日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
リクルートエージェント評判
3.09
このページを共有する

求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

求人誌やチラシなどの紙媒体で転職活動を行うことは、納得のいく転職に有効な手段のひとつです。

転職に関する情報誌は毎週発行されており、各都道府県別に発行されているケースが多いので、勤務できるエリアに絞って探すことが容易であることが特徴です。

このページでは、求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリットを含む注意点について説明しているページです。

 

1.求人誌や広告で転職求人を探すメリット

求人誌を読む女性

求人誌は駅構内や町のいたるところに配置されており、お手軽なサイズにも関わらず情報量がギッシリ詰まっていることが特徴です。

また、新聞の求人広告には地域の求人が掲載されているため、自宅近くで職場を見つけることができます。そのため、求人誌や広告はお手軽に転職求人を探すことができるところがメリットです。

なお、情報誌や新聞の求人広告は毎週決まった曜日に発行されているケースが多いです。

 

地域の求人に特化している

求人誌やチラシで転職求人を探す場合、自分の住んでいるエリアに特化した求人情報を得ることができるメリットがあります。

事情により通勤時間や通える範囲が限定されてしまう場合、または職種よりも勤務地を優先して選びたい場合に、このような求人誌やチラシをもとに転職活動をするのは非常に効果的です。

 

2.求人誌やチラシで転職求人を探すデメリット

求人誌を読む女性転職者

求人誌やチラシは自分の住んでいるエリアから近い職場を探せるメリットがありますが、どうしても探せる仕事の内容が限定されてしまうことがデメリットとなります。

 

大手求人、職種別求人を探すのには向いていない

地域密着である分だけ、大手よりも中小企業の求人広告が多くなってしまうから当然のことではありますが、職種を割り切って探すようにしないとなかなか有効な情報源として活用できないところがデメリットとなります。

 

正社員での採用が少ない

紙面の都合上、アルバイトやパートと同じ広告の中で募集されることがあります。そのような職種の場合、割と簡単に採用が決まる可能性がありますが、長続きするかどうかは微妙な面も持ち合わせています。

もちろん職場との相性や労働条件にもよりますが、あまり過度の期待はしない方が良いです。

 

長く続ける仕事を探したいならば、まずは職種についてしっかり考えて、勤務地だけでなく給料や福利厚生、与えられるポジションややりがい、そして会社の将来の展望等、いろいろな要素を比較検討してから決めていきたいものです。

正社員を希望する場合は、転職サイトなどの利用が有利でしょう。

 

3.求人誌やチラシで転職求人を探す注意点

NG求人情報

求人誌やチラシを利用して転職求人を探す場合、ブラック企業に当たらないために注意すべきポイントがあります。

転職求人を掲載している企業がブラック企業かどうかは、ある程度の期間を通して求人を見ることで分かることが多いです。

 

常に求人掲載を行っている企業には要注意!

随時求人募集をかけている会社は慢性的な人材不足になっている場合が多いです。

つまり、労働環境等で何かしら問題のあるところなので、できるだけ避けたほうがいいと言えます。他の求人媒体を利用するときも同様ですが、状況をしっかり把握してから最終的な結論を出したいものです。

 

4.まとめ

最近は求人誌でもウェブサイトを通して、同じ内容の求人情報を掲載しているところが多くなっています。このような転職サイトを使えば検索機能が使えるので、より手軽に自分に合った情報を手に入れることができます

 

全体的な情報を得たいならば紙ベースの情報(求人誌)が、自分の知りたい情報に特化したいならば電子ベースの情報(転職サイト)が、それぞれ有効になるでしょう。

そのような位置付けで、求人誌やチラシを通して全体像や最近の流れを把握するのはアリと言えます。

転職サイト比較!全620社から厳選

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事