業職にとって一番大切なスキルであり、ノウハウです。

 

アピールの仕方について

アピールに際しては、まず前職での担当顧客数を述べます。業種が違うと比較が難しいものですが、営業活動のバロメーターとして把握しやすいのが担当顧客数です。全体の顧客数を伝えたら、前任者から引き継いだ数と新規に開拓した数を概数でいいので伝えます。

特に『自分が担当になってから、顧客をどれだけ増やしたか?』といった点は重要なので、数字で語れるように、面接前に情報を整理しておく必要があります。

ただ数字で語るだけではなく、新規開拓の顧客数と一緒に営業職の工夫や努力といったノウハウを話に盛り込むことも肝心です。自分の人脈もあれば、既存顧客から紹介、交流会などのネットワークを通じての獲得など、より具体的な獲得方法を述べ、努力してきた結果であることを説明しましょう。

 

2.営業に欠かせない幅広い知識をアピール

本を読む男性
営業には自社の製品やサービスに関する専門知識が当然必要ですが、加えて自社には関係しない幅広い知識や情報を収集できることが、営業職の重要なスキルの一つです。

顧客との会話の中で役立つ情報提供ができ、顧客の話をヒントに自社製品の売り込みに持ち込む力は、幅広い周辺情報や経済知識、社会情勢などを知っていての結果です。

 

知識の幅や深さをしっかりとアピールすることが重要

面接で知識の幅の広さや深さを、具体的に説明することは難しいですが、たとえば履歴書の中の特技・趣味・資格などの項目に、自分の能力や興味の範囲が多岐にわたると、暗に示しておくと良いでしょう。

面接の中で自己アピールを求められたら、ストレートにこれらの項目を紹介し、「いろんなことにどん欲に興味持っているのが強みです。」とはっきり明言します。「たとえば?」と質問を受ければチャンスで、具体的な趣味や興味、人脈などを紹介し、それは自分の営業活動にも役立ってきたとアピールしましょう。

 

3.時間管理力と無駄のない行動計画

スケジュール
目に見えないものですが意外と重要なスキルに、時間管理力があります。そして、優秀な営業マンは例外なく、無駄のない行動計画を作るノウハウを持っています。

行動計画を示す代表的なものは、顧客の訪問計画です。既存顧客のメンテナンスと新規開拓をうまく組み合わせて、デイリー・ウイークリー・マンスリーで時間軸を変え、面接時には訪問計画を立てる力をアピールしましょう。

 

時間管理能力は重要なスキル

また、よく聞かれる質問で「営業活動に一番大事なことは何ですか?」というものがあります。この質問に対して「時間管理」を第一に上げる営業マンが多く見受けられます。

なぜなら「時間管理」はれっきとしたスキルであり、時間管理を考えのベースにした「行動計画」は、経験則で積み上げられたノウハウです。前職時代の営業スケジュールを見せるなど、面接官がイメージしやすいように工夫してアピールしましょう。

 

4.営業マインドと情報コーディネート力

コミュニケーションをとる男性
営業職の方は、「行列の先に何があるかに興味を示せ!」という言葉を、耳にしたことがあるかもしれません。

優秀な営業マンは、行列の先に評判のスイーツがあるのを知っていて、得意先の訪問前に並んで買っておき、手土産に持参するというわけです。これは顧客を喜ばそうとする営業マインドと、評判のスイーツ情報を営業活動に活かせる情報コーディネート力があって、初めてなせる一つのスキルです。

顧客への手土産に限らず、顧客との付き合いを深めて受注増につなげるための顧客深耕は、新規開拓と並んで営業職にとって非常に重要です。

例えば、担当者の冠婚葬祭情報や異動情報などを事前に入手して、ポイントとなる日には必ず訪問しましょう。そして日頃のご愛顧に応えるご挨拶、プレゼントをするなど、顧客深耕には、競合社の切り崩し策に合わないための重要なノウハウが必要です。

面接の際は、この営業マインドと情報コーディネート力をアピールしましょう。顧客がどのように喜んでくれたか、自身の売上にどのようにつながったかなど、面接官に具体的なエピソードを交えて伝えることがポイントです。

 

面接は必ず数字と具体的な実績で語る

グラフをパソコンで作成
ここまで、営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウについて書きました。いかがでしたでしょうか?

本稿でも再三述べている通り、数字と具体的な実績を交えて語ることで、いっそうリアリティが増し、面接官に確実にアピールすることができます。

面接前は友人に時間を作ってもらい、何度かシミュレーションをするのも良いでしょう。意識せずとも言葉が出てくるようになれば、あなたの受け答えはだいぶスムーズなものになっているはずです。

営業職転職求人サイト比較19社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事