日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
マイナビエージェントIT評判
3.15
このページを共有する

IT企業マーケティングの転職で知りたい3つのポイント

IT企業マーケティングの転職で知りたい3つのポイント

このページでは、IT企業マーケティングへの転職で知っておきたい3つのポイントについて説明していきます。

下記のポイントを参考にし、納得した上で転職に臨みましょう。

1.IT企業のマーケティング職の仕事とは

キーボードを打つ男性
マーケティングの定義は様々ですが、一言で説明すると商品を売るための仕組みを作ることです。

商品やサービスを売るために、お客様や競合のリサーチや広告宣伝をどのように行うのか総合的に戦略を考えるのがIT企業のマーケティング職の役割です。ですので、マーケティング職と聞くと調査の仕事だと思っている方が多いのですが、実際にはデータ分析やリサーチ、広告宣伝などはマーケティングの活動の過程の一部となります。

 

業務内容は企業によって様々

IT企業のマーケティング職は、企業によって業務内容が異なり、商品を売るためのアドバイスやディレクションを行うこともあれば、インターネット広告のプロとして分析や予算管理を行う仕事もあります。

商品やサービスを売るためのマーケティング方法の全体図を考えられる人のほうが、調査やリサーチだけのマーケティングを行う人よりも収入は高い傾向にあります。

 

2.IT企業のマーケティング職の平均年収・平均給与とは

健康保険の節約
IT企業のマーケティング職の平均年収約500万円です。国税庁が発表している会社員の平均年収は約410万円ですから、平均よりも高い収入を得ることのできる職業だといえます。

世代別では、20代後半で約400万円、30~35歳で約500万円、35~40歳で約600万円となっておりマーケティング職を10年経験すると年収が200万円アップするというデータがあります。

マーケティング職は売上に直結する職種ということもあり、会社の売上に貢献できれば20代後半、30代前半で年収1000万円になることも珍しくありません。

 

高収入を得ることは容易ではない

ただし、マーケティング職で高い年収を得るには、商品やサービスを売るための方法を提案し、PDCAのサイクルをすばやくまわして利益を出すスキルが欠かせません。

とくにインターネットの世界では、効果のある広告は次から次へと出てきますので、日々勉強しながら常に売上のことを考えるくらいでないと、マーケティング職で高収入を目指すのは厳しいでしょう。

ですが、商品を売る力があれば、どの企業でも欲しがる人材ですし、実際に独立して成功する人もいますので実力と報酬が正しく評価される業界でもあります。

 

派遣社員ではなく正社員として入社しよう

また、エンジニアなどの技術職は、派遣社員でも時給2000円以上で働けるのですが、マーケティング職の派遣社員では求人数が少なく大手以外で高単価の時給で働くことは難しいのが現状です。

したがって、マーケティングの実務経験がない方が転職する場合は、多少給与が低くても正社員として入社して少しでも早く売上を作った実績を作ったほうが最終的に年収は高くなります。

 

3.IT企業のマーケティング職に転職する注意点

柵を掴む男性
IT業界のマーケティング職に転職したいと考えている方は、転職サイトや転職エージェントに登録する前に以下の2つの注意点を頭に入れておいてください。

 

未経験者の転職は年収が下がることが多い

広告運用のスキルの経験もない、商品を売った経験がない方がマーケティング職に転職した場合は年収が下がる可能性が高いです。

大手転職サイトで「未経験 マーケティング職」と検索してみると分かりますが、給与は20~25万円という企業が多く、転職した方の体験談を調べてみると給与が20万円からスタートという方も少なくありません。

毎月20万円以上の収入を得ることができる仕事は探せばたくさんありますので、年収が下がってもマーケティング職を生涯の仕事と考える覚悟は必要です。

また、IT業界のマーケティング職は、インターネットの広告運用をはじめ、資料の作成やデータの管理など全てパソコンで行います。

ワードやエクセルなど基本的なスキルがない方が転職に成功したとしても人の倍以上努力しなければ、転職が成功することは難しいのが現状です。

 

ベンチャー企業への転職はよく考えてから決断しましょう

マーケティングはビジネスにとって必要なものだと認識されているものの、マーケティング職がない企業のほうが多いのが現実です。

一方でベンチャー企業は、マーケティング職を積極的に応募しています。

ベンチャー企業を立ち上げる若い経営者の多くがマーケティングの重要性を理解しており未経験でも育成しながら優秀な人材を育てようと考えています。

ただし、ベンチャー企業に転職するには、リスクがあることを忘れてはいけません。若い企業がゆえに人材の育成は力を入れておらず、その結果転職したとしてもスキルも実績も作れずに退職するケースもあるので注意してください。

ITエンジニア転職求人サイト比較29社

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事