日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.24
このページを共有する

ミドル層が管理職として転職する際に知っておきたいポイント

ミドル層が管理職として転職する際に知っておきたいポイント

35歳転職限界説はすでに過去のもの。昨今はミドル層の採用が活発だといわれています。景気の上昇も反映して、実際に中小・中堅企業で、管理職としての求人が多く出されている状況にあります。

そこで今、ミドル層が管理職として転職する、ということについてまとめました。

1. 今、ミドル層として転職するということ

転職看板

昨今、採用市場ではミドル層つまり30代半ばから40代の採用が活発だといわれています。特に、中小企業、中堅企業、ベンチャー企業などの大企業ほど規模の大きくない企業での求人が増加するとみられています。

 

ミドル層の転職=管理職として働く

これは、景気に波がある中で、「人材が不足している年代」が存在するということ、また景気が回復していく中で、成長しようという企業にとっては、業務拡大を主体的に推進してくれる即戦力がほしい、という企業側の思惑を顕著に反映していると考えられます。

つまり今、転職を考えているミドル層の方にとって、転職するということは、管理職として働くということとイコールだと考えてください。このため、これまでとは違った業種や業態、業務での転職、キャリアチェンジでの転職よりは、現在の業務の延長線上での転職、業務内容や業種が同じ企業への転職が求められる傾向にあります。

転職先の企業で即戦力として働くためには、管理職としての経験だけでなく業界知識と業務知識の双方が必須のものだからです。

 

2. 大企業と中小企業では求められるスキルが異なる

スキル

もうひとつ、管理職としての転職では大企業から中小企業へ、あるいは中小企業から中小企業への転職が多いといわれています。しかし、大企業から中小企業への転職では、注意しなければならないポイントがあります。

大企業と中小企業では求められるスキルが異なるのです。そのことを覚悟して転職しないと、転職後に「こんなはずではなかった」と不満や公開を抱えることになってしまいます。

では、中小企業で求められる管理職とはどのような人材なのでしょうか。

 

中小企業で求められる人材の特徴

大企業と比較した場合の中小企業の大きな特徴は、人的リソースが圧倒的に不足している、という点にあります。自身が結果を出すことが出来るプレイングマネージャー、そして自分の専門分野以外であっても広範囲にわたって業務を遂行でき、結果を残せるマルチプレイヤーであることが求められます。

人的余裕の少ない中小企業では、管理職といえども、場合によっては自らも手を動かす必要があるからです。

 

給与水準と業務が異なる

もちろん、大企業と中小企業では給与水準が異なります。勤務面でも、企業規模が大きくなるほどクリーンである傾向があります。給与は下がるのにもかかわらず、業務的には難しくなる、忙しくなる…、転職者にとっては大きな壁となります。

 

3. 管理職として転職する際のアピールポイント

笑顔の男性

では、実際に管理職として転職する際に、企業が求める能力、応募者がアピールするべきポイントはなんでしょうか?

 

リーダシップが取れること

管理職ですから、管理、つまり人の管理と数値の管理、この二つが大きな柱になってきます。人の管理という面では、チームを引っ張っていく能力、いわゆるリーダーシップが取れるかどうかは非常に重要な点とされます。

しかも、このリーダーシップに関しては、やる気があるか、という点よりもやったことがあるか、つまり過去の経験が重要視されると思ってください。

具体的に役職名がつかなくても、正社員として働いていればパートタイムやアルバイト、派遣社員や契約社員といった非正規労働者の方々といっしょに仕事をする場面、後輩と一緒に仕事をする場面というのは多数あると思います。

非正規の方と働く中で、正社員である自分の役割はどうであったか、後輩や他部署の方に対してどのようなリーダーシップをとれたかなど、具体的に述べることでアピールにつなげることが出来ます。

 

育成力があること

また、リーダーシップと関連して「ひとを育てる力があるか」という点も非常に重要です。リーダーである以上、その下にはチーム、すなわち部下が存在します。その部下を育成し、大きな戦力にしていく、ということは企業が成長するうえでは必須の項目となります。

育成力に富むリーダーのもとで、多くの人材がきちんとした戦力として育っていく、これは基本的にすべての企業が求めていることです。数値の管理としては、工数管理や数値の管理があげられます。納期や売り上げなどの数値目標に向かって、きちんと業務を推進できるか、数字を用いてきちんと説明ができるかといったことが求められます。

 

まとめ

以上のように管理職に求められる「経験」は様々です。一方で、これら経験は、業種や業態が変わるとまったく要求が変わり一から学びなおさねばならないものではありません。

どのような業種や業態であっても、共通して求められるスキルといえます。このような管理職として求められるスキルをきちんと身に着けていることが、転職後の会社で即戦力として働いていく一助になるでしょう。

中高年が利用したい転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事