日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.56
このページを共有する

ミドル層の転職が家族へ与える影響について

ミドル層の転職が家族へ与える影響について

近年ミドル層、30代半ばから40代の転職が活発となっています。

この年代はいわゆるファミリー層といわれる年代であり、住宅購入や子供がいれば教育資金を確保していかねばらない年代に当たります。このため、ミドル層の転職はご自身の生活だけでなくご家族の生活も左右する大きな決断となります。

そこで、今回はファミリー層の転職、特に転居を伴う転職がご家族に与える影響についてご紹介します。

1. ミドル層の転職は家族への影響大

怒る男性

ミドル層の転職でご自身のプライベートを振り返ってください。ご家族、配偶者やお子様はいらっしゃいますか?住宅ローンはありませんか?その他問題はありませんか?採用市場におけるミドル層は30代半ばから40代の方を指しています。

ライフステージで言うと、結婚・出産・子育て・住宅購入など非常に大きな動きがある時期です。ミドル層は子育て世帯、いわゆるファミリー層と同じ層であると考えられます。ミドル層が転職を実行するうえで大きなハードルとなるのがご家庭の問題です。これは、ミドル層の転職がご家族へ与える影響の大きさとイコールです。

ミドル層の転職は家庭にどんな影響を与えるのでしょうか?

 

配偶者への影響

はじめに配偶者への影響を見てみましょう。配偶者への影響が特に大きいのは、共働きの場合ではないでしょうか。

パートタイムやアルバイト、短期であれば基本的には退職になるでしょう。正社員の場合は単身赴任を選択する・退職する・異動の希望をだすなどの方法が考えられます。

「異動の希望」というのは転居先に支店などがなければ叶えられませんし、事業規模や業務内容にもよりますから基本的には難しく、「できたらラッキー」くらいの気持ちで聞いてみましょう。基本的には退職となるという前提で考えたほうが無難です。

共働きで転居のある転職を希望する場合、たとえ年収があがったとしても世帯年収はダウンとなります。もし現在小さなお子さんがいて転職後も共働きを希望するのであれば、転居の伴う転職、配偶者(妻)が退職しなければならないような転職は絶対に避けるべきです。

小さな子供のいる女性を喜んで雇用しようという企業は少ない状況にあります。

 

子供への影響

次にお子さんの問題です。

小中学校・高校など学校に通っているのであれば転校、保育園・幼稚園に通っているのであれば、退所か転園になります。転校の場合は「受け入れ先が無い」ということはありませんので物理的にはあまり問題にはならないでしょう。

 

転校は子供にとって大きなストレス

しかし、転校は子供にとってストレスとなります。転校理由などをごまかさずにきちんと説明することが大切です。また、教科書の問題、授業の進捗の問題などありますので、転校後もきちんとフォローする必要があります。

 

転居先ですぐに保育園に入れるとは限らない

問題となるのはいわゆる3歳未満時で保育園に通っている場合です。

昨今のニュースで大きく取り上げられているように、待機児童の問題は深刻です。転居先ですんなり保育園に入れるとは限りません。共働きを希望している、介護があるなど家庭での保育が難しい場合には、居住地については慎重に選ぶ必要があります。

この他自治体によって医療費に対する補助が異なったり、病院の数が少なかったりということもあります。お子さんがいらっしゃる方の転居では、下調べが重要となってきます。

 

2. 福利厚生の問題

頭を抱える男性

転職に伴う変化として福利厚生の問題があります。

 

有給休暇が減る

一番わかりやすいのは有給休暇です。雇用開始後の数ヶ月は試用期間となり有給休暇がないのが普通です。その後も有給休暇は徐々にしかふえていきませんので、転職以前よりも有給休暇は取得できなくなります。

この他、優待や持ち株など入社後でなければわかららない部分も多くあります。

 

3. 住宅の問題

建築物

すでに住宅を取得されている場合、住宅をどうするかという問題はでてきます。売却するか、賃貸出しするかそのまま住んで単身赴任とするか…。どのような方法をとるとしても、転職や転居でばたばたしている中で平行して手続きを行なわなければならず大きなストレスとなります。

 

返済計画の見直しが必要となる

購入時には売却後にローンが残ってしまわないよう、オーバーローンにならないようにしておくことが大事です。また、転居を伴わない場合でも、年収が変化しますので、返済計画の見直しが必要となります。

 

住宅ローンを組む際の注意点

もし、これから住宅ローンを組んで、住宅を購入しようというタイミングであるのであれば、転職は一時取りやめる必要があります。これは転職によって信用情報が変わってしまい、住宅ローンの審査に通らなくなってしまうことがあるためです。

もしすでに住宅の購入を検討している方は、転職は住宅ローンの本審査が終わり、実際に契約が完了するまでは転職活動は取りやめてください。

 

まとめ

転居を伴う転職には解決しなければならない様々な問題があります。転職直後は有給もなく、これら問題に対する対応は配偶者に一任されてしまう傾向にあります。ファミリー層であれば、第一子ができる前、住宅購入前と心得てください。

転居後に配偶者が働くことを視野に入れるならば、末っ子が3歳になるタイミングまでは避けた方が無難です。

あらかじめ起こりそうな問題をリストアップし、解決方法を示しておくことで転職にともなって家族仲が悪くなったということのないように気をつけてくださいね。

中高年が利用したい転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事