日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.56
このページを共有する

中高年の転職注意点と平均年収の現実について

中高年の転職注意点と平均年収の現実について

40歳以上の中高年の転職はとても厳しいのが現状です。中高年の人は家庭を持っている人が大半ですので早く次の転職先を見つけたいと焦る人が多いですが、中高年の転職こそ焦らずにじっくりと転職活動をすることが大切です。

このページでは、 中高年の転職注意点と平均年収について確認していきます。まず平均年収を知ることで現実を確認しておきましょう。

 

1.中高年の平均年収について

給与の計算

年齢2015年平均年収2016年平均年収
40代572万円564万円
50代708万円701万円

DODAの調査によると中高年の平均年収は、毎年右肩下がりに減少しています。40代の平均年収は2015年は572万円でしたが、2016年では564万円と8万円減額しています。また、50代では2015年の708万円に対し、2016年は701万円と、7万円のダウンです。

このことから見ても、中高年の転職事情は厳しいことが伺えます。年功序列の日本の場合は中高年の年収が海外に比べ高いため、転職雇用側企業も中高年の年収にはなかなかシビアな面があります。

 

中高年のボーナス平均金額

性別年齢平均ボーナス
男性40代前半110万4,200円
男性40代後半131万6,400円
男性50代140万8,800円
女性40代前半67万3,800円
女性40代後半69万1,300円
女性50代65万5,800円

 厚生労働省の調査によると2014年の男性の年間ボーナスの平均支給額は、40代前半が110万4,200円、40代後半が131万6,400円、50代が140万8,800円でした。女性の平均年間ボーナスは、40代前半が67万3,800円、40代後半が69万1,300円、50代が65万5,800円となっています。

女性の場合は残念ですが、50代になるとボーナスも下がってしまう実情があります。

 

2.中高年の転職注意点

パソコンに向かう中年男性

40代以上の人材を採用する会社が極端に少ないことを覚悟しておきましょう。

このため、あらゆる手段を使って求人情報を手に入れることが、転職成功のカギを握ります。インターネットで求人広告を探すのはもちろんのこと、複数の転職エージェントの会員になって職場を紹介してもらいましょう。

 

インターネットだけに頼らないこと

デジタルからの情報だけでなく、タウン誌などの紙の求人情報、ハローワークの募集情報、知り合いのツテを頼るなど、あらゆるソースを活用して情報を集めてください

そして、ここなら自分の力が生かせると思える職場があれば、片っ端から応募しましょう。

 

履歴書は人一倍気を遣うこと

履歴書作成で大切なのは、書類をしっかりと作成することです。履歴書や職務経歴書、自己PR書をきちんと作成してください。

これらの書類が魅力的で訴求効果の高いものであれば、年齢に関係なく採用したいと考える企業は少なくありません。時間を掛けて、充実した書類を作りましょう。

書類で自分の強みをアピールできる人は、プレゼン能力の高い人ですから、これまでの経歴に加えて文書作成能力や基礎能力の高さも評価に加えられるため有利になります。

まずは、面接につながる魅力的な書類を作成することです。

 

転職サイトはエージェント型を利用すること

40代からの転職は厳しいですから、一人で転職活動をしていたのではなかなか成功しません。転職エージェントを活用し、プロのアドバイスをもらいながら転職活動を進めましょう。

これまでのキャリアが生かせる非公開の求人情報を紹介してくれますし、キャリアコンサルタントと面談をすることで、自分の強みが客観的に判断できるメリットがあります。

エージェント型の転職サイトを利用する際は、書籍を購入して転職に必要な書類の書き方を勉強し、実際に書いた書類を転職エージェントのキャリアコンサルタントに添削してもらうことをおすすめします。

 

3.まとめ

中高年の転職は、高いスキルや豊富な経験など特別な何かを持っていないと採用に繋がりません

会社に退職の旨を伝える前に、転職した際に自分はどの程度給与を貰えるか、理想の転職先に就職できそうかなどを確認してください。

 

中高年が利用したい転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事