日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.56
このページを共有する

20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の女性が転職をする時は目先の好条件だけを見るのではなく、トータル的なライフプランを念頭に置いた転職活動を心がけましょう。

20代前半は社会に出てわずかな期間しか経っていませんから、これからキャリアをどんどん伸ばしていける年代です。

しかし、数年後には結婚や出産といった人生の節目を迎える可能性が高いことを考慮し、出産後も働きやすい会社を選ぶことが大切です。

このページでは、20代前半の第二新卒女性に絞って転職する注意点とメリット・デメリットを紹介しています。

 

1.20代前半女性会社員の平均年収

携帯を持って考える女性

まずは第二新卒に該当する女性の平均年収から確認していきましょう。平均年収を知ることで、転職時の年収の相場がわかるはずです。

  平均月収
20代前半女性19万6,600円
高校卒の場合17万6,400円
高専・短大卒19万5,900円
大学・大学院の場合

21万4,900円

厚生労働省の調査(平成28年)によると、20代前半女性の平均基本給は19万6,600円です。

学歴別に見ると、高校卒の平均基本給が17万6,400円、高専・短大卒の平均基本給が19万5,900円、大学・大学院卒の平均基本給が21万4,900円でした。

 

20代前半は大学卒の年収が高い

当たり前ですが、大学卒の場合は初任給が高卒や短大卒よりも高く設定している企業が多いため、年収が高いです。これは転職にももちろん影響してきます。

20代前半の会社員は新人ですので月々の給料は低いですが、ボーナスが多いとその分年収が上がります。年収アップを望む人は、女性でも年収が上がりやすい賃金システムを採用している会社を選ぶと有利です。

 

2.20代前半(第二新卒)女性の転職メリット

面接風景

20代前半の女性は転職メリットが大きく、以下の理由からほかの年代に比べて転職しやすいという強みがあります。

  • 若いので転職に有利に働く
  • 給与が低いため採用されやすい

まだまだ若いですから、採用側でも「これから育てていきたい」と考えています。

熱意と誠意が認められると採用されやすいため、20代前半での転職なら自分がチャレンジしてみたいと思う職種に応募をしてみてはどうでしょうか。

 

新しい分野への転職が容易

今まで勤めていた会社と違う分野への転職であっても、若いため順応力が高いことや、新卒入社の人とほとんど年齢が変わらないため、これから一緒にキャリアを積んでいくことが可能です。

やりがいとキャリアアップを求めて、積極的に転職活動を行いましょう。希望の分野で有利な転職先を探すなら、転職エージェントに登録することをおすすめします。

 

3.20代前半(第二新卒)女性の転職デメリット

頭が痛い女性

20代前半の女性が転職する際のデメリットは以下の通りです。

  • 経験を生かした転職活動ができない
  • 勤続年数が短いため面接時の受け答えに困る

このように、以前の職場での経験が生かしにくいことが挙げられます。20代前半の場合、何といっても経験が少ないですから、前の会社で特別なキャリアを積まないまま転職をすることになります。

このため転職をしても、即戦力として期待できないというデメリットがあるのです。しかし、フレッシュな熱意をアピールすることでキャリア不足を補うことは十分に可能です。

 

すぐ辞める人というレッテルを貼られる

20代前半で転職をすると、就職したばかりなのにすぐ辞めた人というレッテルが貼られてしまうことがあります。

石の上にも3年ということわざがあるように、少し嫌なことがあったからといってすぐに辞めてしまう人となると、企業は安心してあなたを採用できません。

退職理由を聞かれたら「キャリアアップを目指したため」など、前向きな退職理由を伝えましょう

 

4.まとめ

20代前半、第二新卒女性の転職については、ある程度自分のキャリアプランを考えて転職する方法がおすすめです。

  • 転職時にやりたいことがある場合、趣味か仕事かの区別をしておく
  • 転職することで今よりも環境が悪くなっても後悔しない心構えがある
  • 今の会社での不満が解消されることで働けるかどうかもう一度考える
  • 自分の現状の能力を今一度把握しておく

出産後もバリバリと職場で活躍してキャリアを伸ばしていくのか、出産後は育児を中心にゆとりをもって働きたいのかなど、自分がどのような人生を望むのかによって、転職先を選ぶ条件が異なります。

目先の給料だけでなく、数年後も見据えた転職活動をしましょう。そのためには雇用条件や福利厚生をしっかりと確認して、自分のライフスタイルに合った職場選びをしてください。

第二新卒求人サイト17社おすすめ比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事

Ranking
新着「あるある」ランキング