日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビエージェントIT評判
3.15
このページを共有する

ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

現在プログラマやエンジニアとして働いている皆さんは、どのようなキャリアプランをお考えでしょうか?そのまま1技術者として、専門分野の道を進もうと考えている方、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどのマネジメント業務への道を考えている方、コンサルタントとなって顧客への企画や折衝などに携わりたいと考えている方など、さまざまだと思います。中には、「ITアーキテクト」という道をお考えの方もいらっしゃることと思います。

今回はこの「ITアーキテクト」という職種に注目し、実際に転職する場合の注意点についても考えてみたいと思います。

ITアーキテクトの仕事内容

グラフをパソコンで作成

まずは、ITアーキテクトの仕事内容やその役割についてご説明しましょう。

 

「アーキテクト」=建築家、設計者

「アーキテクト」という英単語そのものは、建築家とか設計者などを指す言葉です。つまりITアーキテクトとは、システム会社においてITにおける戦略の立案やITプロジェクトの進行で活躍する、システムの建築家のような働きをする職種のことを言います。

 

ITアーキテクトの必要性

近年ITの多様化が進み、エンジニアなどの技術者たちも、オールマイティーなスキルを持った人より専門的な技術をもった人が増えてきました。というより、そうでなくては対応できないほど、システム開発に必要な技術が複雑化してきたと言えるでしょう。

こうした各専門の技術者たちがそれぞれの分野で開発を進めていくという状況の中で、クライアントの要望に則したシステムを設計するために、これを統率する立場の人間が必要とされるようになりました。これが、ITアーキテクトです。

 

コンサルタントとの違いは?

「システムの開発をまとめる人」というと、「コンサルタント職」と同じでは?と思われる方も多いでしょう。コンサルタントとITアーキテクトの一番の違いは、ITアーキテクトが技術者としてもプロフェッショナルであり、現場で開発を担当するエンジニアたちへの指導や技術支援も行うという所です。

コンサルタントはどちらかというとクライアント企業との窓口となり、システムに必要な要件を引き出しつつ、提案するシステムの戦略を立てる役割を果たしています。そしてITアーキテクトは、コンサルタントが受注してきた案件を実際どうシステムに落とし込むかを設計するだけでなく、同時に設計図に基づいた開発を進めるために、技術者たちのマネジメントや技術指導を行っているのです。

 

ITアーキテクトの平均年収

システムの設計とマネジメントを手掛けるITアーキテクト職は、実装担当者よりも上位職種となるため、平均年収は高くなります。公募されている求人を見てみても、500万~1200万円程度での募集が多いようです。

しかしどこもかなりの幅をもたせてあり、経験や能力、前職での年収を考慮して決定されることが多いことが伺えます。非公開の求人が多いことからも、完全に実力が年収に比例すると考えてよいでしょう。

 

ITアーキテクトに転職する注意点

キーボードを打つ男性

では、実際にこれからITアーキテクトを目指そうとする際に気をつけるべき事や注意するべき点は何なのでしょうか?

 

「ITアーキテクト候補」としての求人に注意

はじめから「ITアーキテクト」を募集している公募求人は非常に少ないです。多いのは、「ITアーキテクト候補」のような、将来的にITアーキテクトを目指せる環境であるといったもの。このような求人はあくまでスタートは一般のエンジニアやプログラマとして採用されますから、注意が必要です。もちろん、キャリアアップの道としてITアーキテクトを目指すことも可能なのでしょうが、約束されているわけではないからです。はじめからITアーキテクトとして転職したいという人は、特に気をつけましょう。

 

ITアーキテクトとしての採用は人材紹介が多い

それではITアーキテクトとしての求人はどうやって探すのかというと、人材紹介会社を経由して応募できることが多いです。大手の求人サイトを検索してみても、ITアーキテクトとしての求人には直接応募ができないようになっているものがほとんどです。これは、やはりITアーキテクトに求められているスキルや経験値が高いことが原因であると考えられるでしょう。企業としても人材紹介会社を経由することで、レベルの高い技術者を一本釣りしようと考えているわけですね。

つまり、はじめからITアーキテクトとして転職を考えている人は、IT系の企業に強い人材紹介会社に登録することが近道であると言えます。

 

仕事に積極的に取り組む姿勢が必要

現場のエンジニア、特に二次受けや三次受けの仕事をこなしてきた人にとって、仕事はどうしても受け身になりがち…という方が多いと思います。しかしITアーキテクトはチームをマネジメントする立場として、受け身では務まりません。現場の技術者やコンサルタント、クライアントとのコミュニケーションを積極的にとり、クライアントの要件を満たしたシステム開発を自分自身で進めていく必要があります。コミュニケーションに自信がある人でないと難しいでしょう。

受け身でいられないのは、コミュニケーションだけではありません。常に最新の情報や技術をキャッチしていくなど、スキルの向上にも積極的に取り組む必要があります。先にもお話したとおり、ITアーキテクトは技術面でもチームの支援を行います。よりよいシステム開発を行うために、日々進歩するIT技術を勉強し続けるだけでなく、それを現場の技術者たちに伝えていくことが求められます。

コミュニケーション・技術力ともに、前向きで向上心がある方にこそ向いている職種だと言えます。

 

クライアントと現場の技術者の間に立つことの覚悟

クライアントには、さまざまな要望があります。しかし、コスト面や技術面を考えると、なかなかすべてを実現するのは難しい…という事もよくある話です。クライアントの言うことをすべて叶えようとしてコストや開発にかかる技術への配慮を度外視してしまうと、そのしわ寄せはすべて実装を担当するエンジニアに向かってしまいます。

コンサルタントは、技術面でのサポートに責任を負いませんから、この両者のバランスを保つための折衝ができるのは、ITアーキテクトだけなのです。ある意味「板挟み」状態となり、クライアントと技術者両方の目線に立ってシステム開発の設計を行っていくことが求められます。これには大変なバランス感覚が必要となり、なかなか簡単にいくことではありません。ITアーキテクトになろうとする場合は、その覚悟を十分持ってください。

しかし、ITアーキテクトという職種の一番のやりがいはこれでしょう。高い技術を持った人しかなれない職種だからこそ出来る仕事です。

 

まとめ

ITアーキテクトへ転職する際に知っておくべき、仕事内容、平均年収、転職注意点についてご紹介してきました。エンジニアとして、これからどのようなキャリアを積もうか悩まれている方の参考になりましたでしょうか?

高い技術を持ったエンジニアは、たくさんいます。しかし、「高度な技術=クライアントが求めるもの」であるかといえば、決してそうではありません。クライアントが求めるシステム要件を満たしつつ、使用感やコスト、納期、アフターフォローを充実させながら、かつ実現可能なシステムの設計を行うのが、ITアーキテクト。プロジェクトの全体を見渡しながら的確に舵を取っていく、総合的な能力が必要とされるポジションです。今後ますます複雑化していくであろうITシステム業界において、なくてはならない存在になるでしょう。

ITエンジニア転職求人サイト比較29社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事