日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートスタッフィング評判
3.65
このページを共有する

特定労働者派遣への転職メリット・デメリットと転職注意点

特定労働者派遣への転職メリット・デメリットと転職注意点

「特定労働者派遣」という働き方はご存知でしょうか?主にWEB系・ネットワーク系のエンジニアや、工事管理、保守、機械設計などの、特別なスキルを必要とする専門職に多い雇用形態です。その名前の通り「派遣」ではありますが、登録型の一般労働者派遣とは異なる点が多数あります。

今回はこの「特定労働者派遣」という働き方と、そのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。特定労働者派遣として転職をお考えの方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

1. 一般労働者派遣と特定労働者派遣の違い

比べる女性

まずは、特定労働者派遣の仕組みについて、一般労働者派遣と比較しながらご説明しましょう。

 

一般労働者派遣とは?

一般労働者派遣は、いわゆる「登録型」です。労働者が派遣会社に「登録」するだけなら、特別な審査や制限はありません。希望やスキルにマッチする派遣先があれば紹介されますし、なければ登録したまま何も起きません。

また、派遣社員として就業を開始しても、契約期間が終了すればそのまま退職となる場合がほとんどです。運よく次の派遣先を紹介されることもありますが、これには何の保証もありません。これが、一般労働派遣のスタイルです。

 

特定労働者派遣とは?

一方、特定労働者派遣は「登録型」ではありません。派遣会社に常用雇用されている労働者を、派遣社員として派遣先で就業させるという仕組みです。

一般派遣との大きな違いは、派遣会社と労働者に無期雇用契約が結ばれること。つまり、特定労働者派遣の場合は「登録しただけ」という状態はなく、特定派遣労働者として派遣会社に正式に雇用されるのです。だから、派遣先での契約が終了になった場合もすみやかに次の就業先に派遣されます。

万が一すぐに新しい派遣先が見つからなくても、見つかるまでの給料は派遣会社からきちんと支払われることになります。

 

2. 特定労働者派遣で働くメリット

綺麗な女性

それでは、特定労働者派遣として働くメリットについて考えてみましょう。

 

派遣契約に関わらず、雇用が保障される

プロジェクトの終了や人員削減で派遣先との契約が切れてしまっても、派遣会社との雇用は継続するのが特定労働者派遣です。

派遣契約に関わらず雇用は保証され、もちろん給料の保証がある事は大きなメリットだと言えます。「派遣」という働き方でありながら、一方で「安定」も手に入れることができるのです。

 

待遇や福利厚生が手厚い

一般労働者派遣では、交通費なし・賞与なし・福利厚生は最低限といった条件のことが多いです。しかし特定労働者派遣の場合はあくまで派遣会社の直接雇用であるため、交通費の支給はもちろん、賞与が支給されることも珍しくありません。

また、福利厚生も派遣会社の社員と同じように適用されます。これは一般労働者派遣との大きな違いですね。

 

一般派遣よりも派遣期間が長いことが多い

特定労働派遣の契約期間は、一般派遣より長いことが多いです。特定派遣の労働者を抱える派遣会社としては、派遣先が見つからなければ給料の支払いだけが発生してしまうので、長期的な派遣契約を結びたいと考えるからです。

また、冒頭で述べたように、特定派遣がWEB系・ネットワーク系のエンジニアや、工事管理、保守、機械設計などの専門職の求人がメインであることも理由の1つです。大きなプロジェクト遂行のための派遣社員採用が多い業界ですから、そのプロジェクトが終了するまで雇用が続く、といった事になりやすいのです。

 

スキルアップに繋げられる

特定派遣労働者のスキルが低ければ、派遣会社としては商売になりません。どの企業へ派遣しても活躍できる人材でないと、特定労働者派遣が成り立たないからです。

そのため、特定労働者派遣をメインにしている派遣会社では、教育制度が大変充実しています。まったく未経験で知識もない新卒を採用して1から教育し、特定派遣しているような企業も少なくありません。

