日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビエージェントIT評判
3.15
このページを共有する

Webディレクターへの転職の注意点とメリット・デメリット

Webディレクターへの転職の注意点とメリット・デメリット

このページでは、Webディレクターに転職する前に心得ておくべきメリットとデメリットや注意点について説明していきます。下記のポイントを押さえしっかりと納得した上で、転職活動に臨みましょう。

1.一般的なWebディレクターの仕事とは

仕事中の男性

一般的なWebディレクターの仕事は、Webサイト制作において、クライアントの要望にあったサイトを完成させるために、デザイナー、ライター、コーダー、プログラマーといった制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体のスケジュールの進行や品質の管理をすることです。具体的には、プロジェクトメンバーの人選、制作スケジュールの進行や管理、コンテンツの品質管理などです。

どの企業のWebディレクターの仕事内容も共通のものがあまりないので注意するべきポイントになります。

 

コンテンツの企画、提案、撮影、取材などの業務も

また、転職する企業によっては、コンテンツの企画書の作成や提案、さらには撮影や取材と広範囲に関わります。品質の高いサイトを作り上げるために、プランニング、デザイン・プログラミング・HTML・CSSコーティング等幅広い知識が求められますが、それよりも、クライアントの要望を正確に認識する能力と、スタッフ全員としっかりコミュニケーションをとり、それぞれの業務がきちんとなされているかを判断する能力が求められます。

2.Webディレクターの未来は?平均年収・平均給与

日本円を数える

Webディレクターは、担当スタッフをまとめ、制作を責任をもって進めるやりがいのある仕事です。そんな仕事ですが、平均年収はその人の実力によって大きな開きがあるのが現実です。

 

Webディレクターの平均年収は比較的高め

実績経験があれば、平均400万から600万といったところが相場です。他のWebクリエイターの職種よりも比較的高い年収となっています。企業がSNSを手がけるようになり、Webディレクターに対してのニーズが高まってきています。それに伴い、好条件での採用が期待でき、年収は増加すると予想されます。

 

40代、50代は他の職種に比べると同じかやや低めになる

年代別の年収は、20代で300万~400万、30代なら450万~500万で、他の職種に比べると高めであり、年齢によって年収もアップする傾向にあります。しかしながら、40代で500万、50代で600万と他の職種に比べると同じかやや低めになります。

担当したサイトをヒットさせ、会社の売り上げに貢献すれば、それに伴い多くのボーナスを受け取ることができ、40代で年収900万以上もあえります。また、50代で1000万以上の人もいます。あるいは、自分で会社を設立し、多くの仕事を手がけ、報酬を受け取ることができれば、それだけ年収もアップできます。

 

自分次第で年収を上げることが出来る仕事

その時代の流行をしっかりと見極め、クライアントが何を望んでいるか、それにはどんなスタッフを人選し、どのようにまとめ一つの作品を作り上げていくか、その能力が問われます。いい作品を作ることで評価が上がり、それに伴い年収が上がっていくのです。モチベーションを高く持ち、仕事に対しての意欲があれば、自分次第で年収をあげることができる仕事だと言えます。

3.Webディレクターに転職するメリット

やるべきこと

Webディレクターとは、Webサイトを依頼してきたクライアントの要望を理解しなければなりません。その上で、その仕事に対しての人選をし、仕事を依頼します。そして、そのサイトができるまでに、それぞれのスタッフが担当の業務をきちんとこなしているか、設定の期日までに仕事が進んでいるか等、全体を見極めなければなりません。

中には、納期に間に合わず、一つが抜けたために他の業務が進まないなど、起こりうる問題にも対応しなければなりません。厳密には企業によって、役割が多岐にわたることもあります。

 

自分自身の可能性を大きく広げられる

こういった総括的な仕事の他に、自分でページやバナーなどのデザイン制作までしたり、さらに、作ったサイトの売り上げに関する管理まですることもあります。マーケティングに携わることもしなければならないこともあるのです。その会社の商品を制作するのですから、サイト自体の目的の達成より、どうやって制作効率を上げるかということも大切なことです。

このようにいろいろな仕事がありますが、どのような仕事であってもスタッフ全員としっかりコミュニケーションをとり、同じ目標に向かって一つのものをつくりあげていくという満足感が得られます。

また、作品を作る中で、自分がそれまでになかったスキルも自然と身につくようになります。転職をすることで、自分自身の可能性を大きく広げることが可能になるのです。

 

