日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.56
このページを共有する

ミドル層が転職の際に知っておくべき中途ニーズの変化について

ミドル層が転職の際に知っておくべき中途ニーズの変化について

中途採用というとかつては第2新卒をはじめとする若年層の採用活動が活発でした。しかし、近年はその動きに変化が現れていることを、ご存知ですか?

転職成功者の平均年齢が上昇し、全体としても35歳以上の中年層いわゆるミドル層の採用が増えているという調査結果があります。もはや「35歳転職限界説」は過去のものとなってきています。

今回は、ミドル層の採用が活発である理由と、ミドル層の転職についてご紹介いたします。

1. ミドル層への求人が増えている

スキルアップ

近年、中途採用の世界では35歳以上、40歳以上の人材の募集が多くあることをご存知でしょうか。ある調査によると、転職を成功させた方の平均年齢は、年々上がり続けている、という結果があります。

かつては「35歳転職限界説」などとも言われ、転職といえば若年層の募集が中心にありました。

 

高齢だからといって転職を諦める必要はない

しかし、幅広い人材を募集する、経験豊富な即戦力を募集するなどの理由で、ミドル層の求人が増加しており、求職者の側も、高齢だからといって転職できないとあきらめるのではなく、積極的に転職活動を行なっている実情があるようです。

 

2. ミドル層に期待される能力

笑顔の男性

では、採用担当者はミドル層にどのような能力を期待して、選考活動を行なっているのでしょうか?

 

即戦力であるかどうか

ポテンシャル採用や若年層の採用との最大の違いは「即戦力である」という点です。

若年層はコストが安く、教育によっては大きな戦力になるかもしれないいわば金の卵です。一方で、戦力としてきちんとした人材に育てるためにはお金も時間もかかります。

しかし景気が拡大し、企業が急速に事業拡大や業務拡大を狙っていくタイミングでは、即戦力となる人材が社内に十分にいるとは限りません。即戦力となる人材が社内で不足すれば、その目は当然社外、つまり中途者の採用に向く、というわけです。

つまり、ミドル層の転職では、即戦力であることが第一条件となります。

 

非常に高い能力が要求される

この、即戦力の意味合いですが、専門知識や業務経験が豊富なことはもちろん、リーダー経験を持ち進捗管理やプロジェクト管理の経験がある、外国語を用いて業務を推進した経験があるといったことも評価の対象となります。

役職でいうと課長クラスの人材、ということでしょうか。

目標をきちんと捕らえて着実に達成していく業務推進能力、自ら課題を設定し解決できる問題解決能力、そしてそれらを自分だけではなくチーム全体、部署全体で実行していくマネジメント能力や教育能力などへの要求が高いようです。

企業側のニーズをきちんと把握し、それにあわせたアピールをすることが内定にこぎつけるポイントとなりそうです。

 

3. 転職エージェントが気にするポイント

width=400px

ミドル世代の選考を行なう際に、転職エージェントが一番気にするポイントは「その人の人間性」だという話をご存知ですか?この人間性にはさまざまな意味が含まれています。

 

新しい環境に適応できるかどうか

たとえば「新しいことへの適応能力」「業務への目的意識」「業務意欲」なども人間性の評価の中に含まれています。これは、スキルや業務知識、業務経験については、環境によって習得することが難しい場合があり、後からでも習得することが可能であることが理由のようです。

「期待される能力」の話と一見すると矛盾するように感じられるかもしれませんね。しかし、経験豊富で業務知識が豊富なミドル層とはいえ、適応力や体力といった面では若年層に劣るのが一般的です。

いくらよい人材であっても環境に適応できずに適応障害を起こしてしまったり、ストレスを感じてしまったりするようでは、長く勤めてもらうことは難しくなります。

 

リーダーシップの有無

また、ミドル層の採用は、ゆくゆくはマネージャーとして広く活躍することを求められますから、人間性が悪く周囲の人間を引っ張っていくことが出来ないような人材では、採用した側が困ってしまいます。

もうひとつの理由として、専門的で高度な知識、業務経験への評価の難しさがあげられます。転職エージェントは人材紹介の専門家ですから、企業側のニーズとできるだけ合致する人材を紹介したいと思っています。

しかし、転職エージェントはその分野の専門家ではありません。非常に細かい話やピンポイントの話になると、どうしても評価が難しい場合が出てきます。

このような場合、できるだけスキルに合致しそうな人材を推薦するのはもちろんなのですが、エージェントでも比較的評価しやすい人間性に重点をおいて評価する、という傾向があるのかもしれません。

 

まとめ

30代をすぎて、もう転職は難しいとあきらめていた方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、昨今は35歳以上のミドル層の採用活動が非常に活発になっています。

企業側のニーズをきちんと捉えて、アピールし、内定を得られるといいですね。

中高年が利用したい転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事