また、数年単位で色々な企業で就業することも、スキルアップに繋がります。中途採用では入社できないような大手企業で働けるチャンスだってあります。複数の職場で経験を積む事で、1社で働き続けるよりも幅広いスキルを身につけることができます。

 

3. 特定労働者派遣で働くデメリット

悩む女性

雇用が安定していて、スキルアップのチャンスもある。メリットが多いように感じる特定労働者派遣ですが、デメリットとして次のようなものが挙げられます。

 

一般労働者派遣のような自由さはない

派遣社員の魅力のひとつが、ある程度自由な働き方ができる事だと思います。

しかし、特定労働者派遣には、一般労働者派遣ほどの自由さはありません。あくまで派遣会社に雇用されているわけですから、派遣会社の指示した企業へ行くことは基本的に拒めません。正社員でいう所の人事異動や転勤と同じだと考えていただければ、わかりやすいかと思います。

 

高いレベルの仕事を求められる

派遣先企業にとって特定労働者派遣を受け入れるメリットは、人材のレベルがある程度保証されることです。一般労働者派遣は「登録型」なので、派遣会社にとってもその人材が本当に信頼できるかどうか、また実務においてどの程度の技術を持っているのかということは、実際に働き出してみないとわかりません。

しかし特定労働者派遣の場合は派遣会社に雇用されている人材が派遣されてくるわけですから、派遣先企業としては、人物、能力ともに高い期待をしています。もちろん、派遣会社も慎重に採用しています。

よって、仕事においても高いレベルを求められることになります。スキルに自信のある方にはいいですが、「派遣」だからと安易に考えていると、プレッシャーが負担になってしまうかもしれません。

 

給与水準はそれなり

一般労働者派遣と比べると待遇や福利厚生も充実している特定労働者派遣ですが、正社員と比較すると、給与水準はどうしても低くなってしまいます。

派遣先企業の正社員と同じか、それ以上の能力で仕事をしているにも関わらず、正社員の方が高いお給料を手にしている状況を目の当たりにしながら働かなければいけません。

ただし基本的には時給制なので、残業や休日出勤があった場合はきっちり支給されます。

 

4. 特定労働者派遣へ転職する際の注意点

紙を見て驚く女性

特定労働者派遣として働くことのメリット・デメリットについてご理解いただけましたか?これらを踏まえて、実際に特定労働者派遣として転職する際に気をつけておきたいのは、「メリットを活かせるかどうか」をしっかり判断することです。

 

特定労働者派遣のメリットを活かせるか?

特手労働者派遣のメリットとして、「雇用の安定」、「待遇の良さ」、「契約期間の長さ」、「スキルアップ」の4つを挙げました。この4つがあなたにとって本当に活かせるメリットかどうか、見極めるようにしてください。

正直な話、「スキルアップ」以外の3つは、実は正社員でも解消される事項です。もしもあなたが今正社員として働いていて特定労働者派遣へ転職しようと思っているなら、「スキルアップ」のメリットがどこまで活かせるかをよく考えてみるべきです。例えば、『経験も知識もないがエンジニアとしての技術を身につけ転職したい』と考えているなら、特定労働者派遣への転職は有効です。

特定労働者派遣は一般派遣より安定した働き方ではありますが、あくまで派遣です。転職を考える際は、この点に注意しましょう。

 

まとめ


特定労働者派遣のメリット・デメリットと、転職の際の注意点についてご紹介してきました。

一般労働者派遣よりは安定していて、正社員よりは不安定な雇用形態。この特定労働者派遣という働き方が、あなた自身のキャリア形成にどう影響するか、判断するのはあなた自身です。うまく利用すれば、大きなスキルアップのチャンスをつかむことも可能です。

転職を考えられる際は、なぜ特定労働者派遣なのか?特定労働者派遣でなくてはいけないのか?しっかり考えてから決意されることをお勧めします。

派遣会社・求人サイトを比較52社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事