人脈を増やすことができ、仕事の幅が広がる

また、いろいろな人と知り合うことで大きな人脈ができ、仕事の幅を広げることも可能です。人を動かす力がつけばつくほど、好い作品ができ、評価も上がります。

4.Webディレクターに転職するデメリット

考える女性

Webディレクターに転職するデメリットは以下の2つが挙げられます。

 

制作の仕事も行うことがある

Webディレクターは、クライアントの指示するゴールを達成するために中心となって案件を取りまとめる役割があります。ですので、制作には関わらず指示をする仕事が主たる業務になります。

ですが、Webディレクターの多くが制作をすることも多いのが現状です。とくに中小企業の場合は、Webデザイナーがディレクターを兼業したり、プログラマがディレクターを兼業していることも少なくありません。

また、外注に依頼していた仕事が納期に間に合わない場合は、代わりにディレクターが補佐として制作に協力することもあります。

ディレクターとしてのスキルアップを目指して転職したとしても、転職する会社によっては思うような仕事を任せてもらえないこともあるので、不安な場合は予め転職エージェントに相談しておきましょう。

 

収入の格差が大きい

地域や企業の業務形態によってWebディレクターの収入は大きな差がでます。例えば、自社メディアを持っている会社のWebディレクターの場合は、固定給+売上の●●%というように売上に応じて給料がもらえる会社があります。

一方で、安い金額で制作を請け負っている会社であれば、転職して年収が下がる可能性も高くなります。これは、ディレクションするサイトが自社サイトのほうが利益率が良いので、その分給料に反映されるためディレクションするサイトを自社かクライアントなのか確認しておきましょう。

また、東京と埼玉でWebディレクターの年収を転職サイトで比較すると圧倒的に東京のほうが年収が高い求人が多いので、東京で働けない場合は少し不利になることも頭に入れておきましょう。転職先の地域や業態については、徹底的にリサーチする必要があります。

5.Webディレクターに転職する注意点

疑問を持つ外国人

Webディレクターという職種は、多くの人がスキルアップを理由に転職を希望する職種です。また、Web業界での経験がなくても転職が可能です。そのような仕事ですから、最近は転職を希望する人が増加しています。

実際にWebディレクターに転職する上でどのようなことに注意すればよいでしょうか。

 

幅広い知識が必要不可欠

Webディレクターは、Webサイト制作のためにWebデザイナー、プログラマー、コーティング担当など、制作にたずさわるスタッフの人選をしなければなりません。的確な能力を持った人を選び配置できるかどうかは、制作進行の根幹に関わります。そのために、Webディレクター自身もプランニング・デザイン・プログラミング・HTML・CSSコーティング等の幅広い知識が必要とされます。

 

高いディレクション能力が求められる

さらに、配置したスタッフとしっかりとしたコミュニケーションがとれることが要求されます。それぞれのスタッフの仕事の進行状況を把握し、それに対して、細かい指示を出さなければなりません。サイト完成までに起こるであろう危機を予想し、それに対応する能力も持ち合わせていなければなりません。人に対して心配りをし、すべてを統括できる、それがこの仕事に求められます。

その上で、成果を数字で表すことが期待されます。ビジネスに関する理解があり、数字を出すことができることも要求されます。

また、クライアントの要望の中でのリスクとメリットの関係をきちんと判断できる能力も問われます。きちんとした情報を、専門的なことがわからないクライアントに対して説明し、理解を得て、できるだけリスクを少なくし、クライアントの要望に添うように努力しなければなりません。こういった点を踏まえて転職を考えることが必要となります。

6.Webディレクターの求人の探し方

パソコンを使う男性事務員

Webディレクターの求人は、転職サイトや転職エージェントで探すのが一般的です。

 

自社のサイトで求人を募集している企業もある

その他には自社サイトで求人を募集している企業も多いので、地域+Webディレクター求人と検索すると気になる企業が見つかることもあります。

なぜ、自社で募集するのかというと転職サイトに求人を募集するのはコストがかかりますし、転職エージェントを利用する場合も同じく採用した場合には手数料を支払う必要があるからです。ですので、企業も自社サイトで募集を行いコストをかけずに人材を採用する狙いがあります。

 

求人サイトを活用しながら求人募集している会社を探そう

転職サイトや転職エージェントを活用し、平行して自社で求人募集している会社を探せば自分の理想に近い転職先が見つかる可能性が高まります。

ITエンジニア転職求人サイト比較29社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事