日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
JACリクルートメント評判
3.13
このページを共有する

キャリアアップを目指す外資系転職 | 企業選びの6つのポイント

キャリアアップを目指す外資系転職 | 企業選びの6つのポイント

転職で外資系企業を選ぶ時、念頭に置かなければならないのは、自分自身のキャリア形成をどう考えるかといった視点です。その視点により、選ぶポイントも変わってきます。

今回は、留学経験や語学力を活かして外資系企業で経験を積んだ後、海外ビジネスが主力事業の日本企業へキャリアアップを図りたい。あるいは、外資系企業の能力主義的風土を好み、先々も外資系企業でキャリアアップしていきたいといった2つの視点を念頭において、企業選びのポイントを紹介します。

1. 外資系企業が日本進出をした目的を知る

本を読む男性

外資系企業が日本進出を考える時、必ずしも日本で成功すると踏んで進出するわけではありません。ビジネスを拡大させるという大きな目的も、分解していくと複数の目的に分かれます。例えば本格進出ではなく、アンテナ的にビジネスを始める場合もあります。その場合は、自社ビジネスの競合状況、自社事業・製品のオリジナリティなど、日本で受け入れられる可能性をリサーチすることが目的です。

設立年次と設立時の規模をチェックする

こういった外資系企業は、設立年次と設立時の規模がひとつのバロメーターとなります。日本に進出してまだ数年しか経過していない場合、企業運営が定着していません。日本市場での展開がうまくいきそうでも、数年後の撤退を視野に入れている場合もあります。こういった外資系企業を転職先に選ぶ場合のメリットは、試行錯誤を繰り返して様々な経験を積めることと、日本の文化を理解している日本人スタッフへの期待が大きく、やりがいがあるということです。

進出したての企業をあえて選択する方法もある

外資系企業経験のキャリアアップのために、日本に進出して間もない企業を選ぶのも一つの選択肢です。この選択の際には、その外資系企業がどのような目的で日本進出を決めたのか、進出後はどういった展開を考えているのか、といった点がポイントになってきます。

2. 語学力と実務能力のどちらを優先しているか?

スキル

外資系企業が日本人採用を考える時の動機は大きく2つあります。ひとつは、語学力や海外留学経験など、特に英語力の有無を優先するもので、職種は未経験でもかまわないというものです。もうひとつは、募集している仕事の経験度を優先するもので、日本人スタッフも多く、語学力はある程度できればいいといった場合で、語学力のハードルは低くなります。

ひとまず実績を付けたい場合は英語力が優先される

外資系企業でひとまず実績をつけたい場合は、前者を選ぶのが良いでしょう。なぜなら、日本人スタッフに求めていることは、極端に言えば通訳や日本的ビジネスの基本的なもので、仕事そのものはアシスタント的なものだからです。もちろん、年数を重ね業務に精通していくこともありますが、入門にはとして考えるには前者がベターです。

キャリアアップを目指すなら経験と語学の両方を身に着けるべき

この先も外資系企業でキャリアップを図りたい方は、後者をおすすめします。仕事での実戦経験と自習による語学力向上の両輪を回すことで、外資系企業のビジネスマンとして、より高いスキルを身につけられる可能性があるからです。

3. 社長・役員が外国人か?

コーヒーを飲む男性

外資系企業の社長をはじめ、幹部に本国からの出向役員がどれだけいるかが、 「日本化」しているかどうかのバロメーターとなります。特に社長が本国の出向なら、会社のマネジメントをはじめ組織風土は、ほぼ本国並みであると言えます。逆に日本に進出して年数が経ち、しかも一定の利益を恒常的に出してくると、役員やスタッフはほぼ日本人に任せ、本国の影響力も減少してきます。

スキルアップを目指すならば社長・役員が外国人の企業を選ぼう

純然たる外資系企業で経験を積みたい方は、外国人幹部のいる企業の方が、同じ英語を使うにしても実践的です。また、外資系企業の採用PRで「日本人が多くて働きやすい職場」というものがありますが、それでは外資系企業を選ぶ理由がありません。特にゆくゆくは本国勤務や他国勤務、あるいは本国担当者とのやり取りを視野に入れてキャリアアップしていきたい人には、社長や役員が日本人ばかりでは、あまり意味がありません

4. 人事システムが本国型かどうか

ステップアップ

日本の一般的な企業の人事システムと外国企業のそれは、基本的には異なります。また、正確に言えばアメリカとヨーロッパでも異なります。日本はどうしても人事部門が歴然とあり、進級、昇格、異動配置、査定評価に果たす役割が大きい傾向にあります。しかし外資系企業では、直下型のいわゆるBOSS、つまり上司の意向が人事に反映します

面接時に評価システムについて尋ねよう

外資系企業を選ぶ時、この人事システムを見るというのは、なかなか難しいですが、調べてもわからない時は、面接時に評価システムについて教えて下さい、とストレートに聞くのもひとつです。日本では面接時に質問をすると、なんだか生意気な印象に取られますが、逆にこの質問自体がGood question!となるかもしれません。なぜそれを聞くの?と聞かれたら、会社への貢献が何で評価されるかに大きな関心があります、とそのまま答えれば良いのです。

5. 給与体系が仕事・成果と直結しているか

給与計算

日本的給与体系は、基本給+諸手当+ボーナスが一般的で、仕事・業務と直結しない項目があるのが一般的です。一方、外資系企業は年俸制、成果主義、コミッション、インセンティブなどさまざまな言い方がありますが、いずれにしろ日本的給与体系とは異なり、多くは仕事・成果と直結しています。日本が「会社に入る」という感覚を有するのに対し、外資系企業が「仕事に就く」という感覚である、その差の所以でもあります。

与えられる意識が強いと外資系企業には向かない

家族手当はやはり欲しいよね、ボーナスも欲しい、成果主義というけれど環境が悪化した中での業績評価は厳しい。という人は外資系企業を諦め、あまり給与にブレがない、日本的給与体系を満喫した方がいいです。

また、福利厚生的な充実や年齢加給も外資系企業にはあまりなく、過剰な期待はやめた方が良いでしょう。

6. まずは徹底的に外資系企業の研究を

キーボードを打つ男性

外資系企業と一言で言いますが、内容はまちまちです。かつて外資系企業と言われ日本進出を果たした企業も歴史を重ね、今では一般的な日本企業と変わらない会社もたくさんあります。

また、日本では外資系企業という言い方ですが、実態はグローバル企業という会社もあります。単なる憧れや印象で選択すると失敗しますので、まずは徹底的に企業研究をすることが大切です。

外資系求人が多い転職サイト・エージェント比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事