日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

日本最大級の転職会社口コミ比較サイト

MENU
CLOSE
閉じる
働き方で探す
閉じる
自分のタイプで探す
閉じる
職種で探す
閉じる
資格で探す
閉じる
特集で探す
おすすめの転職サイト
デューダ評判
3.56
このページを共有する

中高年が転職で失敗しないためにおさえておくべきポイント

中高年が転職で失敗しないためにおさえておくべきポイント

中高年が転職する場合、仕事をしながら転職活動をするのがよいのでしょうか、それとも退職してから活動をするのがいいのでしょうか。また、面接で気を付けなければいけない事とは一体何なのでしょうか。

このページでは、中高年が転職で失敗してしまわないためにおさえておきたいポイントを紹介していきます。

1. 在職中の転職活動

仕事中の男性

中高年が在職中に転職をするのであれば、仕事がある利点を最大限にいかして活動をするようにしましょう。

日本は転職というのが容易ではなく、しかも年齢が高くなればなるほど不利になります。それだけに万が一転職が上手く行かなかった時のことも考えて、現在の仕事を続けるという選択肢も考えておく必要があるのです。

 

軽い気持ちで転職することは避けた方が良い

止むに止まれぬ事情で仕事を変えなければならないという場合には、仕方がありませんが今の職場に不満があるという程度であったり、やりたい仕事があるからというだけの考えで転職を考えるのは避けたほうが良いといえます。

若いうちであれば、やりたいことを選ぶという考え方もありますが中高年ともなればすでに後がない状態となっていますから、夢を追うにしてもリスクを取るだけの余裕はありません。

どれだけその時には他の仕事が魅力的に移ったとしても、失敗をしてしまえば取り返しがつきませんから慎重に選ぶ必要があります。

 

転職活動をしていることはギリギリまで伝えない

安定した仕事があるのであれば、その地位を簡単に捨てるようなことはせずに正規雇用という特権を最大限に活かしながら活動をすることが大切なことになるのです。そのため、現在働いている職場に対してはぎりぎりまで転職活動をしているということは伝えないようにして、仕事が決まりそうになってから調整をするようにしましょう。

先走って退職ありきでいると立場が不利になってしまって、やめざるをえない状況ができてしまう可能性もあるのでぎりぎりまで安定した身分を放棄する手はありません。

 

安定した仕事があるということは価値のあること

中高年の転職の失敗というのは絶対に避けたいものですから、用意周到に準備をして活動をする必要があります。
仕事を変えたいと気持ちが早っている時というのは、とにかく今の職場を抜け出したいと思うこともあるかもしれませんが安定した仕事があるというのは、本人にはわからなくても非常に価値のあることです。

実際に仕事がなくなってしまった時に、安定した仕事がありがたみというのを感じることになりますから慌てて今の職場の立場をふいにするようなことはしてはならないのです。

 

安定というアドバンテージを活かして転職活動に臨もう

退路を断つことによって本気になって転職活動をするという考え方もありますが、余裕がなくなってしまえば活動もうまく行かなくなってしまう可能性のほうが多いので早まった行動だけは絶対に避けることが重要となります。

現在仕事についているというのは時間の余裕がない一方で、安定という大きなアドバンテージがあるのでそれを活かして転職活動をするのが失敗しないためのコツとなるのです。

 

2. 退職してからの転職活動

横断歩道を渡る男性

では、退職してから転職活動を行うと一体どのようなメリットとデメリットが起こるのでしょうか?

 

集中して転職活動を行うことができる

まず退職してから転職活動するメリットとしてなによりもまず、活動の時間を持つことができることや集中できることでしょう。

ハローワークに通い、求人情報に応募したりするためには、退職してからの方が断然楽です。そもそもハローワークは土日が休みなので仕事をしながらは行けませんし、平日に応募した会社回りをしたりすることもできません。

退職してからの方が楽であることは明白です。しかしデメリットもあります。

 

経済的な危険性がある

なかなか仕事が決まらなければ経済的に生活を維持することができなくなります。貯金などがなく経済的余裕がない場合は危険になります。

また仕事が決まらない期間が長くなると転職しようとする会社に不信感が生まれがちで、就職上の不利が発生します。

 

3. 面接で押さえておくべきポイント

チェックする男性

一般的に中高年の人の転職活動は、若い人の転職活動に比べて大変であると言われています。それには色々な原因がありますが、最近の企業は中高年等の年配の人よりも、どちらかというと若い人を好んで採用する傾向があるということが、最も大きな原因として挙げられます。

 

やる気と物覚えの良さをアピールしよう

そもそもどうして企業側は年配者ではなく若い人を好んで採用しようとするのでしょうか。それは若い人の方が頭が柔らかく、仕事を覚えるのも早いだろうと考えている人が多いからです。やはり若い人と比べると多少年配の人というのは物覚えが悪いものだろう、そのように決めつけている企業が日本には多いのです。

なので例え中高年等の年配の人であったとしても、若い人に負けない位のやる気と物覚えの良さがあれば、転職活動をするに当たってもそれ程ハンデを感じることはないと言えるのです。

ポイントはとにかく自分は若い人と遜色ないのだということを、積極的にアピールしていくことにあります。

 

年下の人事担当者にも敬意を払うことが重要

そして、一番気を付けなければいけないのはずばり言葉遣いです。

一般的に若い人の場合は学校や親や場合によってはバイト先等から、正しい言葉遣いをするように日頃から教えられていることが多いものです。しかし中途半端に社会人経験を積んできた年配の人の場合、時として正しい言葉遣いや敬語を忘れてしまい、非常にぞんざいな言い方になってしまうことがあるのです。

特に人事担当者が自分よりも若者である場合、顕著にその傾向が現れます。自分よりも若い人事担当者にぺこぺこするのは嫌だと思い、ついついタメ口で話してしまうこともあるのです。

しかしいくら人事担当者が自分よりも年下であったからといって、その転職しようとする会社においては自分よりも入社も早いので先輩です。なので敬意をもって臨むようにしなければ、それを相手に見抜かれてしまってたちまち不採用をくらってしまうことになります。

どうしても転職活動を成功させたいと思っているのならば中高年としてのプライドを捨て、誠実に礼儀正しく丁寧な対応を心がけることが大切です。

中高年が利用したい転職サイト比較

  • おすすめ(標準)
  • ランキングを見る

関連記事