日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
JACリクルートメント評判
3.13
このページを共有する

外資系企業に転職できる人とできない人の特徴

外資系企業に転職できる人とできない人の特徴

一口に外資系企業と言っても、その社風は様々です。大手企業の日本支社の場合はトップの経営者が外国人で、働いている人の大半が日本人であるケースも多いので、ある程度は日本企業と同じような感覚で働けます。

また一方で、若い会社の場合は、日本を含めたアジア地域を戦略的に開拓しようとしますから、日本人だけでなく、欧米やアジア各国から人材が集まるため、それこそ生き馬の目を抜くほどの個人主義でハードワークとなることもあります。

いずれにせよ外資系企業での仕事を希望する人は、日本だけに照準を絞って仕事をするわけではありませんので、仕事に対する自分なりの価値観を持っていないと、長続きしません。

1.外資系企業に転職できる人ってどんな人

結果
外資系企業への転職では、英語の能力が不可欠です。しかし、外資系企業への転職は英語ができるだけでは実現しません。英語ができることは最低限の条件であって、できて当たり前なのですから。では、どのような資質があれば外資系企業へ転職できるのでしょうか。

求められる人材の特徴

  • 自己主張ができる
  • 環境適応力が高い
  • 行動力がある

外資系企業に求められる人材の特徴は、大きく分けて3つです。1つ目は、自己主張がきちんとできる人。2つ目は、環境適応力が高い人。3つ目は、行動力がある人です。

 

自己主張ができる人

まず1つ目の、自己主張ができる人についてですが、外資系企業は日本企業とはまったく異なるマインドで運営されています。

日本企業は和を尊びますし、年功序列を前提にみんなで協力をしながら目標を達成していくという特徴があります。しかし外資系企業は、能力主義を採用していますから、その人がどのような成果を上げたか、会社にどのような貢献をもたらしたかという観点から従業員を評価します。このため、これといった業績が上げられない人は、クビなる可能性もありますし、クビにならないまでの降格、減俸といったペナルティが課せられることがあるのです。自分の成果を正当に費用化してもらうために、業績や能力を主張できる人が求められます。

また、外資系企業では、日本だけでなくさまざまな国の人が働いています。経営者も外国人です。育った環境も考え方も違う人が集まって仕事をするのですから、積極的に会話をして相手を理解する必要があります。このため、外資系企業では無口な人は採用されません。自分は何者であるか、何が得意なのか、会社にどのような貢献ができるのかを、論理的かつ客観的に説明できる自己主張の強い人が採用されるのです。

 

環境適応力が高い人

2つ目の、環境適応力が高い人は、日本独自の働き方にとらわれない人のことです。日本はガラパゴス社会といわれるほど、世界から見ると異色のソーシャルを形成しています。言わず語らず、一を聞いて十を知る、出る杭は打たれるなどなど、人より突出して目立つことを嫌う社会です。

しかし海外企業では、そのような謙虚な姿勢は通用しません。海外企業の仕事の進め方に素早く順応し、どんな国の人ともしっかりとコミュニケーションが取れる環境適応力がないと、生き残っていけません。

 

行動力がある人

3つ目は、行動力がある人については、外資系では結果が全てだからです。外資系企業は能力主義です。自分が立てたプランをすぐに実行できるフットワークの軽さがないと、成功できません。グッド・アイデアを思いついても、実行に移さなければないも同然です。

良いプランを実行に移し、その結果を周りにアピールできる人が採用されます。

 

2.外資系企業に転職できない人ってどんな人

バツを作る中年男性
外資系企業であまり歓迎されない人の特徴は、次の3つです。

 

歓迎されない人の特徴

  • ビジョンがない
  • 他人のせいにする
  • 向上心がない

1つ目は、この会社で自分はどのような仕事をしたいのかというビジョンがない人。2つ目は、すぐに人のせいにする人。3つ目は、向上心のない人。

 

ビジョンがない人

1つ目の、ビジョンがない人は外資系企業が不採用とする最も大きな理由の1つです。外資系の志望理由で多いのが、得意な英語を生かしたいというものです。しかし、英語が得意というだけで採用するほど、外資系企業は甘くありません。英語ができるのは、基本的な前提条件にしか過ぎないからです。

外資系で働くためには、この会社でどのような仕事をしたいのか具体的なビジョンがあり、それを実現できるだけのキャリアと実績があることをアピールできる人でないと、なかなか採用されません。

 

他人のせいにする人

2つ目の、すぐに人のせいにする人も歓迎されません。外資系企業では、一人ひとりの仕事がきっちりと決まっています。誰かが忙しそうだからといって、親切心で手伝ってあげると、人の仕事を取り上げるのかといって怒られることがあるほどです。

これとは逆に、仕事でトラブルがあった場合も、人のせいにすることはできません。個人主義が徹底していますから、たとえ誰かのミスでトラブルがあった場合でも、自分が担当している業務であれば、それらはすべて担当者の責任となるのです。ですから、あの人が悪い、上司の指導が悪いなど、すぐに人のせいにする人は、外資系には向いていないといえるのです。

 

向上心のない人

3つ目の、向上心のない人も同様に外資系には向いていません。会社にもよりますが、外資系企業では日本企業のように行き届いた社員教育は行わないのが一般的です。社員教育のためのプログラムは用意されていますが、基本的に上司が部下を育てるという文化はないと考えましょう。

つまり、自分で何事も吸収し、進んで勉強してスキルを上げていくしかないのです。仕事上での指示はあっても、それに必要なスキルは、あくまでも自分で学ぶというスタンスが基本です。

外資系求人が多い転職サイト・エージェント比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事