日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビエージェントIT評判
3.15
このページを共有する

IT・Web関連の転職での面接時と雇用契約書上の注意点

IT・Web関連の転職での面接時と雇用契約書上の注意点

このページでは、IT・Web関連の面接時の注意点・雇用契約書上のチェック項目と注意点について説明していきます。

下記のポイントをしっかり押さえ、よりよい転職活動に臨みましょう。

1.IT・Web関連の面接時の注意点

転職エージェントに相談する女性

面接で失敗しないためには、面接で聞かれるであろう想定した質問に対して事前に答えを準備しておくことです。なぜ、このような質問をするのか、どんなことを知りたいのかを採用する側になって考えてみると明確で筋の通った回答ができるようになります。

それでは、よくある質問と回答例をご紹介します。

 

志望動機

なぜ、数ある会社の中からこの会社を選んだのかを具体的に説得力のある回答を考えておきましょう。御社の業務内容に興味があり、自分のスキルを生かせると思ったというような曖昧な回答では印象に残りません。

業務内容だけでなく、企業が目指すビジョンが自分が将来目指す方向性と一緒だというような回答でも印象は変わります。

自分のやりたいこと、将来の方向性なども交えて熱意を持って話しましょう。

 

転職の理由

IT業界に限らず転職する理由は、人間関係か収入に不満があることが最大の理由です。人間関係がこじれて転職することになったとしても、真実を全て打ち明ける必要はありません。

大事なポイントは、嘘をつかずポジティブに説明することです。

自分が目指す将来像が現職のままでは達成できないことを伝えると説得力が増し、転職についてポジティブな印象を面接官に与えることができます。

 

自分の長所と短所

長所を質問することで、その人のキャラクターと会社へどのくらい貢献してくれるのかを判断します。また、短所は自分のことをどの程度理解しているのか判断できる質問となります。

集中力がない、長続きしないなど面接官が聞いて不安になるような回答は避け、長所の裏返しとなる弱みなどを具体的に話しましょう。

 

今後はどんな仕事をしたいと考えているか

企業が目指す方向性や採用後に任せる業務内容と本人の希望にミスマッチがないか確認する質問です。

大事なポイントは具体的に話せるかどうかです。●年後にはこういった案件のプロジェクトリーダーとなって御社に貢献したいというように数字を交えて具体的に話しましょう。

 

スキルアップのために何をやっているか

とくにプログラマーやエンジニアは、これから先も新しい技術を習得する必要性があります。スキルアップのために日々努力していることがあれば、将来性も期待できます。

プログラミング言語についてのセミナーに参加している、関連図書を毎月10冊は読むようにしている、など取り組んでいることを数字を交え具体的に伝えましょう。

 

質問

面接の最後に「何か質問はございますか」と聞かれます。間違っても「質問はありません」と回答してはいけません。なぜなら、面接官は自社への興味や熱意を確認するために質問をしているからです。

事業内容について詳しく知りたいポイントや企業の目指す方向性などを質問するといいでしょう。

 

2.IT・Web関連の雇用契約書上の注意点

資料の受け渡し
応募した企業に採用の連絡をもらった後、入社初日に雇用契約書を作成することなります。雇用契約書は、労働条件通知書とも呼ばれる書類で、雇い主と雇われる側のお互いを守るための契約書となります。

採用後、実際に働き始めてから応募ページに記載された業務内容が異なる場合でも雇用契約書の内容と業務内容に間違いがなく捺印をしていれば、文句を言うことができません。

また、正社員だけでなく、派遣や契約社員、パートやアルバイトでも雇用形態に関係なく雇用契約書は結ぶのが通常のケースです。

契約書がない場合はブラック企業の可能性がありますので、不安な方は採用後入社する前までに契約書はいつ作成するのか、いつもらえるのか確認しておきましょう。

採用後のトラブルを避けるためにチェックしておくべきポイントをご紹介します。

 

雇用形態

正社員として採用されていても、試用期間中は契約社員ということもあります。また、試用期間は通常3ヵ月ですが、半年に延長される場合もあります。

契約期間終了後の雇用形態について確認しておく必要があります。

 

契約期間

アルバイトやパート、契約社員の場合は3ヵ月、正社員の場合は1年の契約期間で契約書が作成される場合が多いです。

契約期間が定められているのは、パートやアルバイト、契約社員だけだと思っている方もいらっしゃいますが、正社員でも1年ごとの契約、更新となることも珍しくありません。ただし、裏を返せば1年後に契約終了となる場合もあるので、正社員で採用された方は不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

捺印する前に契約期間について、きちんと確認しておきましょう。

 

業務内容

応募内容、面接時に確認した業務内容と雇用契約書に記載された内容に違いがないか確認しましょう。曖昧な表現、理解できない難解な言葉で記載されている場合は要注意です。

 

給与

採用時に曖昧にしていると、契約書に記載される給与額に不満に感じることも考えられます。給与に関してはトラブルに発展しやすいデリケートな内容なので、契約書に捺印する前に確認しておきましょう。

 

賞与

賞与は業績に応じて支払われることが多いので、どのくらいの金額をもらえるのかもしくは賞与をもらえるのか、賞与がない場合の年収は応募内容に記載された年収と同額なのか確認しておく必要があります。

中小企業の場合は、成果に応じて賞与があったり、なかったりする場合が多いので確認しておきましょう。また、契約期間終了後ではどの程度賞与が変わるのかも必ず確認しましょう。

 

加入保険

厚生年金、健康保険、雇用保険など加入する保険は、採用される企業によって異なります。自分が希望する保険の記載がない場合は確認しましょう。

ITエンジニア転職サイトおすすめ比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事